漢字にかくされた思わぬ意味
kanji
    
漢字は絵にしてはじめてわかる
  広く、面白い古代の知恵とロマンの世界



      
 なぜ辞典では漢字の意味がわからないのか  
 なぜ国語の授業はつまらない
 
漢字を学問にするとまちがえる

  赤ちゃんのうまい名づけ

 牧野くにおの本とプロフィール  
     
         
  
         
         
     
       
   

   たとえばつぎのような疑問がわいたなら、漢字の解読の素質が充分にある人です。
          もしこれらの説明ができたならプロ級と言えます。

    kanji
羊(ヒツジ)が言うとなぜしいの?        言+(?)=詳
    kanji 寺の人がなぜ僧侶でなくて(さむらい)なの?   
人+(?)=侍
    kanji 人とウシが並ぶとなぜ事なの?          人+(?)=件
    kanji の中にいる「虫」とはどんな虫?         
凡+(?)=風
    kanji 黒い船でもなぜ「船」とよぶの?         
舟+(?)=舶
    kanji ものをうのになぜ白いハネがいるの?       羽+白(?)=習
    kanji アユはいをする魚なの?             魚+(?)=鮎
    kanji 狼(オオカミ)はなぜいケモノなの?       
犬+(?)=狼
    kanji 工場でつくる糸はなぜ(あか)いの?       糸+(?)=紅
    kanji ご飯は食べると違なの?             食+(?)=飯
    kanji 警察の中でどんなおりをしているの?       (?)=察
    kanji 草に雷が落ちるとなぜ(つぼみ)になるの?    艹+(?)=蕾
    kanji に「月」があって、に「日」があるのはなぜ?


なぜ辞典は漢字の意味がわかりにくいか

 漢和辞典では、漢字の形、読み方、画数、熟語などをくわしくのせていますが、漢字というのは絵が変化した表意文字で、意味を伝えるための字です。でもその意味が、辞典ではわかりにくいのです。
 たとえば上の「」の字を例にすれば、辞典ではつぎのような意味がならべて書いてあります。
    くわしい  つまびらかにする ことごとく  よい
    報告    いつわる     よそおう   心をくばる

 では、これを読んだ人ははたして「詳」の字がわかるでしょうか?
 じつは残念ながら、これらの意味をすべて暗記してみても、この字がわかったことにはならないのです。なぜならこれらは、いろいろな時代や地域で生じた意味を集めたものであって、文字そのものの説明ではないからです。
 漢字は、もとの絵をつかんだときわかります。そもそも詳の字になぜ「羊」が入っているのか、それがわかったとき「詳」の字がわかるのです。そうした解説にはめったにふれることはないと思いますので、
いちおうここで説明させていただきます。
        
 「詳」の古い字を見てください。
 左側のゴンベンは、刃物と口を描いた絵で、口でスパッといい切ることです。
 右側はヒツジの顔を描いた絵です。
 ゴンベンが「いう」の意味だ、くらいは学校でも教えてくれますが、ではここになぜヒツジがいるのでしょうか?
 ヒツジは日本ではおとなしく、かわいいものというイメージがありますが、古代人はヒツジが緑の草原の中でも白くて見えやすいので「よく見える」という特徴を考えました。
 この「見えやすい」という意味がわかると、つぎのように羊を含んだ字がまとめてわかってくるのです。
  
羊+大=(大きく目立つ)     示(祭壇)+羊=(見えない力があらわれる)
  羊+食=(きちんと食べさせる)  言+羊=(わかりやすく言う)
  水+羊=(遠くまで見える海)   大+羊+シンニュウ(行く)=(遠くの目標に行く)
  魚+羊=(はっきりした色の魚)  羊+羽=(派手に飛ぶ)
  
君(まとまる)+羊=(まとまって見やすい)

sheep このように漢字はもともと絵の組み合わせですから、どんな絵を、どんな意味で組み合わせたのかを見れば、その漢字の本来の意味がイメージでつかめます。
 ただ辞典というのは、あくまで知らない字とか熟語にぶつかったときに調べるための実用書ですので、たくさんの意味や熟語が文章でならべられているだけです。辞典は専門の文献学者の精密な研究によって作られていますから、もちろん内容は絶対に信頼していいものです。
 ただし漢字のもとの姿、成り立ちというのものをイメージでつかむ、ということになりますと、残念ながら辞典はそのようには作られていないの
です。
なぜ国語の授業はつまらない

 私たちが学校で習った漢字とは、形、書き順、読み方、意味、熟語といったものです。もちろん辞典もそういうことが書かれ、漢字検定もそういう知識をテストされます。
 それはひとえに社会人としての能力を高めるための知識であり、たくさん知っているほうがえらいことになっています。そして学校では、社会で使用頻度の高い字を優先的に、そして画数の少ない字から、複雑な字へという順序で教えられます。
 それはそれで一理あることですが、ただそうなりますと、おたがいの漢字どうしの関連性がわからなくなり、漢字はただの暗記モノになってしまいます。暗記の競争をしてテストなどされても楽しいわけはなく、漢字そのものの本当の姿、面白さにふれることはできません。漢字は暗記によってではなく、絵として見ることで本当の姿がわかるのです。
漢字を学問にするとまちがえる

 私たちは漢字=国語、漢字=学問、というふうに思い、人に教えてもらうものだと、受け身でばかり考えてきました。
 でもひとつひとつの漢字というのは「絵」なのであり、私たちは漢字を書いているつもりで、じつは絵を描いているのです。絵というのはもともと、リクツぬきに一発で人にイメージを伝えるもので、だれもがふだん気楽にかくものであり、一部の学者が独占的にあつかう学問などではありません。
 漢字を絵の組み合わせとしてみれば、そこには
古代の人たちの面白い発想、私たちの忘れている古代のいろいろな知恵がかくされています。漢字は、はてしなく大きく、面白いロマンの世界なのです。
 漢字の成り立ちを考えることは、べつにおそれ多いことではありません。これははじまって1世紀もたっていない分野で、まだ成り立ちのわからない字は山ほどあります。漢字はこれからも多くの人によって解き明かされていかなければなりません。そのためには、だれにでも気楽に挑戦していただくことが必要です。漢字の「絵解き」は学校秀才である必要はなく、むしろ絵画系の芸術家タイプの人のほうが向いているはずです。
 
解読されていない字のうち、もしひとつでも絵解きに成功したならば、その漢字を解読した世界ではじめての人になるわけです。

 
動物からうまれた漢字
 
電子書籍 \250
人の姿からうまれた漢字
 電子書籍 
\250
人体からうまれた漢字
 電子書籍 
\250
 自然からうまれた漢字
 電子書籍 
\250
 
植物からうまれた漢字
 電子書籍 
\250
 道具からうまれた漢字
 電子書籍 
\250
建造物・武器
 からうまれた漢字

 電子書籍 
\250
記号からうまれた漢字
漢字に隠された東洋の知恵

 電子書籍 
\250

                                    
赤ちゃんのうまい名づけ   本サイトのご感想        kanji