東華鍼灸院

はり灸について

  1. 東華鍼灸院 トップ
  2. はり灸について

はり灸は、からだのツボに軽く刺激を与えて自然治癒力を高めていく治療法です。
治療は、始めに問診を行い、脈やからだの状態を見ながらツボに適度のはりやお灸をします。冷えや痛みによる気の滞りをなくし、血液の循環や水分代謝がよくなり自然治癒力が無理なくついてまいります。治療時間は約1時間くらいです。初めてで、はりがちょっと怖いなど緊張している時は「ていしん」と言ってステンレス製の棒のようなものをツボにあてるだけで皮膚の緊張が和らぎ痛みも取れやすくなります。

お灸は温かく気持ちよく、血液の流れをよくします。
温灸と透熱灸の2種類を使います。温灸は直接もぐさを皮膚に置かないで紙の筒状のものを使って温めていく方法です。透熱灸は糸状のもぐさを皮膚に置き8分目位で消す方法です。
手足が冷えたり、血液の流れが悪いと免疫力がおちていろんな症状が出やすくなります。婦人科疾患なども冷えからきます。これから結婚される人は特に母体の安全性に気をつけて冷えとりに努力されることをお勧めします。逆子にも効果があります。

健康を保つために大切なことは、からだの気の流れや血液の流れ、また、水分代謝を調整して症状の改善に努めています。気はからだの働きを調整する生命エネルギーで心やからだの症状に影響します。
この“気”の働きを、消化器の場合を例にした場合ですが、私達が食事をとるとからだは入ってきた食べ物を消化吸収しいろいろな形にしてからだ中に送り届けています。この時、実際に消化吸収の働きをしているのは胃や腸で、その後作られた血液などを運んでいるのは心臓や血管ですが、この胃や腸、心臓や血管を動かしているエネルギーが“気”ということです。からだは“気”によって動かされているともいえます。ですから“気”が弱まっているときは、いくらからだに良いものを食べても元気になれません。東洋医学では、これを“気虚”とも言い、エネルギー不足と捉えています。

気が滞ると血液の流れや水分代謝も悪くなります。また気持ちが落ち込んだりすると、からだのバランスを解糖系にシフトさせて交感神経が緊張し、低体温や低酸素、さらに高血糖になりやすくなります。
特に効果的な症状は、自律神経系に作用し睡眠障害や更年期障害などホルモンバランスに影響を与え、心身共に楽になります。血圧や心拍数も下り呼吸も楽になります。リラックス効果で深い眠りと共に脳からのアルファー波が出ますのでストレスの解消にも繋がります。体質改善などを必要とする花粉症やまた運動器疾患などの打撲や捻挫にも効果があります。

人それぞれに年齢、体力、体質等に違いがありますので、治療効果の速さにも違いがあります。生活の仕方(食事・運動・睡眠)を意識されたり、性格が素直な人は気の流れが速いですね。慢性的な疾患で長期に薬を飲んでいる人は反応が遅く効果に時間がかかります。
周りの人に「はり灸は効くから行ってみたら!」と勧められても怖いとか痛いと思い込んで二の足を踏んで折角のチャンスを逃していらっしゃる人が多いように思われます。
皆様、心身共に楽になります東華鍼灸院に如何でしょうか。お待ちしています。