紀 伊 安 楽 寺 多 宝 小 塔

紀伊安楽寺多宝小塔

和歌山県立博物館での展示公開以前の安楽寺多宝小塔に関する情報

安楽寺多宝小塔は南北朝期の作と推定される。総高2m、基壇一辺0.9m。重文。
相輪は木製で露盤を除き1本で作る。下層の背側面は全て板壁、屋根は本瓦形板葺。
阿弥陀堂に安置と云う。本尊は大日如来を安置。有田川町ニ川。
○2003年に追加、2015/03/06現在出所不詳。
 紀伊安楽寺多宝小塔01
○図1:2006/09/26追加:清水町商工会HPより
  ※清水町商工会は平成21年4月、吉備町商工会、金屋町商工会と合併し、有田川町商工会となる。
  清水町商工会ホームページは閉鎖される。
 紀伊安楽寺多宝小塔02
2012/08//20追加:
○「日本仏塔の研究 図版篇.」石田茂作、講談社、昭和45年 より
 紀伊安楽寺多宝小塔03:安楽寺木製多宝小塔
2015/03/06追加:
○サイト:「日本の塔総覧」(閉鎖) より
 紀伊安楽寺多宝小塔04

安楽寺多宝小塔:和歌山県立博物館での展示公開

参考文献:「有田川中流域の仏教文化 重要文化財・安楽寺多宝小塔修理完成記念」和歌山県立博物館、2017

多宝小塔は有田川流域の二川の安楽寺に伝来する。
2015年より修理が行われ、2017年に修理が完成し、完成を記念して、和歌山県立博物館にて展示される。
(安楽寺に於いては通常非公開であったといわれる。)
有田川は高野山奥之院を流れる御殿川が源流であり、永峯山脈を蛇行して西流し、紀伊水道へと注ぐ。
 この川の中流域では、古代・中世には阿弖川荘が成立していた。(阿弖川:阿諦川、阿氐川、阿手河、当川とも)
阿弖川荘はもと左大臣藤原仲平の遺領石垣荘の一部であったが、正暦3年(992)石垣荘の半分の上荘を平惟平が売得、長保3年(1001)氏寺白川寺喜多院(のち寂楽寺)に施入、その頃から阿弖川荘と呼ばれるようになる。(阿弖川荘の領域は旧清水町のほぼ全域に相当する。)
 一方、阿弖川荘は高野山の膝元ともいうべき場所にあり、阿弖川荘は高野山の四至の内との主張をしている。
古代・中世を通じ、高野山は在地勢力の湯浅氏と手を組み、寂楽寺を排斥すべく蠕動する。寂楽寺は本所円満院門跡とともにそれに抵抗する。
 かくして、さまざまな抗争を経て、ついに嘉元元年(1304)本所圓満院に阿弖川荘の領有を放棄させ、阿弖川荘を高野山領にすることに成功する。高野山は阿弖川荘を高野山領に組み込むという長年の宿願を果たしたのである。
 さて、安楽寺多宝小塔は南北朝期、14世紀の建立と考えられていて、この時期は阿弖川荘が高野山領となった時期に重なるのである。
一方この多宝小塔の本尊は大日如来(像高20.6cm、平安後期の作で、しかも大型の仏像の向背に取り付けられた仏体であろう)であり、しかもそれは胎蔵界大日如来である。通常塔本尊を大日如来とする場合、金剛界大日如来とする事例が圧倒的に多いのであるが、これは何を意味するのか。
考えるに高野山壇上伽藍根本大塔の本尊が胎蔵界大日如来なのである。つまり、高野山領となった阿弖川荘の安楽寺に多宝小塔を建立し、しかも高野山大塔と同じ胎蔵界大日如来を本尊と安置するということは、高野山上の大塔を荘園内に移植するという思想的背景があるのではないかと考えられるのである。
阿弖川荘安楽寺多宝小塔の建立時期が阿弖川荘が高野山領となった時期と重なり、そしてその本尊を敢えて胎蔵界大日如来としていることは、まさに高野山の強い思想的また世俗的意思が感ぜられるのである。
 安楽寺多宝小塔本尊1:和歌山県立博物館HPより転載
2017/03/02撮影:
 安楽寺多宝小塔本尊2     安楽寺多宝小塔本尊3

2017/03/02撮影:
◎安楽寺多宝小塔
総高209.5cm。下重一辺63.3cm。建立時期は南北朝期(14世紀)と想定される。重文。
屋外の多宝塔をそのまま縮小した外観と内部構造を有する。
現状は保存庫内で保存されているが、保存庫の老朽化による建て替えを契機に、多宝小塔の修理を実施する。
基壇は木製で、5間に分割し、各間には格狭間を造る。
下重は内部には柱を建てず、1室とする。側柱には大佛様の木鼻をつける。柱間は正面中央間のみ桟唐戸、他は全て横板壁とする。組物は平三斗、中備は間斗束、軒は二軒平行繁垂木。
亀腹は木製で四分割して造る。腰組は平三斗を載せる。
上重軸部は丸太材を刳り抜き12本の柱と壁全てを作り出す。組物は内部まで一般の多宝塔と同様の構造を採る。
屋根は瓦棒に女竹が使われる。これは後補か。
心柱・相輪は路盤を除き、1本からの造り出しである。

和歌山県立博物館HPより転載
 安楽寺多宝小塔修理後:左図拡大図
 安楽寺多宝小塔修理前

今般の解体修理で、本多宝小塔は1度の大修理と3度の小修理が行われていることが判明する。
大修理では下重四面とも中央間は桟唐戸、両脇間腰長押上連子窓であったのを、一面のみ桟唐戸を残しあとは全て横嵌め板に改変される。
 ※今般の修理では初重の改変は元に戻すことで修理が行われる。
また大修理では下重の頭貫より下の軸部は時計回りに90度回転させられて組立られ、上重の大斗から上は180度回転されて組立られ、当初の背面側が正面となる。

「有田川中流域の仏教文化 重要文化財・安楽寺多宝小塔修理完成記念」より転載。
 多宝小塔立断面図
 多宝小塔下重平面図
 下重内部(竣工):左側面から撮影

 安楽寺多宝小塔11
 安楽寺多宝小塔12
 安楽寺多宝小塔13
 安楽寺多宝小塔14
 安楽寺多宝小塔15
 安楽寺多宝小塔16
 安楽寺多宝小塔17
 安楽寺多宝小塔18:左図拡大図
 安楽寺多宝小塔19
 安楽寺多宝小塔20
 安楽寺多宝小塔21
 安楽寺多宝小塔22
 安楽寺多宝小塔23
 安楽寺多宝小塔24
 安楽寺多宝小塔25
 安楽寺多宝小塔26
 安楽寺多宝小塔27
 安楽寺多宝小塔28

 多宝小塔下重29:左図拡大図
 多宝小塔下重30
 多宝小塔下重31
 多宝小塔下重32
 多宝小塔下重33
 多宝小塔下重34
 多宝小塔下重35
 多宝小塔下重36
 多宝小塔下重37
 多宝小塔下重38
 多宝小塔下重39
 多宝小塔下重40
 多宝小塔下重41

 多宝小塔上重42:左図拡大図
 多宝小塔上重43
 多宝小塔上重44
 多宝小塔上重45
 多宝小塔上重46
 多宝小塔上重47
 多宝小塔上重48
 多宝小塔上重49
 多宝小塔上重50
 多宝小塔上重51
 多宝小塔上重52
 多宝小塔相輪53
 多宝小塔相輪54
 多宝小塔相輪55

多宝小塔収納五輪塔:写真は一部、多宝小塔初重に保管されていた。
多宝小塔収納大塔模型:多宝小塔初重に保管、高野山大塔模型であり、裏面に弘法大師1100年遠忌、根本大塔記念・・とあるという。

安楽寺の文化財

安楽寺の創建や由来は明らかでない。(「文化7年「続風土記御調に付書上帳」)
真言宗、中原村善福寺(現存)末。

 安楽寺扁額:桧の板材である。大塔宮の熊野落ちの時、阿弖川荘を通過する際染筆したと伝承するも、史実を欠く。この度の修理において、小塔基壇部床板の複数の部材と扁額板材の巾や厚みなどの規格が一致し、各材の年輪も概ね整合することが判明し、塔と扁額が南北朝期の一連の造営事業の中で製作されたことが確認される。元は二川村の阿弥陀堂に伝来する。
 阿弥陀堂の創建・由緒は不詳、今安楽寺境内の一段下にある収納庫(多宝小塔を安置)が阿弥陀堂を引き継ぐという。
 安楽寺阿弥陀如来坐像:収納庫内に多宝小塔とともに安置。12世紀の造立と推定、京都寂楽寺が関与して造立か。
 安楽寺日光菩薩立像:安楽寺本尊薬師如来の脇侍である。本尊薬師如来と共に二川村東光寺の本尊であったと伝わる。12世紀の造立と推定、東光寺は江戸後期に火災焼失という。
 安楽寺四天王立像:左より多聞天、広目天、増長天、持国天立像 、増長・持国天像は12世紀の造立で、多門・広目天像は室町期の擬古作であろう。
 安楽寺鰐口:「作州美和荘長福寺藤原助真」「応永7年卯月下旬大工助房」と刻む。
 安楽寺大般若経:二川丹生明神(現城山神社)に納められた大般若経600巻は万治元年(1658)同社再興の時、二川村、物川村、東大谷村に200巻ずつ分けられる。元和泉花林寺(堺蜂田寺)の伝来した一切経である。写真は第532巻、寛治4年は1090年。


2017/04/09作成:2017/04/09更新:ホームページ日本の塔婆