八ヶ岳連峰 登山

(長野・山梨)



八ヶ岳連峰は、長野県諏訪地域、佐久地域を分ける山塊の事で、赤岳を中心とする南八ヶ岳の主峰部分から、 北八ヶ岳の蓼科山まで南北30km余りある山体で、大火山群である。狭義では八ヶ岳は南八ヶ岳のみを言うことがある。 日本百名山の八ヶ岳はこの狭義の山域を指す。

南と北で性格が大きく異なり、北八ヶ岳は比較的なだらかで、樹林帯が山稜近くまで続き、湖沼も点在する。 一方、南八ヶ岳は、主峰の鋭い峰々や、岩峰群からなり、急峻な地形となっている。このため、日本有数の ロッククライミングの場であり、冬場は氷瀑のアイスクライミングでも知られる。




※北→




⇒難易度の基準はこちら
⇒お薦め度の基準はこちら

標高順 山 名
(コース)
標 高 地区 写真
*日付をクリック
難易度
(5段階)
お薦め度
1 赤岳
(美濃戸口→行者小屋→地蔵の頭→赤岳)
2899m 八ヶ岳 2013/3/30 【玄人】体力 3.5 技術 5.5(冬期) ★★★★★
1 赤岳・横岳・硫黄岳・阿弥陀岳
(美濃戸→行者小屋→硫黄岳→横岳→赤岳→阿弥陀岳)
2899m 八ヶ岳 2009/8/8 【上級】体力 4 技術 4 ★★★★★
2 横岳
(海ノ口→東屋→三叉峰→横岳)
2829m 八ヶ岳 2017/12/30
2017/11/4
【上級】体力 3 技術 4(厳冬期)
【中級】体力 2.5 技術 2.5
★★★★
3 阿弥陀岳
(美濃戸→行者小屋→硫黄岳→横岳→赤岳→阿弥陀岳)
2808m 八ヶ岳 2009/8/8 【上級】体力 4(赤岳との縦走) 技術 3 ★★★★
4 硫黄岳
(美濃戸→行者小屋→硫黄岳→横岳→赤岳→阿弥陀岳)
2760m 八ヶ岳 2009/8/8 【上級】体力 4(赤岳との縦走) 技術 3 ★★★★
5 権現岳
(登山口→天女山→三つ頭→権現岳)
2715m 八ヶ岳  
2011/12/10
【中級】体力 3 技術 3
【玄人】体力 4 技術 5(厳冬期)
★★★★
★★★★★冬
5 編笠・権現岳
(観音平→編笠→権現岳→三つ頭)
2715m 八ヶ岳 2015/8/12 【上級】体力 4 技術 3 ★★★★
6 天狗岳
(奥蓼科渋ノ湯→黒百合ヒュッテ→中山峠→天狗岳)
2646m 八ヶ岳  
2011/1/8
【中級】体力 2.5 技術 2.5
【上級】体力 3 技術 4(厳冬期)
★★★★
★★★★★冬
7 蓼科山
(女神茶屋登山口→蓼科山→蓼科山神社→蓼科山荘)
2530m 北八ヶ岳  
2012/1/2
2017/1/2
2018/1/6
【初級】体力 2 技術 2.5
【中級】体力 2.5 技術 4(厳冬期)
★★★★
7 蓼科山
(白樺高原→7合目→蓼科山荘→蓼科山)
2530m 北八ヶ岳 2008/10/12
2015/2/1(敗)
【初級】体力 2 技術 2.5(7合目から)
【上級】体力 3.5 技術 4(厳冬期)
★★★★
8 編笠山
(道の駅→黒百合ヒュッテ→中山峠→編笠山)
2,524m 八ヶ岳  
 2011/4/3
【中級】体力 2.5 技術 2.5
【中級】体力 3 技術 3-3.5 (残雪期/厳冬期)
★★★★
9 縞枯山
(麦草峠→山頂駅→雨池峠→縞枯山→茶臼山→中木場)
2403m 北八ヶ岳 2011/10/29 【初級】体力 2 技術 2 ★★★






ページトップへ