小さいお子様連れの患者様へ

小さなお子様もぜひ一緒にご来院ください。お子様をお母様のお腹の上に抱っこしていただいた状態で診察いたします。チェア横に設置してあるモニターにてDVDをながしてお子様が退屈しないようにしております。小さなお子様がいらっしゃると、ご自身の受診は億劫になりがちですが、半年から一年に一度は受診するようにしましょう。       
 
 
  西宮市甲子園口 和田歯科医院   西宮市甲子園口 和田歯科医院

 妊婦検診について

西宮でも妊婦歯科検診が始まりました。 当院も委託医療機関の一つで、無料で検診を受けていただけます。 妊娠すると口内環境が変化し、むし歯や歯周病になりやすくなります。 歯周病が進行すると早産や低体重児出産のリスクも高まります。 安定期(妊娠16〜28週あたり)に入ったら、早めに受診して安心して出産に臨みましょう。 来院の際は、事前に予約のうえ、母子手帳と西宮市妊婦歯科検診受診券を忘れずにお持ちください。

 妊婦の患者様へ

「妊娠すると歯が弱くなる」というのは、決して迷信ではありません。妊娠すると、むし歯や歯のトラブルを起こす原因がたくさん生じてくるのです。歯を守るポイントをしっかり知って、生まれてくる赤ちゃんの健康な歯のためにも、今日からしっかりケアを始めましょう!

◎妊婦さんは虫歯になりやすい?和田歯科医院

妊娠する事によって、胎児に自分の歯や骨からカルシウムが奪われてしまい、その結果歯が弱くなると思っている方がおおくいらっしゃるようですが、これは間違いです。(確かに妊娠中はカルシウムが不足しがちになりますが)
妊娠している方が口の中のトラブルを引き起こしやすい理由として以下のようなものがあります。

・ホルモンのバランスで唾液が粘り、食べかすが残りやすい
・唾液が酸性に傾き、口の中の細菌が増えやすい
・食事の回数が増えて、お口の中が汚れやすい
・つわりによって胃酸が逆流することで、口の中の酸性度がさらに高まる。結果として歯が溶けやすい環境となる
・妊娠中期から後期は胎児が大きくなってくるので、胃が圧迫されて1回に食べられる量が少なくなる。そのため食事や間食の回数が多くなり、結果として口の中が不衛生になりがち
・つわりがひどくて歯磨きがおっくうになる
・酸っぱいものを食べたくなるのでお口の中が酸性に傾く

妊娠期間中は虫歯や歯周病が非常に進行しやすい時期です。 とにかく口のなかを衛生的にするように気をつけましょう。たとえば、『気持ち悪くても、必ず寝る前には歯を磨く』など、ルールを作ると実行しやすいと思います。また、歯ブラシを口に入れられなくても、ぶくぶくうがいするだけでも効果的。マウスウォッシュなどもおすすめです。食べたらすぐうがいをしましょう。また、安定期に入ったら、母子手帳を持って歯医者さんで歯石を取ったり、ブラッシングの指導を受けることをおすすめします。


  ◎虫歯はうつる? 歯周病で早産、低体重児出産のリスクが上がる?和田歯科医院

 むし歯とは、ミュータンス菌などのむし歯菌による感染症の一種であることをご存知ですか?
赤ちゃんの乳歯も、むし歯菌が感染することによってむし歯になります。もともと赤ちゃんにはむし歯菌がいません。ところが、むし歯菌は、生後1歳7か月頃から2歳7か月頃の時期に大人から感染し、赤ちゃんの口の中に住みつくと言われています。ママやパパが、同じスプーンを使ったときやふーふー吹いて冷ますときに、唾液を介して感染してしまうので、おかあさんの歯が虫歯だらけなら、より早く子供に感染してしまいます。したがって、お子様の虫歯予防は出産前から始める必要があるとも言えるのです。

また、妊婦の喫煙は、早産や低体重児出産の確率が2〜4倍になると言われているのに対して、進んだ歯周病の場合、早産や低体重児出産の確率が5〜7倍になると言われています。歯周病による炎症によってつくられた物質が、血流を通して子宮に影響するためだと考えられています。
当院では、お母様の健康保持はもとより、これから生まれてくるお子様のためにも妊娠中における生活習慣や歯ブラシ習慣が重要だと考え、妊婦さんのためのデンタルケアをおこなっていきます。


◎妊娠中に歯科治療がおこなえる時期は?

一般的に妊娠中のどの時期であっても通常の歯科治療を受けることは可能であるとされています。
しかし出来れば胎児や妊婦への影響を考えて、比較的安定している妊娠中期(5〜7ヵ月)が望ましいでしょう。妊娠中期であればほとんどの方が問題なく治療できます。歯の痛みや歯肉の腫れなどの急性症状があれば、妊娠初期や早産の危険性がある後期は応急処置にとどめ、安定期に入ってからきちんとした治療を受けるようにしましょう。
歯科治療は、できれば分娩までに治療を済ませておくことをお勧めします。出産後は育児におわれたり、あるいは子供の面倒をみてくれる方がいないなどといった理由から放置し症状を悪化させてしまったり、受診が遅れがちになる方があります。妊娠初期に歯の健康診断を受けられることをお勧めします。また、妊娠中の歯の治療には必ず母子健康手帳を持参しましょう。

和田歯科医院 ◎レントゲン、薬(麻酔、鎮痛剤、抗生剤)の胎児への影響は?
                                                
■ レントゲン
妊婦の方が、歯の治療を受けられるとき、胎児への影響をとても心配されることと思います。
特にレントゲンについて気にされる方が多いのではないでしょうか。
胎児に放射線障害を引き起こす線量は、50〜100mSvといわれていますが、歯科で使用するレントゲンの線量は、小さいデンタルレントゲンで1回0.016〜0.039mSv、口腔全体が写るパノラマで約0.04mSvです。ちなみに1年間で人が自然界で浴びる放射線量は2.4mSv程度です。つまり歯科で使うX線量は1年間の自然放射線量の 1/147〜1/61とごく微量で、しかもこれは目的とする歯に対する線量で、腹部への線量はさらにその1/100程度となります。その上、レントゲン撮影を行なう際には散乱する放射線を防ぐため、鉛入りの防護エプロンをかけます。
以上の点を考慮して、歯科でのエックス線撮影が胎児に影響を及ぼす可能性は心配されなくてもよいと思います。むしろ被爆のリスクを恐れてレントゲン検査を受けないよりは、しっかりと検査をして正確な診断が下せる状況の下で診療を行う方が体には良いと言えるでしょう。

■ 局所麻酔
歯科治療で用いる麻酔薬は、麻酔自体の効力を持つリドカインと、麻酔の効力を増強させるエピネフリンの二種類から成っています。リドカインは、医科においても頻繁に用いられ産婦人科でも無痛分娩や妊婦の会陰部の病変を切除する際にも使用されています。これらの使用量に比較して、通常の歯科治療で使用される量ははるかに少なく、母体や胎児への影響は少ないと考えられています。エピネフリン(別名アドレナリン)は、血管収縮作用があるので、大量に投与した場合、胎盤の血流量が減少し、胎児に悪影響を及ぼす危険性が理論上考えられます。しかし、歯科の麻酔で使用するエピネフリンはたいへん低濃度です。歯科における局所麻酔注射の結果、胎盤の血流量が減少するとは思えません。また、エピネフリンは、痛みによっても体から自然分泌されます。その際の分泌量は、一本の局所麻酔注射に含まれるエピネフリンよりもはるかに多く、その10倍ともいわれています。それならば、痛みに耐えて治療を受けるより、麻酔注射をしたほうが安全ということになります。
痛みを我慢しながら治療を受けていただくより、痛みを早く取り去って快適な日常生活を送っていただくことのほうが母体や胎児にとって大切ではないでしょうか。

■ 鎮痛剤 ・抗生剤
妊娠中にどんな薬なら飲んでも良いか、授乳中にどの薬を飲んでも赤ちゃんに大丈夫か、お母さんにとって一番知りたいところでしょう。薬剤に関しては、どんなものでもおそらく「100%安全」と言い切れるものは無いでしょう。しかし妊婦の方にも比較的安全性が高く、安心して飲んで頂けるお薬もあります。当院では、原則として妊娠中の患者様には投薬はいたしません。ただし痛みがひどく我慢することが逆にお腹の赤ちゃんに悪い影響を与えることがある等の場合、産婦人科の先生と相談した上で投薬することもあります。また、授乳中の患者様への投薬も出来るだけ行いません。しかし、どうしても必要な場合は、出来るだけ大切なお子様への影響の少ないものを選択します。安全のため母乳を止めていただく場合もあります。心配な場合は、お断りいただいてもかまいません。
医師とよく相談し、充分な説明をうけた上で用法用量を守ってお薬を飲む様に心がけて下さい。母体や胎児への影響を第一に考えれば妊娠される前に歯の治療をすませておくことが望ましいでしょう。

以上より、一般的に妊婦さんの歯科治療がお腹の赤ちゃんに影響を与えることはまずないということがお分かりいただけたでしょうか。 あまり神経質にならず安心して治療を受けてください。


◎妊娠中に起こりやすいお口の病気

■妊娠性エプーリス
これは歯ぐきにできる良性の腫瘍(できもの)で、歯肉が大きく膨らんでコブのようになります。
主に妊娠3ヶ月以降にみられることがある、強い赤みを帯びた出血しやすいできものです。原因は歯肉炎と同様に性ホルモンの不均衡や増加によるものと考えられていますが、出産後に自然となくなる場合が多いのであまり心配する必要はありません。出産後にも残っている場合や、妊娠中であってもどうしても邪魔で仕方のない場合は切除します。

■妊娠性の歯肉炎
妊娠してから歯肉からの出血が多くなったという妊婦の方が時々いらっしゃいます。これは、妊娠性の歯肉炎といって、妊娠によるホルモンバランスの変化によって、歯肉炎に対する体の防御力が低下したためと考えられています。特に前歯の歯肉が腫れる傾向にあります。抵抗力が低下しているわけですから、より徹底したホームケア(歯ブラシ)が必要になります。歯肉炎は、感染症であり、原因菌は、歯垢(プラーク)という白くねばねばしたものの中にいます。この歯垢を歯ブラシで、できる限り除去し、菌の数を減らせれば、歯肉炎は治癒します。歯科医院による口腔ケアーと日頃からの歯磨きをしっかり行えば歯肉炎を防ぐ事は可能です。あくまで、歯肉に付着したプラークが対象なので、歯と歯茎の境を優しく丁寧にブラッシンッグしてください。強くやりすぎると、歯肉に傷がつき逆効果です。虫歯と違い、正しいブラッシングで、ほぼ完治します。出産後、ホルモンのバランスが落ち着くと治りますが、そのままお口の中を不潔にしておくと、歯周病へと進行して行きます。
ブラッシング指導をご希望の方は、遠慮なくお申し出ください。

■神経痛様疼痛
妊娠中は歯の神経が入っている歯髄の中で充血が起こることがあり、これにより中の圧力が高まり、神経が圧迫されて痛みを感じることがあります。これが起こるのは 妊娠5ヶ月頃までで、その後自然に治るといわれています。

■ 歯の動揺
妊娠時には出産を容易にするために骨盤の靭帯がゆるみ、それに伴って体の各部分でも靭帯が緩みます。歯とアゴの骨をつないでいる靭帯である歯根膜も緩むことにより歯が動いてくることがあります。まれですが、妊娠8ヶ月頃までに起こり、それ以降は自然に動揺が減少していきます。

■虫歯
妊娠中に虫歯ができやすい原因としては、唾液が酸性になり虫歯の原因菌が出す酸を中和する働きが弱くなること、また「つわり」の時期の食生活は少量頻回摂取となり、お口の中が酸性に傾く回数が多くなること、さらに吐気によるブラッシング不良が重なることなどが挙げられます。1日の中で比較的気持ちの悪くない時間を選んで歯を磨くようにすると良いでしょう。また、妊娠中はつわりなどですっぱい食品(酸性食品)を多く食べたり、ホルモン変調の影響で歯ぐきをはらしたりしがちですが、これは歯周病になりやすい状態なので、正しいブラッシングを行い、口内環境を清潔に整える努力が必要です。


◎当院での取り組み和田歯科医院

当院では、妊娠4〜8週は、特に慎重に治療に当たり、12週までは、できるだけ診査・治療計画とブラッシング指導にとどめています。ただし、急性症状があり、積極的治療が必要な場合は、胎児にとって安全とされているものを選び、治療にあたっています。
12週を過ぎると、歯の治療を積極的に行っていきますが、レントゲンや投薬が必要になる治療は、妊娠5ヶ月以降に行います。また、妊娠8ヶ月以降は、治療による痛みなどが契機となり、早産の危険があるので、それまでに歯科治療を終えるように計画して、治療を進めています。ただし、それ以降も治療の必要性があれば、治療を行います。その場合は、出来るだけ治療時間を短く、無痛的治療を心がけています。レントゲンのリスクは減っていますので、必要があればレントゲンを撮ります。投薬は、早産の危険のある薬を避けて投薬します。
5〜7ヶ月という治療期間は意外に短く、虫歯がたくさんある場合は、終了できないこともありえます。そのため、歯に不安のある方は、妊娠が分かりましたら、3ヶ月以前に一度診察にお越しください。しっかりとした治療計画に基づいて、安心して出産が迎えられるよう、治療を進めて行きます。

@レントゲンについて
当院では、安全の上にも安全を考え、デジタル式レントゲン(通常のレントゲンの放射線量の1/10程度の線量です)、防護エプロンを使用するだけでなく、器官形成期4〜12週のレントゲン撮影は原則として行わないことにしています。そうはいっても、妊娠に気づかず(患者様が妊娠自体に気づいていなかったなど)レントゲンを撮ってしまうことがあるかもしれません。それでも、奇形を起こす可能性の100ミリシーベルトにはレントゲン1000万枚必要なのですから、あまり心配される必要は無いでしょう。

A問診票記入の注意点について
今、妊娠何ヶ月(何週目)か?歯科治療に関するご希望、今の状態は?問診表になるべく詳しく記入してください。妊娠が判らない場合でも、「可能性があります」等の記入や後日判明した場合は、速やかに申し出てください。

B治療時の体位について
お腹の張り具合、個人差にもよりますが、治療椅子をあまり倒しすぎないで楽な体位を取ってもらえるよう配慮しております。遠慮なくご希望を申し出てください。妊娠中は急な体位の変換によって立ちくらみを起こしたりトイレが近くなったり、つわりで嘔吐反射が強くなったりします。治療椅子から立ち上がるときはゆっくり立ちましょう。また、トイレは我慢しないで治療中でもトイレに行きたいときはおっしゃってください。つわりがひどい時も歯科医師にそう伝えてください。  和田歯科医院