Workshop



作品の創作・発表以外にも、
触覚、身体感覚、コミュニケーション、アートにおける癒しなどをテーマとしたワークショップやレクチャー等をおこなっています。
ワークショップや研修、出張授業のご依頼などどうぞお気軽にお問合せください。



I carry out a number of workshops on various themes, such as tactile sensations,
physical sensations, and communication.






「触覚」、「コミュニケーション」をテーマとしたワークショップの実施

ワークショップの事例




「話して・触れて・つくって楽しむ美術館」 
2017年9月30日実施  横須賀美術館 
ワークショップレポートはこちらから(ゆにここブログ)



 

 






ブラインド・アートワークショップ
2012年12月23日実施  アーツ千代田3331

視覚に頼らずに作品制作を試みるというもの。
まず紙ねんどを材料に、アイマスクをつけた状態で制作を体験し、
その後30分程をかけて本格的な作品制作を行ないました。
参加者同士が2人1組になり、1人がアイマスクをつけて制作、もう1人がサポートします。
制作後は、まずアイマスクをつけたままで鑑賞。
アイマスクをとったときには、自分のイメージとは違った方がほとんどだったようですが、
「さわって鑑賞するとすごくおもしろい作品があった」、
「視覚と触覚の中間にあるような作品ができた」など、様々な感想が出ていました。
視覚を制限することで、触覚を始めとした感覚が普段よりも意識されるとともに、
相手に伝わりやすい表現を試行錯誤しながら、自然とコミュニケーションが活発になるワークショップでした。
(アーツ千代田3331さんが、すてきなワークショップレポートをブログに書いてくださいましたのでこちらに引用させていただきました)

  

 







子ども対象のワークショップの実施

お子さん(幼児から小学生〜高校生)を対象とした様々なワークショップも企画・実施しております。



ワークショップの実例
「むにゅとあそんで ふわふわぬいぐるみをつくろう!」
2014年8月 東京ミッドタウン・デザインハブ
ワークショップレポートはこちらから(ゆにここブログ)