本文へスキップ

魚津の蜃気楼情報と蜃気楼観光発信サイト

蜃気楼を見るには


蜃気楼”予測”で出現しそうな日を確認
蜃気楼のシーズンは、4月から6月の前半となります。シーズンには下記のメディアでしんきろうの予測が掲載されます

魚津の蜃気楼の情報(宮川政昭のホームページ )
宮川氏が長年観測をされてきたノウハウが詰まったページで、蜃気楼が観測されそうな日には予測が出されます。

魚津市 蜃気楼出現予測情報
日本気象協会から提供され、新聞・テレビにもその情報が掲載されています。40%以上がお勧め。

魚津蜃気楼研究会 独自の蜃気楼発生予測
このホームページで予測を載せています。


観測場所は
魚津市の海沿いならどこでも観測できます。
富山湾全体を見渡すには、「海の駅 蜃気楼」の駐車場が最適です。研究会もここで観測しております。

持って来るもの

双眼鏡(8倍〜10倍)はあった方が良いです。蜃気楼の規模によっては、肉眼では見えにくいものがあります。

・日除けになるもの、紫外線対策できるもの。例えば 帽子・日傘・サングラス・日焼け止め。日射しが強く熱中症対策して下さい。(1日海岸に居ると、やけどのように赤く焼ける方も居られます)

・飲み物。食べ物。(長時間待機するためです。)どちらも海の駅にはあります。近くにはコンビニもあります。


時間に余裕をもって(ついでに立ち寄るのでは無く。)

蜃気楼は何時に出ますか?と聞かれる方が多いです。

蜃気楼は自然現象なので、時間を確定することは出来ません。

平均すれば、午前11時から、午後3時くらいまでが多いように思われます。もちろん前後することもあります。早朝の放射冷却でも出現する場合もあります。1日つぶす覚悟でをお勧め。

いつ出ても良いように、時間に余裕を持ってお越しください。

(来る前に終わってしまったとか、帰ってから出現したとか、良くあることです。)