赤平炭鉱 南排気立坑  探検: 北の細道 南排気立坑

赤平炭鉱 南排気立坑で巨大制御盤を見る


北海道赤平市

  生産効率の悪い中小炭鉱は、大資本を投入した設備で生産効率を上げる大規模炭鉱に対して
「スクラップ&ビルド」として自然淘汰された。

それに対して、昭和30年代には地下350mから上層がすでに枯渇した、
赤平炭鉱のようにその立地と優良炭を背景に読んで字のごとく 「ビルド鉱」として更なる出炭増を迫られた炭鉱もあった。


昭和34年に完成した赤平立抗は年間出炭能力140万トン、深さ650m、内径6.6m、
閉山の平成6年まで31年間、稼働してきた。

2台のゲージ(竪抗内を上下するエレベータ室)自体が4階建てで、
1フロアに18人×4階(計72人)と炭車4台を積載し、驚くべきはその速度。
秒速12m(時速43km)である。
現在の日本最速エレベータが時速45kmなのでほぼ同等ということとなる。


昭和30年代に工費20億円を投入し建造された本竪抗の生命線ともいうべき、
排気抗を今回は探索する。
内部の遺構に謎の鉱山名が記載され、それがまた謎を呼ぶこととなった。


排気抗・制御盤・軸流送風機・・・


河野鉱山
( ̄u ̄;)河野鉱山?



トップページへ