HOME > インプラント・ホワイトニング治療について

インプラント・ホワイトニング治療について

最新のオペ室を完備しています

オペ室


当院で使用しているシステムです

インプラント治療

 インプラント治療は生体親和性の高い純チタンの人工歯根を顎の骨の中に埋め込みその上に歯を作る治療法です。従来の治療法とは違い、歯を失った部分の周りの歯を削ったり、入れ歯の留め金をかけたりする必要がありません。周りの歯にダメージを与えないということは非常に大きなメリットです。
  最近インプラントの失敗などの問題がニュースで取り上げられていますが術前の診断不足、術者の未熟さが原因であるといわれています。現在、インプラント治療前のCT診断は世界的には常識となりつつあります。当院では安全にインプラント処置を行うため最新の歯科用デジタルCT(3D)スキャナーを完備しており3次元的に画像を診断できます。


 常に世界最高レベルのインプラント、製品・機材を使用します!

アストラテックインプラント

 当院で使用しているインプラントは信頼性の高いアストラテックインプラントを使用しています。インプラントの治療法、メリット、デメリットなどに関しては下記リンクを参考にして下さい。ホワイトニングシステムも掲載されています。

インプラント製造メーカーアドレス
http://www.dentsplyimplants.jp/

ホワイトニング
https://www.jda.or.jp/park/trouble/white.html

安全に最大限に配慮しています!

 CT画像から得られる3D画像と連動しているインプラント術前シュミレーションを専門のプログラムによりコンピューター解析し、レントゲンや目視では見えない部分を可視化した理想的な治療計画をつくります。

その治療計画データーから作成できる光造形のインプラント用ドリルガイドを利用することにより計画通りの安全で確実なインプラントオペを行うことができます。

インプラント

ドリルガイド


CGFとAFG療法も併用できます


CGFとAFGを作り出す遠心分離機

最先端の歯周組織再生療法、インプラント治療に大変有効な治療法です。

遠心分離機 CGFとAFGを作り出す

>> 詳細はこちら


(Q&A)歯を失いインプラント治療を受けるか悩んでいます。

インプラント治療

 最近はインプラント治療を受けられる患者さんが大変多いです。私が思う1番のメリットが周りの歯にダメージを与えないという点です。
 インプラント以外の治療、例えば入れ歯や前後の歯を削って入れるブリッジでは咬む力を周囲の歯に負担してもらわないといけません。すると周りの歯にどうしても力の負担が過重となり、今は健康だった周りの歯が将来だめになるリスクが高くなるのです。
 インプラント治療は確かに費用が高く外科的な処置が必要というデメリットもありますが、長い目で将来のことを考えると周りの歯に優しく予知性の高い治療と言えます。
 インプラント治療はインプラント体を骨に埋め込むために手術を行います。そのため、精密な検査・診断の上、適切な治療計画が必要です。また、インプラント体と骨が結合するまでに数か月を要します。
 保険適用外の自由診療になり、必要な医療機器、材料が特殊なため、治療費も高額になります。長くお付き合いできる専門の先生に詳しく相談されることをお勧めします。
(中国新聞キューでの質問コーナーより抜粋)


(Q&A)インプラント治療を受けようと思っていますが、骨が少ないので無理と言われました。

インプラント治療 最近はインプラント治療により歯を失った部分を治療される患者さんが大変多いです。
インプラントを骨に埋めるためにはある程度の骨の量が必要となりますが、歯を失った時の状況や、もともとの骨の形などで骨が少なく、そのままではインプラントを埋めることが困難な場合もあります。
そのような場合でも骨を造る治療法を併用すると、インプラント治療が可能になる場合も多いです。
治療法として①骨移植術②GBRという骨を再生誘導する特殊な膜を使用する骨再生治療③上顎の骨の上に存在する空洞に移植骨や骨補填材を入れ、底の部分を押し上げ、インプラントを埋入可能にするスペースを作るソケットリフト治療やサイナスリフト治療などがあります。
インプラント治療を含めこれらの骨を増やす治療は非常に高度で特殊な治療になりますので専門の先生に詳しく相談されることをお勧めします。
(中国新聞キューでの質問コーナーより抜粋)


 

メニュー

専門外来

デジタルCTスキャナー

デジタルCTスキャナー

当院では最新の歯科用デジタルCT(3D)スキャナーを導入しています

審美セラミック治療機器セレック

審美セラミック治療機器セレック

コンピュータ制御によって歯の修復物を設計・製作するCAD/CAMシステムです

精密治療機器マイクロスコープ

精密治療機器マイクロスコープ

裸眼に比べ3倍~数十倍に拡大してみることができるため、的確な診断と治療が可能となります

最先端の再生療法CGFとAFG

最先端の再生療法CGFとAFG