トップページ   前へ   次へ   最新更新箇所   事務所 現地確認済   事務所 所在地分類   芸能界エンタメ事情   世相・話題のニュース 

    44歳 ('74年4/2〜'75年4/1生まれ)
    "女優・俳優"は、際立つ人材が少ない中、モデルから転進し、ドラマ・CMで活躍する吉瀬美智子の存在が光る。"芸人"は、一度地獄を見たが、"あだ名&毒舌"で再ブレークを果たした有吉を筆頭に、後藤(フット)・哲夫&西田(笑い飯)などM1世代の芸人も多い。"アーティスト"は、草なぎ(SMAP) と国分(TOKIO)国民的な人気で存在感が圧倒的に強い。"アナウンサー・キャスター"は、膳場貴子(元NHK)と赤江珠緒(元朝日テレビ)がフリーアナとして活躍。また、多くの番組に引っ張りだこのビビる大木もこの年代。

    女性タレント ('74年生まれ)

    1. 吉瀬美智子('75年2月17日〜フラーム) 2. 神田うの('75年3月28日〜スペースクラフト)
    3. 北陽(人力舎)/伊藤('74年4月9日)・虻川('74年9月11日)
    4. 水野美紀('74年6月28日〜元バーニング・'05年11月退社〜オフィスモレ)
    5. 山田花子('75年3月10日〜吉本) 6. 吉村由美(PUFFY)('75年1月30日〜SMA)

    7. 華原朋美('74年8月17日〜元プロダクション尾木・'07年6月退社) 8. 細川直美('74年6月18日〜オスカー)
    9. 相川七瀬('75年2月16日〜フォーミュラエンタ)> 10. にしおかすみこ('74年11月18日〜ワタナベ)

    吉瀬美智子

    神田うの

    北陽

    水野美紀

    山田花子

    吉村由美

    華原朋美



    男性タレント ('74年生まれ)

    1. 草g剛(SMAP)('74年7月9日〜ジャニーズ) 2. 国分太一(TOKIO)('74年9月2日〜ジャニーズ)
    3. フットボールアワー(吉本)/後藤('74年6月18日) 4. 有吉弘行('74年5月31日〜太田プロ)
    5. 笑い飯(吉本)/哲夫('74年12月25日)・西田('74年5月28日)
    6. 山本太郎('74年11月24日〜元シスカンパニー・'11年5月退社)

    7. サンドウィッチマン(グレープカンパニー)/伊達('74年9月5日)・富澤('74年4月30日)
    8. サバンナ(吉本)/八木('74年8月4日) 9. ケイン・コスギ('74年10月11日〜サンミュージック)
    10. ビビる大木('74年9月29日〜ワタナベ) 11. ふかわりょう('74年8月19日〜ワタナベ)
    12. 岡野昭仁(ポルノグラフィティ・Vo)('74年10月15日〜アミューズ) 13. ザブングル(ワタナベ)/加藤('74年10月26日)

    14. 東京ダイナマイト(吉本)/ハチミツ二郎('74年11月20日) 15. ハイキングウォーキング(吉本)/鈴木Q太郎('74年8月14日)
    16. 安田大サーカス(松竹)/団長('74年4月26日) 17. COWCOW(吉本)/多田('74年8月8日)・よし('74年10月19日)
    18. レイザーラモンRG('74年6月9日〜吉本) 19. あべこうじ('75年2月19日〜吉本)

    20. 山本高広('75年2月19日〜ワタナベエンタ) 21. 加瀬亮('74年11月9日〜アノレ)
    22. 照英('74年4月4日〜エス・プログレス)

    草なぎ剛

    国分太一

    フットボールアワー後藤

    有吉弘行

    笑い飯

    山本太郎

    サンドウィッチマン



    アナウンサー・キャスター ('74年生まれ)

    1. 膳場貴子(元NHK・'06年3月退社〜TBS専属契約キャスター/東京大卒)('75年2月28日)
    2. 赤江珠緒(元朝日テレビ・'07年3月退社/神戸女学院大卒)('75年1月9日)
    3. 鈴木崇司(日テレ/慶応大卒)('74年4月25日) 4. 小倉弘子(TBS/東洋英和女学院大卒)('74年9月4日)
    5. 馬場典子(元日テレ・'14年6月退社〜アミューズ/早稲田大卒)('74年4月27日)
    6. 柴田倫世(元日テレ・'04年12月退社〜アーキテクト/慶応大卒)('74年12月23日)
    7. 島田彩夏(フジ/上智大卒)('74年5月12日)

    膳場貴子

    赤江珠緒

    鈴木崇司

    小倉弘子

    馬場典子

    柴田倫世

    島田彩夏



    文化人 ('74年生まれ)

    1. 松井秀喜(元プロ野球選手 / ヤンキースGM特別アドバイザー)('74年6月12日)

    松井秀喜



    '74年 (昭和49年) の世相

    <出生数 / '74年>
    出生数 202万9,989人 男性 104万7,000人 女性 98万3,000人 出生率 2,05 死亡数 71万510人 自然増減数 +131万9,479

    死産数 10万9,738 婚姻件数 100万455組 離婚件数 11万3,622組 干支 寅(トラ)年



    <政治 / '74年>
    総理 田中角栄 (〜12月 / 自民党 / 56歳)〜三木武夫 (自民党 / 67歳 / 第66代 / 三木派)
    官房長官 二階堂進 (〜11月)〜竹下登 (〜12月 / 第38代)〜井出一太郎 (第39代)
    大蔵大臣 福田赳夫 (〜7月)〜大平正芳 (第79代 & 第80代)

    幹事長 橋本登美三郎 (〜11月)〜二階堂進 (〜12月 / 第14代 / 田中派)〜中曽根康弘 (第15代 / 中曽根派)
    総務会長 鈴木善幸 (〜12月)〜灘尾弘吉 (第18代 / 旧石井派)
    政調会長 水田三喜男 (〜11月)〜山中貞利 (〜12月 / 第23代 / 中曽根派)〜松野頼三 (第24代 / 福田派)

    第10回参議院選挙  <争点> <投票日> '74年7月 <投票率> 73,2%
    <定数> 250人 (自民〜126 日本社会〜62 公明〜24)

    <世界 / '74年>
    米大統領 リチャード・ニクソン (〜8月 / 共和党 / 61歳)〜ジェラルド・R・フォード (共和党 / 61歳)
    中国国家主席 毛沢東 (共産党 / 81歳)
    韓国大統領 朴正煕 (パク・チョンヒ / 57歳)



    <スポーツ / '74年>
    第10回 西ドイツW杯 (6月〜7月) 優勝 西ドイツ / 準優勝 オランダ

    <大相撲 / '74年>
    春日野理事長就任、新体制がスタート
    (1) 初場所 (1月 / 蔵前国技館)  幕内優勝〜関脇北の湖 (三保関 / 1回目) 14勝1敗
    場所後、北の湖が大関昇進。大鵬に次ぐ20歳8ヶ月。
    (2) 春場所 (3月 / 大阪府立体育会館)  幕内優勝〜横綱輪島 (花籠 / 5回目 / 26歳) 12勝3敗
    元大関の前の山引退
    (3) 夏場所 (5月 / 蔵前国技館)  幕内優勝〜大関北の湖 (三保関 / 2回目) 13勝2敗

    (4) 名古屋場所 (7月 / 愛知県体育館)  幕内優勝〜横綱輪島 (花籠 / 6回目 / 26歳) 12勝3敗
    大関北の湖との優勝決定戦を制す
    場所前、横綱琴櫻が引退 (53代横綱 / 33歳 / 万年大関から不屈の闘志で横綱へ、遅咲きの桜を満開に)
    横綱北の富士 (52代横綱)が初日、2日目と連敗し引退 (52代横綱 / 32歳 / ライバル玉の海との死別で一人横綱の責務を果たす)
    場所後、北の湖が横綱昇進 (55代横綱 / 21歳)。21歳2ヶ月は大鵬の21歳3ヶ月を更新して史上最年少の横綱
    (5) 秋場所 (9月 / 蔵前国技館)  幕内優勝〜横綱輪島 (花籠 / 7回目 / 26歳) 14勝1敗
    (6) 九州場所 (11月 / 九電記念体育館)  幕内優勝〜小結魁傑 (花籠 / 1回目) 12勝3敗
    横綱北の湖との優勝決定戦を制す
    大関大麒麟が引退



    <プロ野球 / '74年>
    ・ セリーグ優勝 中日 (与那嶺要監督) / (勝)70 (敗)49 (分)11 (勝率).588
    MVP 王貞治 (巨人 / 内 / 34歳) / (率).332 (本)49 (点)107 首位打者 ・ 王貞治 (巨人) .332 最多本塁打 ・ 王貞治 (巨人) 49

    ・ パリーグ優勝 ロッテ (金田正一監督) / (勝)69 (敗)50 (分)11 (勝率).580
    MVP 金田留広 (ロッテ / 投) / (防)2.90 (勝敗S)16-7-0 首位打者 ・ 張本勲 (日ハム) .340 最多本塁打 ・ ジョーンズ (近鉄) 38

    ・ 日本シリーズ ロッテ (金田正一) 4-2 中日 (与那嶺要)
    MVP 弘田澄男 (ロッテ) / 敢闘賞 高木守道 (中日)

    '74年世代代表選手
    (1) 松井秀喜 ('74年6月12日 / '93-'02年 巨人 ・ 外 〜 '03-'09年 ヤンキース 〜 '10年 エンゼルス 〜 '11年 アスレチックス 〜 '12年 レイズ)
    (2) 黒田博樹 ('75年2月10日 / '97-'07年 広島 ・ 投 〜 '08-'11年 ドジャース 〜 '12-'14年 ヤンキース 〜 '15年- 広島)
    (3) 岩瀬仁紀 ('74年11月10日 / '99年- 中日 ・ 投)
    (4) 井口資仁 ('74年12月4日 / '99-'04年 ソフトバンク ・ 内 〜 '05-'07年 ホワイトソックス 〜 '07年 フィリーズ
    〜 '08年 パドレス 〜 フィリーズ 〜 '09年- ロッテ)
    (5) 今岡誠 ('74年9月11日 / '97-'09年 阪神 ・ 内 〜 '10-'12年 ロッテ)



    <流行語 / '74年>
    ・ わが巨人軍は永久に不滅です ・ ストリーキング ・ 金脈 ・ ゼロ成長

    <世相風俗 / '74年>
    ・ スプーン曲げ ・ ベルばら ・ 狂乱物価 ・ 便乗値上げ ・ オセロ ・ オカルトブーム



    <第16回日本レコード大賞 ・ TBS / '74年>
    司会〜高橋圭三 (6年連続6回目) ・ 森光子 (3年連続3回目)
    大賞「襟裳岬」 森進一
    最優秀新人賞〜「逃避行」 麻生よう子 / 最優秀歌唱賞〜「みれん」 五木ひろし

    <第25回NHK紅白歌合戦 / '74年 / 視聴率 74.8%>
    紅組司会〜佐良直美 (2回目) / 白組司会〜山川静夫
    主な初出場歌手山口百恵 ・ 桜田淳子 ・ 西城秀樹 ・ 海援隊
    主な常連歌手山本リンダ (4回目) ・ 水前寺清子 (10回目) ・ 美川憲一 (7回目) ・ にしきのあきら (5回目)
    大トリ紅組 島倉千代子 「襟裳岬」 (トリ2年連続5回目) / 白組 森進一 「襟裳岬」



    <ヒットチャート / '74年>
    (1)「学園天国」 フィンガー5 (3月) (2)「よろしく哀愁」 郷ひろみ (9月)
    (3)「傷だらけのローラ」 西城秀樹 (8月)



    43歳 ('75年4/2〜'76年4/1生まれ)
    "女優・俳優"は、モデルとしても活躍し、ドラマ、CMでも活躍する米倉涼子を筆頭に、内田有紀・中谷美紀・伊藤英明が主演クラスで活躍。"芸人"は、山崎(アンタ)を筆頭に、徳井&福田(チュート)のM1優勝コンビが多くの番組に引っ張りだこ。"アーティスト"は、aikoが 実績十分で圧倒的な存在感。"アナウンサー・キャスター"は、上山千穂(テレ朝)がニュース番組で活躍。また、EXILEでダンサーとして活躍するMAKIDAIや、バラエティに欠かせない存在になった河本(次長課長)、田中(アンガ)もこの年代。

    女性タレント ('75年生まれ)

    1. 米倉涼子('75年8月1日〜オスカー) 2. 内田有紀('75年11月16日〜バーニング)
    3. aiko('75年11月22日〜ポニーキャニオン) 4. 中谷美紀('76年1月12日〜元スターダスト・'15年7月退社〜個人事務所)
    5. 本上まなみ('75年5月1日〜ガイア) 6. 山本モナ('76年2月11日〜元オフィス北野・'11年6月引退)

    7. 畑野ひろ子('75年11月23日〜Grick) 8. 葉月里緒奈('75年7月11日〜フライング・ボックス)
    9. アジアン(吉本)/隅田('75年11月29日) 10. クワバタオハラ(ホリプロ)/くわばた('76年3月24日)・小原('75年10月23日)
    11. hitomi('76年1月26日〜エイベックス) 12. 板谷由夏('75年6月22日〜アミューズ)

    13. 遼河はるひ('76年2月2日〜人力舎)

    米倉涼子

    内田有紀

    aiko

    中谷美紀

    本上まなみ

    山本モナ

    畑野ひろ子



    男性タレント ('75年生まれ)

    1. チュートリアル(吉本)/徳井('75年4月16日)・福田('75年8月11日) 2. 伊藤英明('75年8月3日〜A-Team)
    3. アンタッチャブル(人力舎)/山崎('76年1月14日)・柴田('75年7月15日) 4. 坂口憲二('75年11月8日〜元ケイダッシュ・'18年5月退社)
    5. 次長課長(吉本)/河本('75年4月7日)・井上('76年2月2日) 6.オダギリジョー('76年2月16日〜鈍牛倶楽部)

    7. トータルテンボス(吉本)/藤田('75年12月30日)・大村('75年4月3日) 8. フットボールアワー(吉本)/岩尾('75年12月19日)
    9. サバンナ(吉本)/高橋('76年1月28日) 10. 野生爆弾(吉本)/川島('76年3月12日)・城野('75年4月6日)
    11. 品川庄司(吉本)/庄司('76年1月1日) 12. 原口あきまさ('75年11月3日〜ケイダッシュステージ)

    13. アンガールズ(ワタナベ)/田中('76年2月8日) 14. スリムクラブ(吉本)/真栄田('76年3月1日)
    15. つるの剛士('75年5月26日〜太田プロ) 16. ミッツマングローブ('75年4月10日〜SMA)
    17. MAKIDAI(EXILE)('75年10月27日〜LDH) 18. レイザーラモンHG('75年12月18日〜吉本)

    19. バカリズム('75年11月28日〜マセキ芸能) 20. タケト('76年3月2日〜吉本)
    21. ドランクドラゴン(人力舎)/鈴木('75年12月7日) 22. 東京03(人力舎)/豊本('75年6月6日)
    23. パンクブーブー(吉本)/黒瀬('75年5月8日) 24. MATSU(EXILE)('75年5月27日〜LDH)

    25. 敦士('76年2月22日〜オスカー) 26. ムロツヨシ('76年1月23日〜アッシュ・アンド・ディ・コーポレーション)
    27. 波田陽区('75年6月5日〜ワタナベエンタ) 28. RED RICE(湘南乃風)('76年1月9日〜トイズファクトリー)

    チュートリアル

    伊藤英明

    アンタッチャブル

    坂口憲二

    次長課長

    オダギリジョー

    トータルテンボス



    アナウンサー・キャスター ('75年生まれ)

    1. 上山千穂(テレ朝/聖心女子大卒)('75年10月31日) 2. 徳永有美(元テレ朝・'05年4月退社/大妻女子大卒)('75年8月14日)
    3. 小野寺麻衣(元日テレ・'06年3月退社/慶応大卒)('75年11月9日) 

    上山千穂

    徳永有美



    文化人 ('75年生まれ)



    '75年 (昭和50年) の世相

    <出生数 / '75年>
    出生数 190万1,440人 男性 97万9,000人 女性 92万2,000人 出生率 1,91 死亡数 70万2,275人 自然増減数 +119万9,165

    死産数 10万1,862 婚姻件数 94万1,628組 離婚件数 11万9,135組 干支 卯(ウ)年



    <政治 / '75年>
    総理 三木武夫 (自民党 / 68歳)
    官房長官 井出一太郎
    大蔵大臣 大平正芳

    幹事長 中曽根康弘
    総務会長 灘尾弘吉
    政調会長 松野頼三

    <世界 / '75年>
    米大統領 ジェラルド・R・フォード (共和党 / 62歳)
    中国国家主席 毛沢東 (共産党 / 82歳)
    韓国大統領 朴正煕 (パク・チョンヒ / 58歳)



    <大相撲 / '75年>
    人気大関・貴ノ花が年2回の優勝
    (1) 初場所 (1月 / 蔵前国技館)  幕内優勝〜横綱北の湖 (三保関 / 3回目 / 21歳) 12勝3敗
    場所後、魁傑が大関昇進
    (2) 春場所 (3月 / 大阪府立体育会館)  幕内優勝〜大関貴ノ花 (二子山 / 1回目) 13勝2敗
    横綱北の湖との優勝決定戦を制す。史上初の兄弟優勝となる
    (3) 夏場所 (5月 / 蔵前国技館)  幕内優勝〜横綱北の湖 (三保関 / 4回目 / 22歳) 13勝2敗
    横綱輪島との優勝決定戦を制す

    (4) 名古屋場所 (7月 / 愛知県体育館)  幕内優勝〜前頭1金剛 (三保関) 13勝2敗
    (5) 秋場所 (9月 / 蔵前国技館)  幕内優勝〜大関貴ノ花 (二子山 / 2回目) 12勝3敗
    横綱北の湖との優勝決定戦を制す
    (6) 九州場所 (11月 / 九電記念体育館)  幕内優勝〜関脇三重ノ海 (出羽海 / 1回目) 13勝2敗
    魁傑負け越し、大関から陥落
    場所後、三重ノ海が大関昇進



    <プロ野球 / '75年>
    ・ セリーグ優勝 広島 (古葉竹識監督) / (勝)72 (敗)47 (分)11 (勝率).605
    MVP 山本浩二 (広島 / 外) / (率).319 (本)30 (点)84 首位打者 ・ 山本浩二 (広島) .319 最多本塁打 ・ 田淵幸一 (阪神) 43

    ・ パリーグ優勝 阪急 (上田利治監督) / (勝)64 (敗)59 (分)7 (勝率).520
    MVP 加藤秀司 (阪急 / 内) / (率).309 (本)32 (点)97 首位打者 ・ 白仁天 (西鉄) .319 最多本塁打 ・ 土井正博 (西鉄) 34

    ・ 日本シリーズ 阪急 (上田利治) 4-0 広島 (古葉竹識)
    MVP 山口高志 (阪急) / 敢闘賞 山本浩二 (広島)

    '75年世代代表選手
    (1) 上原浩治 ('75年4月3日 / '99-'08年 巨人 ・ 投 〜 '09-'11年 オリオールズ 〜 '11-'12年 レンジャーズ 〜 '13年- レッドソックス)
    (2) 松井稼頭央 ('75年10月23日 / '94-'03年 西武 ・ 内 〜 '04-'06年 メッツ 〜 '06-'07年 ロッキーズ 〜 '08-'10年 アストロズ 〜 '11年- 楽天)
    (3) 川上憲伸 ('75年6月22日 / '98-'08年 中日 ・ 投 〜 '09-'10年 ブレーブス 〜 '12年- 中日)
    (4) 高橋由伸 ('75年4月3日 / '98年- 巨人 ・ 外)
    (5) 高橋尚成 ('75年4月2日 / '00-'09年 巨人 ・ 投 〜 '10年 メッツ 〜 '11-'12年 エンゼルス 〜 '12年 パイレーツ 〜 '13年 カブス
    〜 '14年- 横浜DeNA)



    <流行語 / '75年>
    ・ アンタ あの娘の何なのさ! ・ 私作る人、僕食べる人 ・ エマニエルする ・ 乱塾

    <世相風俗 / '75年>
    ・ 赤ヘル軍団 ・ 100円ライター ・ ポテトチップス発売 ・ 大学生200万人突破



    <第17回日本レコード大賞 ・ TBS / '75年>
    司会〜高橋圭三 (7年連続7回目) ・ 森光子 (4年連続4回目)
    大賞「シクラメンのかほり」 布施明
    最優秀新人賞〜「心のこり」 細川たかし / 最優秀歌唱賞〜「千曲川」 五木ひろし

    <第26回NHK紅白歌合戦 / '75年 / 視聴率 72.0%>
    紅組司会〜佐良直美 (2年連続3回目) / 白組司会〜山川静夫
    主な初出場歌手キャンディーズ ・ 細川たかし
    主な常連歌手由紀さおり (7回目) ・ 森山良子 (5回目) ・ 三波春夫 (18回目) ・ 堺正章 (5回目)
    大トリ紅組 島倉千代子 「悲しみの宿」 (トリ3年連続6回目) / 白組 五木ひろし 「千曲川」



    <ヒットチャート / '75年>
    (1)「時代」 中島みゆき (12月) (2)「年下の男の子」 キャンディーズ (2月)
    (3)「木綿のハンカチーフ」 太田裕美 (12月) (4)「あの日にかえりたい」 荒井由実 (10月)
    (5)「なごり雪」 イルカ (11月)

    (6)「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」 ダウンタウン・ブギウギ・バンド (4月) (7)「およげ!たいやきくん」 子門真人 (12月)


    このページの先頭へ
    トップページ   前へ   次へ   最新更新箇所   事務所 現地確認済   事務所 所在地分類   芸能界エンタメ事情   世相・話題のニュース