未来派鯉釣りサイト Light Blue
鯉釣り 当サイト、管理人について 鯉釣り掲示板、メール
一本針仕掛け
一本針仕掛け
一本針仕掛け
 一本針仕掛けは名の通りが一本のみというぶっこみ釣りにおいて最もシンプルな仕掛けです。針からサルカンまでの長さは25cm、サルカンからスナップサルカンまでのオモリ遊動する部分は15cmほどとります。この長さには地域の特色や個人差によって変わります。写真ではオモリに小田原オモリを用いていますが、一本針仕掛けに関しましてはどのオモリを使っても構いません。またに関しては、針からサルカンまでの25cm部分は3号(12ポンド相当)、サルカンからスナップサルカンまでのオモリが遊動する15cm部分は4号(16ポンド相当)の太さの糸を使用します。このように仕掛けの中で末端である針からサルカンまでの太さを最も細くしておくことで、根掛かりしたときなどに被害を最小限に止めることができます。糸の種類ですが、安価なナイロンで十分です。また、小田原オモリの両端にゴム管がありますが、これは仕掛けを投げるときや鯉が掛かるときなどの衝撃を受けるときに結び目の保護をする役割を果たしています。(当サイトでは針と糸の結び方として外掛け結びを、サルカンと糸の結び方としてクリンチノットをオススメしています。よろしければ参考にしてください。)
一本針仕掛けの作り方
@ 一本針仕掛けで必要なもの
@ 一本針仕掛けで使用する道具の紹介です。糸はナイロン3号および4号を使用します。オモリは一般的な小田原オモリを使っています。他にゴム管を5mmに切ったものを2つ、スナップサルカン(サイズ3)、サルカン(サイズ4)です。針は鯉針、伊勢尼などが用いられますが、ここでは私のお気に入りである がまかつ一刀チヌ4号 を使用しています。
A スナップサルカンを結節
A まず遊動式オモリの部分を作ります。スナップサルカンとナイロン4号をクリンチノットで結節します。
B 糸を切る
B 25cmほど長さをとり、カットします。
C オモリなどを通す
C ゴム管、小田原オモリ、そしてゴム管の順番で糸に通します。
D オモリ部分の仕掛けが完成
D 末端にサルカンをクリンチノットで結節し、遊動式オモリの部分は完成です。次に針周辺の仕掛けを作っていきます。
E 針を結節
E 針とナイロン3号を外掛け結びで結節します。
F 糸を切る
F 30cmくらい長さをとり、カットします。
G オモリ部分の仕掛けと結合
G 末端を先ほど作った遊動式オモリのサルカンへクリンチノットで結節します。
H 完成
完成 スナップサルカンに道糸を接続して使用します。道糸に八の字結びでチチワを作っておけば、ワンタッチで取り付けることができるはずです。
一本針仕掛けに合った餌
 仕掛けが一本針というシンプルなものですので、基本的にダンゴ餌などは使用できません。なので、食わせ餌のみの使用となります。また、仕掛けが単純ですので手返しがしやすい、ということでミミズ、タニシ、ザリガニなどの生き餌が中心に使用されます。
ページ上部に戻る
前のページに戻る
Copyright (C) 2013 Light Blue. Some Rights Reserved.