K鉱山 氷筍 探検: 北の細道 氷筍

K鉱山 氷筍の向こうに蒼い地底湖


北海道某所

  氷筍とは鍾乳洞の鍾乳石のごとく、冬季に洞窟内などで滴下する雫が地面で凍結し
それが積み重なり竹の子状の氷塊となったものである。
言わば地面から生えるツララのようなものだ。

登別カルルス鉱山や大滝村は氷筍で有名だが、
幾春別炭鉱λ鉱山や空知にも氷筍の豊かな鉱山がある。
しかしながら今回紹介のK鉱山はその圧倒的な規模の氷筍で坑内が埋め尽くされている。
更に奥深い坑道の奥には複数の地底湖が存在する。

数キロに及ぶ坑道を6時間という長丁場で探索した。
巨大氷筍を縫って最奥を目指そう。





氷筍・地底湖・蝙蝠・・・



巨大氷筍
( ̄u ̄;)巨大氷筍



オープンページへ