本文へスキップ

K.Ohtsuka's Home Page

     

Copyright(C)1999-2017 K.Ohtsuka All Rights reserved.

ギャラリー

Julian Date Calendar




筆者 Developed Notes DB's、some of them

● Julian Date Calendar


















● Notes-de-TelDir V


















● NotesID 漢字氏名変換


















● 関西ベースライン


















● 関西システム管理


















● 関西変更管理台帳


















● 関西AS保守管理簿


















● 関西PJTL活動


















● 私の備忘録


















● 私の健診結果



















筆者 Developed Notes Utilities、some of them

● Notes-de-TelDir











● Assist Who











● Assist Input









● 開けるだけでNotesIDを漢字氏名変換
















information

HP作成の経緯
● 日本IBMは従来、カレンダー・手帳類一式に「JulianDate*」を併記していましたが、2000年用の一式にそれを省略して発行してしまいました。
 *その年の序数日(1月1日からの通算経過日数)を示す。

● 特に、ホストシステムを運用されているお客さまにとって、「ユリウス日、通称JulianDate」はシステムのオペレーションや解析等で必須の値です。

● ところが、2000年はどうするか、社内外から何らかの対応を要する声が一気に上がり、私の耳にも届きました。一方、業界は「Y2K」問題で年の瀬を迎える頃でもありました。

● システム管理の傍らNotes DB開発にも首を突っ込んでいた私は、従来のカレンダーのデザインをほぼ忠実に再現し、Notes DBによる「Julian Date Calendar」を作成して、社内外向けとしました。(下添付ファイル)

● また、Webでも参照できるよう、HomePageを作成しました。(左コラム、です)


Notes DB
● Lotus Notes DB、Julian Date Calendar 2016 テンプレートファイル。日曜日始まりと月曜日始まりの両DBを含む。JULIAN2017.zip

● ユリウス暦、グレゴリオ暦、閏年、春分の日/秋分の日、についてのウンチク


Y2Kの「瞬間」
1999年から2000年、Y2Kの「瞬間」を再現しました。


mailto:
ohtsuka@outlook.jp