蓮教寺 


 法雲山蓮教寺(れんきょうじ)は、高針字古谷(こたに)にある。真宗高田派。

  蓮教寺山門  蓮教寺の鼓楼とその下の玄関

 鼓楼の太鼓  蓮教寺茶室 (平成12年築)

 長徳年間(995〜998年)、源頼光が尾張守に任じられた際の創建で、恵心僧都を以て開基とする。当時は天台宗に属し、高

針山と号し、山内(さんない/境内)に誓光坊(せいこうぼう/村の東北端の長久手境にあり、「勢子坊(せこぼう)」として残る/勢子

坊の地名の由来は、「藩政時代、徳川家の御猟場(おかりば)で、高針の住民が獲物を狩り出す勢子となったから」という説もあ

る)・智根坊(ちこんぼう)・泉蔵坊の塔頭(たっちゅう/山内にある小寺院)もあったが、承久の頃(1219〜1222年)、兵火にか

かり烏有(うゆう)に帰し(火災で何もなくなること)、地名だけが今も残っている。寺号(じごう)も度々変わり蓮蔵院・清蔵坊・蓮華

蔵教院・明眼寺・蓮教寺となった。

 永正3年(1506)11月3日付、今川氏親(うじちか/義元の父)の制札(高札)には、明眼寺と記されている。当時は、新屋敷と

古谷境の二本木の高台にあって、西北隅に神明社があった。
 報恩講で飾る立花を作る花講の人々  従是(これより)西方極楽街道 (西方浄土と地名の極楽をもじったもの/文化元年 大鐘五十七氏建立)

 『猪高村物語』によると、泉蔵坊は蓮教寺の塔頭ではなく、独立の寺とされている。

 「江戸時代の初期、高針村には蓮教寺、東勝寺、瑞松院(済松寺)のほかに、この泉蔵寺があり、無住となって荒廃していたこ

とがわかります。泉蔵寺と清蔵坊が同じ寺であることは、境内地がともに七畝(せ)三歩(213坪)で、備前検除(びぜんけんよけ/

1608年尾張藩では、伊奈備前守忠次らが検地奉行として一斉に検地をおこなった=「備前検」。その時の検地で免税になった

という意味)であることから推察できます」とある。


奉納棟札奉納棟札 

 写真左が、平成15年に本堂を修理した時のもの

で、写真右は、宝暦八年(1758)の時のもの。意外

に大きく、相撲部屋の看板程の大きさがある。

 どちらも、「 国邑丘聚  扉不蒙化  天下和順 

日月清明  風雨以時 」と書かれている。

 これは「無量寿経(むりょうじゅきょう/阿弥陀仏の

四十八願と極楽の様子および極楽往生の方法を説

いたもの)」の一節で、「国も町も村も、仏の教えに導

かれないところはない。世の中は平和に治まり、太陽

は明るく輝き、月は清らかである。風もほどよく吹き、

雨も降る時を知っている」というような意味である。















 鐘楼と鐘の銘文

  蓮教寺鐘楼 鐘の銘文

 鐘楼の旧鐘は、戦時中に供出された。現在の鐘に、その由来が記されている。

  ※「銘文」は以下の通りであるが、読みにくいので、カタカナはひらがなにし、句読点を付けた。  ( )内は、執筆者による。

 当山旧鐘は、十一世蓮誓の発願(ほつがん)により、安永三年(1774)二月成る。然(しか)るに第二次世界大戦中、国家の要

請により、昭和十七年十二月、之(これ)を献納せり。

 終戦五年、宗祖御遠忌(ごおんき)を営むに際し、梵鐘を鋳(い)て仏恩を報し、併せて死者の霊を慰めんとの議起(おこ)る。

総同行(どうぎょう/真宗の信者)一致之(これ)に賛し、計を立て財を募る。工匠亦(また)力を協(あわ)せ月余(げつよ/一ヶ

月あまり)にて成る。

 惟(おも)うに鐘はこれ平和の象徴なり。冀(こいねがわ)くは、この梵音を聴(き)く十方(じっぽう)の有縁(うえん/仏法に縁の

ある者)、同一念仏に帰せんことを。

   昭和廿四己丑(つちのとうし)歳三月 

   尾州 愛知郡 高針    法雲山 蓮教寺    発願 十六世 雄淳   総同行     鋳匠  桑名 中川祐次



 蓮教寺略年表           ※ 麓 和善 著 『法雲山蓮教寺 保存修復工事の記録』 より抜粋。


長徳年間(995〜999)    説@=尾張守の源頼光が、恵心院権小僧都源信大和尚を開山として建立。天台宗で、江州

                         坂本十津浜の妙林寺の末寺。  

                      説A=郡司であった山田佐右衛門が出家して当寺を建立するとともに、蓮喜法師と改名し、

                         蓮覚・是西・海哲・大阿・林説と六世にわたり、天台宗の法脈が続いた。 

承久年間(1219〜1222)    兵火により、 堂宇焼亡。

永禄元年(1558)           中興開山・蓮光法師が、寺の宗門を真宗高田派に改める。

天正年間(1573〜1593)     蓮蔵院明眼寺勝蔵坊という名称であったが、明眼寺は本山から差し支えの儀があり、院号

                       坊号のみを用いるようになった。

慶長年間(1596〜1615)    二本木から坤(こん/南西)の方へ引っ越した。

元和年間(1615〜1624)    5世・蓮勝大徳の時、蓮蔵院を蓮教寺に、山号を高針山から法雲山へ改める。

正徳 6年(1716)          現在地へ引っ越し。

享保 2年(1717)          9世・蓮秀(再中興)法師、本堂・庫裡他建立。

享保13年(1728)          10世・蓮阿法師、庫裡再建。

延享 5年(1749)
          11世・蓮誓(再三中興)法師、大門建立(修理)。堂宇再建。

宝暦14年(1764)          鼓楼・廊下建造。

寛政10年(1798)         梵音寺(塔頭/たっちゅう)建立。寄進者は、大鐘藤七承政。

文化 5年(1808)         親鸞聖人550回忌にあわせて、御厨子と須弥壇新調。

文化 9年(1812)         書院および山門(四足門)竣工。

安政 5年(1858)         親鸞聖人600回忌にあわせて、御厨子の洗浄修復。

明治15年(1882)          鐘楼再建(上棟式)。

明治44年(1911)          本堂屋根葺替。 

平成16年(2004)         本堂半解体修理。



 大鐘(おおがね)藤八

 高針蓮教寺5世の住職山田蓮勝の弟で、蔵鱗という名前であった。生まれつき力が強く、武術を好み、柴田勝家に従って、越

前国丸岡の庄において軍功があった。法師武者の故を以て、仏家の器財釣鐘の形を、戦袍(せんぽう/陣羽織)の紋章としてい

たので、織田信長公から「大鐘」の姓を賜(たまわ)ったと伝わる。

 勝家の死後、生地高針に帰住し、日頃信仰していた加賀の白山権現を、蓮教寺境内に勧請(かんじょう)し、鎮守として崇敬(す

うけい)したという。慶長4年(1599)4月、死去。




  トップページにもどる      高針村へ戻る      ページトップへ