歌志内炭鉱 神威坑  探検: 北の細道 神威坑

歌志内炭鉱 神威坑 坑口の臭気で撤退する




北海道歌志内市

  ペンケウタシナイ川に沿って存在した歌志内線(1891-1988)を砂川から遡ると、
かつてはいくつもの炭鉱がひしめいていた。
文珠坑、中村坑、住友歌志内坑・・・などである。


開北炭鉱とともに栄えた歌志内の本坑は、
昭和14年に開坑し
かつて巨大な選炭機が存在したが昭和45年に閉山、
今はひっそりとしている。

大量のエゾシカに囲まれながらの探索となったが、
発見した泥の坑口には、撤退を強いられ、
しかしながら背後の山の斜面に遺構を発見した。

ガスと深さに恐怖心を覚える、炭鉱跡地の探検となった。



排気抗・坑口・硫黄臭・・・


ホール
( ̄u ̄;)ホール



トップページへ