勝野氏頌徳碑 



 牧ノ池(現牧野池)

  牧野池秋景

 猪高町高針にある。この池ができる前まで「牧田」と呼ばれていたので、「牧ノ池」と名付けられた。面積2万5692坪。高針一

帯はもとより、天白村の植田まで含む水田およそ120有余町歩(1町は3000歩で、1歩は1坪、すなわち120×3000=36万

坪)の灌漑(かんがい)に供した。入鹿池(いるかいけ/犬山市)、勅使池(ちょくしいけ/豊明市)に次ぐ、愛知県第3位の大池で

ある。この池を見下ろす高台に、勝野太郎左衛門良政の頌徳(しょうとく)碑がある。


 「勝野氏頌徳碑」読み下し

         ※『猪高村誌』参照   ( )内は執筆者による

勝野氏頌徳碑 「民於忠」

 「 義親 民於忠 」

 沃土(よくど)有りと雖(いえど)も、灌漑(かんがい)の利無ければ、良田

と為るを得ざるなり。愛知郡高針の地、往昔(おうせき/往古)灌漑の便

を缺(か/欠)き、比年(ひねん/毎年)旱損(かんそん/日照りによる損

害)し、住民疲弊す。秋季例祭はいつも、僅(わず)かに粟餅(あわもち)

を献供するを以(もっ)て、常とした。近郷嘲(あざけ)り呼んで曰(いわ)く、

高針の粟餅祭と。困窮の状知るべし。

 時に勝野氏郡奉行(こおりぶぎょう/幕府および諸藩に置かれた役

職)となり、深く之(これ)を憐れみ、堀池を画策(かくさく)し、農の時を察

し、多くの村民を役(えき)し、歳月を閲(けみ)して成る。実に正保三年

(1646)丙戌(ひのえいぬ)の春なり。名付けて曰く、牧之池と。蓋(け

だ)し旧地名を牧田と称するを以てなり歟(か/疑問の「か」)。

 此(こ)の池や計画要を得て(的確で)、潤沢(じゅんたく)百二十有余町

歩産米約三千斛(こく/石)、爾来(じらい)二百七十余年、旱魃(かんば

つ)に遭うと雖も焦枯(しょうこ/日照り)の害を被(こうむ)らず、今に至るも闔閭(こうりょ/すべての村人)皆団欒(だんらん)の楽し

みを享(う)け得るは、一に勝野氏の功徳に由(よ)ると謂(い)うべき也。

 君姓は源、名は良政、太郎左衛門と称す。初名は治カ助、父は吉政九郎兵衛と称し、尾(び/尾張国の略)の藩祖敬公(徳川

義直の諡号=しごう)に仕え、元和六年(1620)病歿(びょうぼつ)す。君は時に年十八、敬公に嗣仕(しし)し、慶安五年(1652)

壬辰(みずのえたつ)八月朔(ついたち)病歿す。年五十。城北久国寺に葬れり。法謚(ほうし/戒名)山庵全鉄禅定門。後、矢場

町永昌院に改葬せり。九世の孫久之丞今尚(なお)存す。

  初め良政君の(が)池を掘るや、荒野忽(たちま)ち化して良田となり、稔(みのり)て豊穣(ほうじょう)、村民其の徳を頌(しょう)

し、嘖々(さくさく/しきりにほめる)として止(や)まず。君の歿後、毎歳新穀一升、青銅二百枚を墓前に供え、以て追慕の意を表

すこと百有余年、偶(たまたま)廃藩置県、百事更改の時に会し、其のこと絶えたり。然(しか)れども其の功績昭々(しょうしょう/

明らか)、今猶(いまなお)古(いにしえ)の如し。之(これ)を以て有志しばしば建碑を企(くわだ)てて果たさず。今上登極(きんじ

ょうとうきょく/大正天皇の即位/敬意を表し、1マス空けてある)の大典に際し、有志は感奮(かんぷん)、議遂(つい)に決す。此

(ここ)に於いて青年会長加藤岩松来たって文を需(もと)む。余不文(ふぶん/文章がヘタ)其の人に非ず。然(しか)れども曽(か

つ)て本郡に吏(り/役人)となり、且つ勝野氏とは、同藩士なり。因(よ)りて辞する能(あた)わず。載籍(さいせき/書物に載せる)

を考え之を記し、且つ係るに銘(めい)を以てす。銘に曰く。

  牧の大池。  水を湛(たた)えて田に漑(そそ)ぐ。  偉(い)なるかな其の徳。  万年(まんねん)に易(かわ)らず。

            従四位(じゅしい)勲四等侯爵徳川義親(よしちか)題額(だいがく/題字)
 
   大正六年四月                          従八位勲八等  堀田正良撰(せん/作文)并(ならびに)書

                                                         星野光三郎  (彫)

 (裏面)           大正八年三月建之



 「竣工紀念」碑

「竣工紀念」碑
 ※「勝野氏頌徳碑」のすぐ近くにある。以下、書き写し。

  カタカナはひらがなにした。( )内は、執筆者による。



昭和七年八月、農林省時局匡救(きょうきゅう/正し救うこと)

農業土木事業施行の発令あり。当大字地内牧ノ池堤塘(ていと

う/つつみ)荒敗し浸蝕するを以て、時局匡救、土木事業の申

請をなし、十月十六日、工事補助の認可を得、直(ただち)に工

を起(おこ)し、護岸石堰五百余坪水吐石堰六十坪、橋梁四

坪、及池畔一帯の改繕をなし、昭和八年二月、工程の完成を

遂げたり。工費金八千九百円を算し、多数の失業者を匡救せ

り。是により、灌漑田園の利潤と池域臨池の美観を添ふ。茲に

記録し、紀念とす。

                猪高村長  柴田憲二 書











 「牧ノ池景勝地」看板                          ※牧野池東南の「芝生広場B」にある。以下、書き写し。

「牧ノ池景勝地」の看板 このあたりは昔、丘陵地帯で水利が悪く、うち続く旱魃(かん

ばつ)から住民を救うため、正保(しょうほう)三年(1646)尾

張藩郡奉行勝野太郎左衛門が周囲約三qの農業用溜池(た

めいけ)を掘らせ、用水を引かせたもので、以来この地域の

農業は栄えた。付近の田を牧田といったところから牧ノ池と名

付けられたものである。

 『尾張名所図会(ずえ)』に「此池尤廣大(このいけもっともこ

うだい)にして大池の稱(しょう)空(むな)しからず眺望(ちょう

ぼう)も亦(また)打開(うちひら)きて月下の秋景殊(こと)に賞

するにたへたり」とある。
                     名古屋市教育委員会






  トップページにもどる        高針村へ戻る          ページトップへ