トップページ   前へ   次へ   最新更新箇所   事務所 現地確認済   事務所 所在地分類   芸能界エンタメ事情   世相・話題のニュース 

    47歳 ('72年4/2〜'73年4/1生まれ)
    "女優・俳優"は、深津絵里・常盤貴子が主演で活躍し幅広い支持を集め、女優として確固たる地位を確立。"芸人"は、ケンコバ・品川(品庄)・ゴリ&川田(ガレッジ)・日村(バナナ)など中堅芸人の宝庫。"アーティスト"は、中居&木村(SMAP) が国民的大スターとして、圧倒的な存在感で芸能界のトップに君臨。"アナウンサー・キャスター"は、青山祐子(NHK)や、バラエティも仕切れる伊藤利尋(フジ)が看板アナとして活躍。また、多くの番組に引っ張りだこのマツコ・デラックスや、将来MCとして有望な渡部(アンジャ)もこの年代。

    女性タレント ('72年生まれ)

    1. 深津絵里('73年1月11日〜アミューズ) 2. 常盤貴子('72年4月30日〜スターダスト)
    3. 松雪泰子('72年11月28日〜スターダスト) 4. 寺島しのぶ('72年12月28日〜アプティパ)
    5. 高岡早紀('72年12月3日〜エイベックス) 6. 梅宮アンナ('72年8月20日〜元スターダスト〜フリー・'13年9月退社)

    7. はるな愛('72年7月21日〜サンズエンタ) 8. りょう('73年1月17日〜研音)
    9. 西田ひかる('72年8月16日〜マナセプロダクション) 10. 島崎和歌子('73年3月2日〜ゴールデンミュージックプロモーション)
    11. 青木さやか('73年3月27日〜ワタナベ) 12. KEIKO(globe ・Vo)('72年8月18日〜エイベックス)
    13. 椿鬼奴('72年4月15日〜吉本)

    深津絵里

    常盤貴子

    松雪泰子

    寺島しのぶ

    高岡早紀

    梅宮アンナ

    はるな愛



    男性タレント ('72年生まれ)

    1. 中居正広(SMAP)('72年8月18日〜ジャニーズ) 2. 木村拓哉(SMAP)('72年11月13日〜ジャニーズ)
    3. 品川庄司(吉本)/品川('72年4月26日) 4. ケンドーコバヤシ('72年7月4日〜吉本)
    5. ガレッジセール(吉本)/ゴリ('72年5月22日)・川田('72年5月14日) 6. 土田晃之('72年9月1日〜太田プロ)

    7. 宮川大輔('72年9月16日〜吉本) 8. 中村獅童('72年9月14日〜エイベックス)
    9. 谷原章介('72年7月8日〜ジャパン・ミュージックエンタ) 10. 藤木直人('72年9月1日〜キューブ)
    11. 長野博(V6)('72年10月9日〜ジャニーズ) 12. 武田真治('72年12月18日〜ホリプロ)

    13. バナナマン(ホリプロコム)/日村('72年5月14日) 14. マツコ・デラックス('72年10月26日〜ナチュラルエイト)
    15. アンジャッシュ(人力舎)/児嶋('72年7月16日)・渡部('72年9月23日)
    16. ペナルティ(吉本)/ワッキー('72年7月5日) 17. スピードワゴン(ホリプロコム)/井戸田('72年12月13日)

    18. ダイノジ(吉本)/大地('72年7月13日)・大谷('72年6月8日) 19. 鉄拳('72年5月12日〜吉本)

    中居正広

    木村拓哉

    品川祐

    ケンドーコバヤシ

    ガレッジセール

    土田晃之

    宮川大輔



    アナウンサー・キャスター ('72年生まれ)

    1. 青山祐子(NHK/筑波大卒)('72年12月27日) 2. 伊藤利尋(フジ/慶応大卒)('72年7月22日)
    3. 小島慶子(元TBS・'10年6月退社〜キャストプラス/学習院大卒)('72年7月27日)
    4. 下平さやか(テレ朝/早稲田大卒)('73年2月12日) 5. 佐々木恭子(フジ/東京大卒)('72年12月17日) 

    青山祐子

    伊藤利尋

    小島慶子

    下平さやか

    佐々木恭子



    文化人 ('72年生まれ)

    1. 堀江貴文(実業家)('72年10月29日)
    2. 高橋尚子(元マラソン選手 / スポーツキャスター)('72年5月6日〜ARS)
    3. 篠原信一(元柔道選手 / 柔道家)('73年1月23日〜エース・アラウンド)

    堀江貴文

    高橋尚子

    篠原信一



    '72年 (昭和47年) の世相

    <出生数 / '72年>
    出生数 203万8,682人 男性 105万1,000人 女性 98万7,000人 出生率 2,14 死亡数 68万3,751人 自然増減数 +135万4,931

    死産数 12万5,154 婚姻件数 109万9,984組 離婚件数 10万8,382組 干支 子(ネ)年



    <政治 / '72年>
    総理 佐藤栄作 (〜7月 / 自民党 / 71歳)
    〜田中角栄 (自民党 / 54歳 / 第1次内閣 / 第64代 / 田中派 & 自民党 / 54歳 / 第2次内閣 / 第65代 / 田中派)

    官房長官 竹下登 (〜7月)〜二階堂進 (第36代)
    大蔵大臣 水田三喜男 (〜7月)〜植木庚子郎 (〜12月 / 第76代)〜愛知揆一 (第77代)

    幹事長 保利茂 (〜7月)〜橋本登美三郎 (第13代 / 田中派)
    総務会長 中曽根康弘 (〜7月)〜鈴木善幸 (第17代 / 大平派)
    政調会長 小坂善太郎 (〜7月)〜桜内義雄 (〜7月 / 第20代 / 中曽根派)〜倉石忠雄 (21代 / 福田派)

    第33回衆議院総選挙 (日中解散)  <争点> <投票日> '72年12月 <投票率> 71,8%
    <定数> 491人 (自民〜271 日本社会〜118 公明〜29)

    <世界 / '72年>
    米大統領 リチャード・ニクソン (共和党 / 59歳)
    中国国家主席 毛沢東 (共産党 / 79歳)
    韓国大統領 朴正煕 (パク・チョンヒ / 55歳)



    <スポーツ / '72年>
    第20回 ミュンヘン五輪 (8月〜9月 / 西ドイツ) バレーボール・男子 (金) 体操・男子団体総合 (金)

    <大相撲 / '72年>
    高見山、外国人力士初優勝を飾る
    (1) 初場所 (1月 / 蔵前国技館)  幕内優勝〜前頭5栃東 (春日野) 11勝4敗
    北の湖が18歳7ヶ月の史上最年少で入幕
    (2) 春場所 (3月 / 大阪府立体育会館)  幕内優勝〜関脇長谷川 (佐渡ヶ嶽) 12勝3敗
    前頭7魁傑との優勝決定戦を制す
    (3) 夏場所 (5月 / 蔵前国技館)  幕内優勝〜関脇輪島 (花籠 / 1回目) 12勝3敗

    (4) 名古屋場所 (7月 / 愛知県体育館)  幕内優勝〜前頭4高見山 (高砂) 13勝2敗
    史上初の外国人関取・高見山の優勝で、アメリカのニクソン大統領より祝電
    (5) 秋場所 (9月 / 蔵前国技館)  幕内優勝〜横綱北の富士 (九重 / 9回目) 15戦全勝
    場所後、輪島と貴ノ花の同時大関昇進
    (6) 九州場所 (11月 / 福岡スポーツセンター)  幕内優勝〜大関琴櫻 (佐渡ヶ嶽 / 3回目) 14勝1敗



    <プロ野球 / '72年>
    ・ セリーグ優勝 巨人 (川上哲治監督) / (勝)74 (敗)52 (分)4 (勝率).587
    MVP 堀内恒夫 (巨人 / 投) / (防)2.91 (勝敗)26-9 首位打者 ・ 若松勉 (ヤク) .358 最多本塁打 ・ 王貞治 (巨人 / 32歳) 48

    ・ パリーグ優勝 阪急 (西本幸雄監督) / (勝)80 (敗)48 (分)2 (勝率).625
    MVP 福本豊 (阪急 / 外) / (率).301 (本)14 (点)40 首位打者 ・ 張本勲 (東映) .358 最多本塁打 ・ 長池徳二 (阪急) 41

    ・ 日本シリーズ 巨人 (川上哲治 / 8連覇) 4-1 阪急 (現オリックス / 西本幸雄)
    MVP 堀内恒夫 (巨人) / 敢闘賞 足立光宏 (阪急)

    '72年世代代表選手
    (1) 和田一浩 ('72年6月19日 / '97-'07年 西武 ・ 外 〜 '08年- 中日)
    (2) 稲葉篤紀 ('72年8月3日 / '95-'04年 ヤクルト ・ 外 〜 '05-'14年 日本ハム)
    (3) 西口文也 ('72年9月26日 / '95年- 西武 ・ 投)
    (4) 谷佳知 ('73年2月9日 / '97-'06年 オリックス ・ 外 〜 '07-'13年 巨人 〜 '14年- オリックス
    (5) 河原純一 ('73年1月22日 / '95-'05年 巨人 ・ 投 〜 '05-'07年 西武 〜 '09-'11年 中日)



    <流行語 / '72年>
    ・ あっしには関わりのねえことでござんす ・ ナウ ・ 変身! ・ コンピューター付きブルドーザー ・ ワーカホリック ・ 三角大福

    <世相風俗 / '72年>
    ・ ギャル ・ 甘えの構造 ・ 浅間山荘事件 ・ パンダ外交 ・ 列島改造論



    <第14回日本レコード大賞 ・ TBS / '72年>
    司会〜高橋圭三 (4年連続4回目) ・ 森光子
    大賞「喝采」 ちあきなおみ
    最優秀新人賞〜「芽ばえ」 麻丘めぐみ / 最優秀歌唱賞〜「あの鐘を鳴らすのはあなた」 和田アキ子

    <第23回NHK紅白歌合戦 / '72年 / 視聴率 80.6%>
    紅組司会〜佐良直美 / 白組司会〜宮田輝
    主な初出場歌手天地真理 ・ 野口五郎 ・ 沢田研二
    主な常連歌手藤圭子 (3回目) ・ 美空ひばり (17回目) ・ 三波春夫 (15回目) ・ 北島三郎 (10回目)
    大トリ紅組 美空ひばり 「ある女の詩」 (トリ10年連続13回目) / 白組 北島三郎 「冬の宿」 (トリ1回目)



    <ヒットチャート / '72年>
    (1)「結婚しようよ」 よしだたくろう (1月) (2)「せんせい」 森昌子 (7月)
    (3)「どうにもとまらない」 山本リンダ (6月) (4)「喝采」 ちあきなおみ (9月)



    46歳 ('73年4/2〜'74年4/1生まれ)
    "女優・俳優"は、篠原涼子・宮沢りえ・松嶋菜々子・反町隆史・浅野忠信・大泉洋・堺雅人などドラマ・映画で主演で活躍する人材の宝庫。"芸人"は、淳(ロンブー)を筆頭に、千原ジュニア・小杉&吉田(ブラマヨ)・設楽(バナナ)など実績十分な中堅芸人の宝庫。 "アーティスト"は、稲垣(SMAP)の個性が光り、抜群の存在感で他を圧倒。"アナウンサー・キャスター"は、安住紳一郎(TBS)が絶対的な大エースとして大車輪の活躍。また、ミステリアスな存在のGACKT、モー娘初代リーダーの中澤裕子もこの年代。

    女性タレント ('73年生まれ)

    1. 篠原涼子('73年8月13日〜ジャパン・ミュージックエンタ) 2. 宮沢りえ('73年4月6日〜エムツー企画)
    3. 松嶋菜々子('73年10月13日〜セブンスアヴェニュー) 4. 三浦理恵子('73年9月1日〜プロダクション尾木)
    5. 長谷川理恵('73年12月1日〜リナーシェ) 6. 中澤裕子(元モー娘・1期 / '01年4月卒業)('73年6月19日〜アップフロント)

    7. 友近('73年8月2日〜吉本) 8. 梨花('73年5月21日〜スターダスト)
    9. はしのえみ('73年10月23日〜佐藤企画) 10. 大貫亜美(PUFFY)('73年9月18日〜SMA)
    11. さとう珠緒('74年1月2日〜プチスマイル) 12. 岡本真夜('74年1月9日〜日本クラウン)

    13. 戸田菜穂('74年3月13日〜ホリプロ) 14. 後藤久美子('74年3月26日〜オスカー)
    15. 吉田羊('74年2月3日〜ORANKU)

    篠原涼子

    宮沢りえ

    松嶋菜々子

    三浦理恵子

    長谷川理恵

    中澤裕子

    友近



    男性タレント ('73年生まれ)

    1. 田村淳(ロンブー)('73年12月4日〜吉本) 2. 稲垣吾郎(SMAP)('73年12月8日〜ジャニーズ)
    3. ブラックマヨネーズ(吉本)/小杉('73年7月5日)・吉田('73年6月27日)
    4. 千原ジュニア(千原兄弟)('74年3月30日〜吉本) 5. 反町隆史('73年12月19日〜研音)
    6. 浅野忠信('73年11月27日〜アノレ) 7. 大泉洋('73年4月3日〜クリエイティブオフィスキュー・アミューズ)

    8. 堺雅人('73年10月14日〜田辺エージェンシー) 9. 陣内智則('74年2月22日〜吉本)
    10. バナナマン(ホリプロコム)/設楽('73年4月23日) 11. 小藪千豊('73年9月11日〜吉本)
    12. 東京03(人力舎)/飯塚('73年5月27日)・角田('73年12月13日) 13. たむらけんじ('73年5月4日〜吉本)

    14. GACKT('73年7月4日〜ゴーディエンターテインメント) 15. スピードワゴン(ホリプロコム)/小沢('73年10月10日)
    16. やべきょうすけ('73年11月12日〜ハルク・エンタテインメント) 17. くまだまさし('73年7月26日〜吉本)
    18. スギちゃん('73年8月24日〜サンミュージック) 19. 前川泰之('73年11月26日〜オスカー)

    田村淳

    稲垣吾郎

    ブラックマヨネーズ

    千原ジュニア

    反町隆史

    浅野忠信

    大泉洋



    アナウンサー・キャスター ('73年生まれ)

    1. 安住紳一郎(TBS/明治大卒)('73年8月3日) 2. 中田有紀(セントフォース/日本大卒)('73年5月8日)
    3. 古市幸子(日テレ/明治学院大卒)('73年7月21日) 4. 森富美(日テレ/大阪大卒)('73年11月21日)
    5. 住吉美紀(元NHK・'11年3月退社〜ノースプロダクション/国際基督教大卒)('73年4月5日)
    6. 駒田健吾(TBS/早稲田大卒)('74年3月31日)

    安住紳一郎

    中田有紀

    古市幸子

    森富美

    住吉美紀

    駒田健吾



    文化人 ('73年生まれ)

    1. 前園真聖(元プロサッカー選手 / サッカー解説)('73年10月29日〜サニーサイドアップ) 前園真聖



    '73年 (昭和48年) の世相

    <出生数 / '73年>
    出生数 209万1,983人 男性 107万8,000人 女性 101万4,000人 出生率 2,14 死亡数 70万9,416人 自然増減数 +138万2,567

    死産数 11万6,171 婚姻件数 107万1,923組 離婚件数 11万1,877組 干支 丑(ウシ)年



    <政治 / '73年>
    総理 田中角栄 (自民党 / 55歳)
    官房長官 二階堂進 (第37代)
    大蔵大臣 愛知揆一 (〜11月)〜福田赳夫 (第78代)

    幹事長 橋本登美三郎
    総務会長 鈴木善幸
    政調会長 倉石忠雄 (〜11月)〜水田三喜男 (第22代 / 水田派)

    <世界 / '73年>
    米大統領 リチャード・ニクソン (共和党 / 60歳)
    中国国家主席 毛沢東 (共産党 / 80歳)
    韓国大統領 朴正煕 (パク・チョンヒ / 56歳)



    <大相撲 / '73年>
    琴櫻、輪島が横綱昇進を決める
    (1) 初場所 (1月 / 蔵前国技館)  幕内優勝〜大関琴櫻 (佐渡ヶ嶽 / 4回目) 14勝1敗
    場所後、琴櫻が横綱昇進 (53代横綱 / 32歳)
    (2) 春場所 (3月 / 大阪府立体育会館)  幕内優勝〜横綱北の富士 (九重 / 10回目) 14勝1敗
    (3) 夏場所 (5月 / 蔵前国技館)  幕内優勝〜大関輪島 (花籠 / 2回目) 15戦全勝
    場所後、輪島が横綱昇進 (54代横綱 / 25歳)。史上初の学士横綱誕生

    (4) 名古屋場所 (7月 / 愛知県体育館)  幕内優勝〜横綱琴櫻 (佐渡ヶ嶽 / 5回目 / 32歳) 14勝1敗
    横綱北の富士との優勝決定戦を制す
    場所後、大受が大関昇進
    (5) 秋場所 (9月 / 蔵前国技館)  幕内優勝〜横綱輪島 (花籠 / 3回目 / 25歳) 15戦全勝
    (6) 九州場所 (11月 / 福岡スポーツセンター)  幕内優勝〜横綱輪島 (花籠 / 4回目 / 25歳) 12勝2敗1休
    輪島は12日目の貴ノ花戦で右手6針の裂傷。13日目北の富士に敗れ27連勝でストップ。
    輪島、千秋楽は休場したが、休場中の優勝力士が表彰式に出る史上初の珍記録



    <プロ野球 / '73年>
    ・ セリーグ優勝 巨人 (川上哲治監督) / (勝)66 (敗)60 (分)4 (勝率).524
    MVP 王貞治 (巨人 / 内 / 33歳) / (率).355 (本)51 (点)114 首位打者 ・ 王貞治 (巨人) .355 最多本塁打 ・ 王貞治 (巨人) 51

    ・ パリーグ優勝 南海 (野村克也監督 / 38歳) / (勝)68 (敗)58 (分)4 (勝率).540
    MVP 野村克也 (南海 / 捕 / 38歳) / (率).309 (本)28 (点)96 首位打者 ・ 加藤秀司 (阪急) .337 最多本塁打 ・ 長池徳二 (阪急) 43

    ・ 日本シリーズ 巨人 (川上哲治 / 9連覇) 4-1 南海 (現ソフトバンク / 野村克也)
    MVP 堀内恒夫 (巨人) / 敢闘賞 野村克也 (南海 / 38歳)

    '73年世代代表選手
    (1) イチロー ('73年10月22日 / '92-'00年 オリックス ・ 外 〜 '01-'12年 マリナーズ 〜 '12-'14年 ヤンキース 〜 '15年- マーリンズ)
    (2) 小笠原道大 ('73年10月25日 / '97-'06年 日本ハム ・ 内 〜 '07-'13年 巨人 〜 '14年- 中日)
    (3) 三浦大輔 ('73年12月25日 / '92年- 横浜DeNA ・ 投)
    (4) 松中信彦 ('73年12月26日 / '97年- ソフトバンク ・ 内
    (5) 石井一久 ('73年9月9日 / '92-'01年 ヤクルト ・ 投 〜 '02-'04年 ドジャース 〜 '05年 メッツ 〜 '06-'07年 ヤクルト 〜 '08-'13年 西武)



    <流行語 / '73年>
    ・ ちょっとだけよ ・ あんたも好きねえ ・ 3分間待つのだぞ ・ 今、なんどきですか? ・ 決まってるね、千葉ちゃん

    <世相風俗 / '73年>
    ・ ツチノコ ・ ごみ戦争 ・ オイルショック ・ ゴルフブーム



    <第15回日本レコード大賞 ・ TBS / '73年>
    司会〜高橋圭三 (5年連続5回目) ・ 森光子 (2年連続2回目) ・ 玉置宏
    大賞「夜空」 五木ひろし
    最優秀新人賞〜「わたしの青い鳥」 桜田淳子 / 最優秀歌唱賞〜「恋文」 由紀さおり

    <第24回NHK紅白歌合戦 / '73年 / 視聴率 75.8%>
    紅組司会〜水前寺清子 (3回目) / 白組司会〜宮田輝
    主な初出場歌手森昌子 ・ 八代亜紀 ・ 郷ひろみ
    主な常連歌手山本リンダ (3回目) ・ 都はるみ (9回目) ・ 森進一 (6回目) ・ 北島三郎 (11回目)
    大トリ紅組 島倉千代子 「からたち日記」 (トリ4回目) / 白組 北島三郎 「帰ろかな」 (トリ2年連続2回目)



    <ヒットチャート / '73年>
    (1)「神田川」 かぐや姫 (9月) (2)「わたしの彼は左きき」 麻丘めぐみ (7月)
    (3)「てんとう虫のサンバ」 チェリッシュ (4月) (4)「中学三年生」 森昌子 (2月)
    (5)「母に捧げるバラード」 海援隊 (12月)

    (6)「心もよう」 井上陽水 (9月)



    このページの先頭へ
    トップページ   前へ   次へ   最新更新箇所   事務所 現地確認済   事務所 所在地分類   芸能界エンタメ事情   世相・話題のニュース