ジャズ日記として自分の中にあるジャズへの身近な思いなどを日記につづってます。ライブ感想もあり
 ジャズ日記・北海道 ジャズ・ブログ・日記・jazz・札幌・ジェリコ・jazz room・
ジャズスポット ジェリコ・
スタンダード・ジャズ ルーム・ジャズ喫茶・
ジャズ話・詩・ポエム

       

文あれやこれや      2012年11/20禁煙 

■MIXIもやってます。マイミクりませんか mixi>友達を探す>mixiキーワードから探す>「ジャズ ジェリコ」で、いけると思います。よろしくお願いいたします

Twitterを始めました  jazzspotjerichoをフォローしましょう  facebookはじめました mixiはじめました よろしくお願いいたしますで


店のベースがジージー音がひどくなりました。出来ればライブの時はご自分のをお持ちになった方がいいかもしれません。
ご迷惑をおかけします。ジャズスポット ジェリコ 渋谷

店のベースがあ−なってしまってはやはりまずいのでと思いつつも、
でも修理代もなく月日はたち。何人かからベース修理貯金箱を置いたら
みんなでいれますよ、と言っていただいたので甘えさせていただきたいと思います。
ありがとうございます。よろしくお願いいたします 2017年3月11日


12/14(木)
「ランナ−」

母はカ−ディガンを脱ごうとしません

ランナ−なのに

青信号を待つ母は
なんであんな遠くで様子をうかがってるの

ランナ−なのに

歌う歌詞は飛んでゆかず
いつまでも まとわりついて母を包む
なん度も なん度も包む

サングラスの間に紛れた歌詞があれば
涙になって落ちてゆく

そんなランナ−

景色を相手に生活を
すればいいのに

菅原昇司(tb・leader)さん中澤一起(g)さんでした。久しぶりの菅原さんです。今回はデュオで、お客さんたちが全員女性という中で。
菅原さんのお好きなジョニー・マンデルからクリスマスソングやエミリーや菅原さん・中澤さんのオリジナルも一曲づつ並べてやってくれたり。演奏後お二人で「またやろうね」と言い合ってました。

12/13(水)
「飛行機雲の顔」

飛行機雲の
飛行機が見えた

でも色が分からない
どうしても見えない

額の中の世界

引き込まれたいのか
飛び出したいのか
そんな話の後に
眠りについた昨夜

色の話には
ならなかった気もして

皆川洋仁(ds・leader)さん岡田真弓(vo)さん大庭虹男(sax)さん渡辺やよい(p)さん矢木章(b)さんでした。
皆川さんによる毎回選んでくれた編成でのライブでした。今日我がサンスリービルの8回で火事があり最初は消防車の放水をみてて
今日からしばらくは店の営業は無理だろうと思い皆川さんにお伝えしたらでは今日は中止にしましょうとなり。でも時がたち我がかみさんやビルの事務所からの報告で水害もガスや暖房も問題なく使えますとの報告があり。ただ匂いがしますがと。
でゴーとなり皆川さんに中止にしたものをまた再開の連絡をメンバーやお客さんたちにいれてくれてで開演が出来ました。
みなさん来ていただきそして今日のメンバーが店内に笑顔をくれる方たちで笑顔満載の厄払い・露払いライブをやっていただけました。メンバーさん・お客様ありがとうございました。明日からも通常に営業です。よろしくお願いいたします。
FBにもたくさんの方たちからの書き込みをいただきみなさんにレスをさせていただきましたがレスをさせていただいたのへのレスへのレスも入れてしまったりとだんだんと訳が分からなくなり変になってたり。すみません’と、ご心配励ましをいただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします

12/12(火)
「物語」

ビルの壁が一面 鏡

写る よそ樣のビルに
なりたがってるビル

ご注文のある方は
いらっしゃいますか

腹が減ってるから早く
田口一朗をちょうだいと
言っては席に紛れてゆく

まだかとまた現れては
早く田口一朗を
ちょうだいという

気づけば僕の服は
上から下まで鏡で出来ていた

でも とても僕は
目の前の田口一朗さんに
なりたいとは思えない

このビルからは
出て行かなければいけない頃合いの物語

奥野義典(sax・leader)さん小山彰太(ds)さんによるデュオでした。やりたかったけれどなかったこのお二人によるデュオ。
さすがにお客さんたちの顔ぶれも、ふとっ骨なお客さんたちがそろいました。根室ジャズクラブの皆さんたちまで駆けつけてくれたりも。この二人です。やろうと思えば朝まででもやってしまいそうな二人ですから。そうならないようにと 笑
オーネットコールマンやチャーリーヘイデンや「バラードもいきますか」でバラードも
みなさん満足で帰ってゆきました(えっ 今4時過ぎた〜)笑

12/11(月)
「散歩道」

使われなくなった
市場の中小路

それでも雪がとければ
今だ何かありそう

春からの散歩道が
こうして増えてゆく

伊藤未央(b・leader)さん寺久保伶矢(tp)さん村川佳宏(as)さん本山禎朗(p)さん斉藤直美(ds)さんでした。
伊藤さんに年末なので華麗な編成でお願いできないかと頼んで実現した編成です。寺久保さんは初です。
今を時めく寺久保エレナさんnとは親戚との事です。寺久保さん以外は大体同年代で、高校生の彼を囲んでのライブとなりました。
みんなで曲を持ち寄りスタンダードといってもバップフレーズにもたれかかることはなくみなさんの解釈で。に時代をまたぎ盛り上がる
表現で沸かせるtpもありと。ライブで彼とやるのはみなさん初との事でしたが2セット楽しくあっという間に過ぎてゆきました


12/10(日)
「バラ−ドで鳴る目覚まし」

今日が必要としてるのは
この信号を渡るあなたではなく
むこうの信号を渡るあなたです

横断歩道の柄が
あなたの今日のシャツの柄
横の郵便ポストは丸いでしょう
帽子になるのです

雪がとけ春がくるまで
そこはあなたの聖地

バラ−ドなのに

明日では雪が積るのでと
思い切って
教えたくれた目覚ましが

鳴る

ジェリコセッションでした。12月25日にクリスマス・忘年会セッション18時〜23頃まで 参加費 1200円 学割800円 見学1000円(くりぼうセッション、こちらもよろしくお願いいたします)がありますが通常のジェリコセッションは年内は今日が最後でした。ありがとうございました。今日これから夜に北海道でのライブというボーカルの方や本州から駆けつけてくれたり、風呂上がりにや最後の最後に駆けつけてくれたり、札幌に限らず、いろいろなところのセッションに表れるボーカル女子のクリスマスソングも堪能できたし,東京から全国メジャー展開のサックスや、離婚後初セッションの方も。みなさん今年もいろいろありながら過ごした一年だったのではないでしょうか。来年も健康で!12月25日のセッションもよろしくお願いいたします

12/8(金)
「ショック」今日真駒内公園に久しぶりに走りに行ったら知らないおばさんに話しかけられて
「いつも歩いてる方ね 感心ね」って言われました。
歩いてません!走ってるんです(つもり)!ショック〜

ギターのMUNDELL LOWEが亡くなられたんですね。95歳で現役中に亡くなられたと。95歳で現役というのもすごいですね
リーダーではGershwin PORGY AND BESS/exeting modern guitar/TV ACTION JAZZ!を持ってます。FBでSarah Vaughan After Hoursでの歌伴の好演も紹介してくれてた方もいました。そちらもあります。リクエストどうぞ。

山田丈造(tp・leader)さん竹村一哲(ds)さんゲスト碓井佑治(g)さんでした。2度目のこのお二人でのデュオで「デュオの始まりってエッチな気になんない?」で始まり 笑。
二人のインプロ展開にお客さんたちもくぎ付けに。2部ではお友だちのギターの碓井さんも入り。彼も一部からの流れに、入り込み。碓井さんのギターはノリノリ溢れるフレ−ズの時しか知らなかったのですが、今日はまた新たな面を聞かせてくれました。2月にまた聞かせてもらえそうです。よろしくお願いいたします。アッ女性のお客さんの多かったこと

12/7(木)
「僕は天才?!」最近カップ麺5分待ちが多くない?待てません
ただ5分も待たされるのもなんなので、その待ちを利用してとろけるスライスチ−ズを入れてみました
うまくとろけてはくれましたが食べるときに箸にとろけたチ−ズがへばりつくしでチ−ズの味がカップ麺の味に負けてるしです

成田颯希(tb・leader)さん 吉井慧(g)さん鷲尾彩恵(vo)さん 2setから>戸田沙緒里(p)さん 山城道郎(b)さん佐藤賢(ds)さんでした。
教育大の成田さんです。一部ではギターとデュオ、二部ではボーカルを加えたクインテットでトロンボーンの音色をふんだんに
取り入れた伴奏を。メンバーもお客さんたちもいろいろな大学からの顔ぶれで、いいなと思いました
打ち上げの大皿が鳥皮丼だったんですが、辛くしすぎてみんなが食べてる間、辛さで暑いだろうと暖房を止めました 笑?

12/6(水)
「タバコ文化?!」タバコを吸う人の減ったこと
そう 今こそ!
灰皿はサバ缶がいい〜(意味不明)

中澤一起(g)さん三上紘子(p)さん金野俊秀(b)さんでした。このメンバーでやってると聞きつけて興味ありで早速お願いしました。スタンダードと中澤さんのオリジナル、最後はスペイン。
スペインの出だしがバックにストリングスがいるのかと思うような壮観さでした。三上さんのボーカルとのジェリコライブを聞いた方が来てくれたり
札幌のライブの盛んさを垣間見たように思いました

12/5(火)
「冬のお出かけ」

押して開くドアの感触は
布の手触りがいい

冬の寒い夜の
お帰りなさい

紛れ込む布毛たちでさえ

湯舟の中で
着かず離れず

ゆらゆら ゆらゆら

N2K2 仲西 浩之(as)さん小板橋 智(g)さん絹川 信二(b)さん西澤 宏英(ds)さんでした。
高校からのお友達や各大学ジャズ研のOBとかで出来たバンドで長い活動になります。前回メンバーに昔のメンバーだったピアノの田村さんや和楽器の世古さんたちのライブ参加で福島へのレクイエムと称し組曲のような田村さんのオリジナルがあるんですが、その一曲にいつか一緒にやろうといってて亡くなられたトロンボーンの西城さんにささげた意味も込めたアレンジで聞かせてくれたり。力強いビリーハーパーもありと。今年はこのバンドは3回お願いできました。来年もよろしくお願いいたします


12/4(月)

「靴がない(傘がない♪)」これだけ冷えてるのに雪が降らない
なんかヘビの生殺し状態?!
そんな時用の靴がない それは素敵な事だろう〜♪

アリスブルー須田祐之(sax・leader)さん千葉麻子(p)さん秦野義之(b)さん渋谷徹(ds)さんでした。
須田さんたちによるアリスブルーのライブでした。生音を大切にするバンド。楽しい曲も切ない曲もパワーで。
スタンダードでの暗黙に進む快適さ。アンコールが2曲も。楽しいかっこいいバンドです。次は3月2日です。
よろしくお願いいたします


12/3(日)
「雪どけの進みそうな庭での事」

素敵ですけど
ここも中小路ですか

いえいえ人様の裏庭ですよ

薔薇の花で作った物語りの
始まるステ−ジ

素敵な女優さんでしょ

薔薇のトゲは

女性の爪

それだって
主人公を守るためのモノ

いや〜札幌雪が積もらないんですから。いろいろと助かるけど。
ひるSUN 今野美羽子(p,leader)さん横山一矢(tp)さん主枝涼(as)さん山城道郎(b)さん山口裕樹(ds)さんでした。
学園ジャズ研の今野さんでした。二部からはフロントも入り。みなさんの共演が光るライブでした。
夜 菅原実(sax・leadder)さん石橋マヤ子(p)っさん八島博充(b)さん若森宣人(ds)さんでした。演奏をとても楽しそうにやってくれる菅原さんです。ショーターのイエス オア ノーで始まりました。偶然にも今日の昼の方も一曲目がイエス オア ノーだったんですから。夜はこの後コルトレーンに進んでゆきました。ソプラノやてなサックスを。いつもの共演者たちや生徒さんたち演奏をしてみたい人たちなどで店内が熱気でした。

11/30(木)
「小話」 もう動かしちゃってるから洗濯機を開けないで次にして
[開けないでって?別に炊飯器じゃないんだからいいべさ]
ダメだべさ

メンバーからイモをいただいたり、リンゴをいただいたりで始まった、菊田規浩(g・leader)さん本山禎朗(p)さん伊藤未央(b)さん川合草平(ds)さんでした。アメリカで活動されてる菊田さんの帰郷ライブでした。タッチが優しい音で、優しいからといって低いかといえばそうではなくMCは低く二部ではMC用にマイクを用意しました 笑。そてもスムーズに入ってくる音です。あまりなじみのない曲もスタンダードも隔てなく入ってくるライブでした。お客さんたちの女子力多め感大 笑


11/29(水)
「あとだしの木」

美しい花は
咲かないかもしれないけれど

その後

素敵な実は つけるつもり

あとだしの木

雪の下

しばらくは

休んでて

いいの で す よ ね〜

池田伊陽(g)さん八木朋直(p)さんDazzy(elb)さん田森正行(ds)さんでした。サックスの島谷さんがリーダーだったんですが急きょ出張が入り、その旦那さんの池田さんが代わりに入ってくれました。全曲スタンダードと。スタンダードといってもこのいろいろな音楽をこなす4人です。小粋だったりカッコ良かったりスマートだったり自由だったりの2セットでした。外人さんのアベックがいて日本に住んでるというので日本語をそこそこ話せてて、メンバーは日本語英語で話したりMCもそうわざわざメンバー紹介も「ピアノ〜トモナオヤギ」
とかって笑いを取ってました 笑。うけすぎで外人さん帽子を忘れてます。ジェリコにありますよ〜


11/28(火)

「前垂れ防止」冬にも自転車に乗るあなた(いない いない)に朗報
寒くて上着のフ−ドをかぶって乗ると帽子では得られない首回りも温かい
でも前屈みで乗るわけだからフ−ドが下がりすぎて前が見えない横を確認するにも見えない
そんなお困りなあなたへワイヤ−タイプの鍵を使ってますよね(決めつけ)
あれを円にしたままフ−ドの上から首に掛けるんです
あ−ら不思議前に垂れなくなるこれで キリッ!
神野ひかる(p/vo・leader)さん小林享平(b)さん吉岡健(ds)さんでした。学園ジャズ研OGの神野さんです。弾き語りがお好きな方です。今回もキーボードでポップなものを。生ピアノもスタンダードでと。ご結婚されてご主人さまも現れてくれ早速?イズント・シー・ラブリーを聞かせてくれてました 笑


11/27(月)
「ホッっと」

お粥が ふつふつふつ煮えてる

その中にさらに
一つまみのめしを入れる
また一つまみ

入れてはホッ
入れてはホッ

もうとても ホッ

佐々木伸彦(g・leader)さん中島弘恵(p)さんでした。普段寡黙で音楽にすべてをぶつけられるお二人によるデュオライブでした。
ギター仲間も現れ舞台はそろい。曲の始まりの出だしではボリュームを絞っての出だしからだんだんと音を上げてゆく。そんな表現もあり。最後のケアフルではほとんどテーマは最後で 笑

11/26(日)
「曲名タンゴ」なんたらタンゴとかって曲名にタンゴと着くと曲名がおぼえやすい?
気のせい 気のせい!

ひるSUN 林 康祐(b・leader)さん本江 英育(as.ss)さん吉井 慧(g)さん辻本 隆太郎(ds)さんでした。
北大ジャズ研の林さんです。夜ジェリを経験済みですがあえて昼でと。いろいろ試したいとの事で、一曲目はベース・ソロで始まり
曲によりインプロのような展開もあり。次々とメンバーが増えてゆく式もあり。楽しかったです。夜もぜひ聞きたいですね

夜 渡邊崇啓(ds,leader)さん児島孝典(cl)さん片山沙知恵(b)さんでした。北大ジャズ研OBの渡邊さんと児島さん+片山さんです。児島さんは新婚旅行帰りでハワイ土産のTシャツをくれました。おめでとうございます。で今日のライブにはテーマがあり”ソニーロリンズ”ピアノなしのこの編成でロリンズということはあの辺かなと思い当たりますね。そうイースト・ブロードウェイ・ラン・ダウンで今日のライブの山を作ってました。そうあの明るいロリンズ節ではないところでのロリンズです。ロリンズのピアノレスって意外とあり、でも見落とされがちな気がします。いいライブでした。今日の昼と夜と共通する面があったような気も 笑

11/25(土)
田村誠次(p)さん世古知己(篠笛など) さん仲西 浩之(as)さん床まさお(b)さん西澤ひろ英(ds)さんでした。前回の田村さん世古さんに+強3なんですが、この5人にボ−カルも入り福島へのレクイエムライブツア−をされたメンバーとの事です。で、今日もその時のライブから何曲か+スタンダ−ドも。一曲目でドラムと和太鼓のバトル。腹に響き渡りました。篠笛やボ−カルも。激サックスさんも今日のライブでいい感じのとけ込みでした。ピアノが絶妙なところの立ち位置にいて、流石。

11/24(金
「麩(ふ)」ラ−メン屋さんへ
麩(ふ)は持ち込みOKにしてくださ〜い

サックスを演奏する方でこの辺も好きかなという方が来てくれたので
ERNIE HENRY/PAUL QUINICHETTE/JIMMY HEATH/GIGI GRYCEなどをかけました。どちらかというと、あまり最近かけてないものばかりです。が聞くとやはりいいんですよね。とカルテットは好きですがクインテットとかだとあまりかけなかったりも。
でも今日聞いてて前に行く感を聞いてて感じるアルバムばかりで、気持ちよかったです。

11/23(木)
「冬のおすすめキャンプ」

UFOのみなさん夕御飯は
みんなで同時に食べる

その仕度は 3階建の
ぐる−っと円い長屋風

煙はないけど蒸気は上がり
風情がある

それを中庭と称したところに
パイプ椅子に座り
眺める暖かキャンプ風ツア−が
地球人に発売

でも もう完売

これからが冬だというのに

もう完売

「冬自転車ラン」雪一気にきましたね
強行で自転車で帰りました
気温が低くないので乗っては走れなくほとんど中小路を押して歩きました。
でもたまに乗れそうな路面では乗るんですがタイヤもまだ夏タイヤだし2度転びました
やがてくるアイスバンでのラインを選んでのスパイクタイヤ走行は楽しいですよ。体重移動や自転車斜め寝かし走行などと。でもそのどれも効かない時があり。そんな時は念じるんです、ただただ念じるんです。
右に行くぞ右に行くぞ 左に行くぞ左に行くぞと念じてるといくんですから。その時、人生もそうなのかなと。したい事とかって念じる執着も大切かなと思いながらの今年も冬自転車ランが始まります

二川雅人(b)さん藤田実季子(vo)さん山本洋士(g)さん中岡洋介(g)さんでした。
いつもお願いしてるボーカルの藤田さんの19年活動してるム−ンシャイニングの結成19年のバンドの今日を聴かせてくれました
にいつしか中岡さんも加わり最強バンドの完成です。お前は明日で歌えなくなるぞと神様に言われたら明日はどうするか
最後の最後が分かってるなら、このム−ンシャイニングで歌いながら終わりたいとの藤田さんのコメントがありで始まったライブ。
男性メンバー皆さん演奏以外では寡黙な方ばかりで 笑。でもそのお弟子さんたちが駆けつけてくれ手拍子を入れたりと通じ合ってましたし
伴奏にも緊張感のある演奏や癒しの演奏と場を作ってくれてました
二川さんは実はランの大先輩です。演奏後二人でラン話をしまくりました。今はオフなので「じゃ雪が解けたらがんばろう」と キリッ! 笑

11/22(水)
「いい夫婦の日」

いつまでも素敵で美しい
景色をバックに
美味しそうに
カップ麺をすする妻よ

その食べ物はあのお山の
どこから採れたものなのや〜

11月11日がポッキーの日で11月22日がいい夫婦の日とメチャごろ無理やり通しがありなら15日はジェリコ(じゅうご>じぇうご>じぇりご>じぇりこ!)の日にしてもよさそうな’で、この日はジェリコの日として値引き日とかってのも面白いかなと思ったりもしてるんですよ

ゴルソンズ 高橋えつこ(p)さん 増井俊昭(b)さん吉田宏之(ds)さん松浦ヨシフミ(tb)さん末岡友介(tp)さん大庭虹男(ts)さんでした。
ベニーゴルソンをやるバンドとの事です。リーダーは本来は高橋さん?今日は大庭さんでした。今日11月22日はいい夫婦の日’とドラムの吉田さんの誕生日でした。いいタイミングでケーキが出たり、長いドラムソロも。温かいライブ&打ち上げでした

11/21(火)
「みんな なにかがタップリ」

そんな なにかを発信する勇気はなく

と いいながらも
すでにタップリあふれてる

いつもの道からはずれた道を通ると

ツ−リングで通った
いろいろな景色を
探しながらの

この一歩は そのため

などと思いだしながらのよう

店内修繕したい ジェリコは来春で35周年になりますが今の場所に移って今の場所だけでも27年になります
さすがに店内のあちらこちらが傷んできました。どうしたもんだろう
でも大工さんに頼むとさすがに素晴らしい仕事をしてもらえるけれど、支払いが出来ない!
ので自分でなんとか出来ないかとホ−マックに二時間ぐらいいて、ア−だコ−だと考えてました

湯原みちる (三味線)さん須田祐之(sax)さん小板橋由実(p)さん秦野義之(b)さん有山 睦(ds)さんでした。
三味線を加えたライブの第二弾です。chamber+湯原みちる。chamberの中に見つけながら入る三味線。三味線の開放弦の音好きになりました。と、津軽三味線的フレーズも入り、それは何物にも負けない存在感でした。最後にはこの5人が集まると”スペイン”三味線のイントロから入ってました。

11/20(月)
「黒」

雨に濡れたアスファルトの
黒が好き

引いたばかりの白線が
みえればなおいい

このバランス

引っ掻き爪がウズくだけでは

壊されない

室内梨央(vo・leader)さん木村優(p)さんでした。活動が盛んな室内さんによる仲の良いお二人によるライブでした。
スタンダードも入れ、日本の歌も。クマにちなんだ曲が二曲あり服もクマの服で 笑。今回は新境地?のブラジル物も何曲も取り入れて卵風マラカスも操りながら。木村さんのアレンジもさえわたってました。


11/19(日)

「走 オフシ−ズン」

立派なお屋敷だったんですよ

段々とちじんで
ベランダも書斎も
潰れて消えてなくなり

みんなも いなくなり

居間1つ

それもちじんで
犬小屋ほどの ひと間は



僕は年老いて
はてた犬

ヒュ〜

チャックが壊れたら下のスタートの所を徹底的に壊す!

ようはチャックと服やリュックの装着部分をほぐす
そうすればはめれる後は装着部分を縫えばいい めでたし めでたし

「Tsubo band」坪幸希(b・leader)さん菅原義貴(ds)さん末岡友介(tp)さん寺下直行(ts)さんでした。
札大ジャズ研や北大北極のOBたちで組んだバンドです。b+ds+tp+tsという面白い編成でした。
突然元気一番的スキャットやボーカルものも一曲。ベースのピックアップがうまくセットされてなく?ひずみ音が大きく
残念なところでしたが、ファンがたくさん来てくれてえらい盛り上げてた方もいました(知り合い)


11/18(土)
「初雪」

枯葉をつみかさねて剣で刺し
空に向かいかざし

次はおまえだ

その勢いに
太陽からのこぼれ日でさえ
雲の合間から空に向かって迎え光

その空

降った

今年も

雪が
降った

ひるど 柴田雅也(ts・leader)さん林 康祐(b)さん佐藤真之祐(p)さん酒井颯太(ds)さん田邊俊平(tp)さんでした。北大のビックバンド北極の柴田さんです。他に北大ジャズ研の林さん田邊さん科学大のサニーフィールズの佐藤さん酒井さんです。柴田さん、自分の楽器は今入院してて借り物の楽器で臨まれてました。今回ライブの最中もその他でも、いろいろなバンドで林さんが出てもらってるしで頼りにさせていただきました。選曲が進みバラードとなり良い感じになってたらビルの緊急放送の「火事です 火事です。落ち着いて避難してください」と何度も誤報が流れて台無しにされてしまいました。誤報でなければ大変なことではありますが、ね。でかさっそく柴田さん次回も二月に予約をくれました。やる気満々です!
夜 今日はライブの無い日でお待ちしてましたが、雪がかなり降る中なのにみなさん雪を頭などにつけて入ってくる方がいないんです。
不思議だと思い何度か地下の廊下のまま外を見れるポイントがあるので、そこから見るとやはりかなり降ってるんですよ
狐につままれたような夜でした 笑


11/17(金)
「聞こえない言葉」

秋風に春風も吹く日

境界線はキラリと輝る蛇の背中

そう 陸でのこと

風の向こうで

先は細いか
広いか
いわし雲?

聞こえない言葉に
魅力を感じる日

きのうテーブル5個にニスを塗りました。塗り終わったらすごい匂いで焦りました。ドライヤーで乾かしたり、寒いのに入り口を開けて換気をしまくり。それを昼過ぎまでして、ビルの管理人さんに換気扇を付けたまま帰りますので、何かありましたらお知らせくださいと伝えて帰りました。家で匂いがあのまま消えなかったらしばらく来てくれたお客さんたちの飲食を1割引きとかにしないといけないなと思い。ほんの何時間後ですが、店に来たらだいぶ匂いが抜けてました。まだ匂いますが、まー我慢できる程度に収まり安心しました。ドライヤー攻撃がよかったんでしょうか、二台あったので二刀流でがんばりました。ヒュ〜

田中朋子(p・leader)さん中澤一起(g)さん北垣響(b)さん小山彰太(ds)さんでした。久しぶりの田中さんです。
今日はゆったりとした曲が多く。の中返しのスピーカーからのボリュームの調整をかなりしてました。
謎な「清田のバラード」もあり 笑。みなさん健康でいきましょう!


11/16(木)
「生花」

水溜まりに落ちる
枯れ葉が色落ちしないのは
造花だから

生花に変えるのは
薔薇の力

いえいえ

それは愛の力

浮田俊也(tp・leader)さん中島弘恵(p)さん矢木章(b)さんでした。浮田さんには2種類のライブパターンがあり一つには電気マイルス。もう一つはしっぽり?ジャズバージョン。で、今日は前回に続きしっぽりジャズバージョンでした。スタンダードや三人とも好きなカーラブレーからも。フリューゲルホルンでは少しマイクを入れて、微細なところも表現してくれ。
雰囲気的に店内がAORに通じそうな大人な世界になってました

11/15(水)
「晴れの日がいい」

パ−クゴルフ通り

いつかはやりたいと
横目で通りすぎるのも


やはり晴れの日がいい

Body And Shadow
Brian Blade & The Fellowship Band

彼のはあまり持ってなく三枚目です

本山禎朗(p・leader)さん林康祐(b)さん高橋直希(ds)さんでした。本山さんの若者の彼らとやりたくてで、いろいろと彼らに音で語ってくれました。バップやブラックナイルなどを。パワーやアイデア溢れるドラムとベースらしいベース。と聞かせどころ満載のピアノ。につられてか外人さんのお客さんがリクエストを、スタンレータレンタイン+スリーサウンズから

11/14(火)
「UFO?!」

道行く車のライトが
部屋の中にこぼれる

壁に写る光が
ドップラー効果のように
来ては去ってゆく

ここはビルの六階

寝落ちる前に
書きとめておこう

吉田昌史(b・leader)さん中川瑞貴(ts,2stのみ)さん谷川拓真(p)さん佐藤賢(ds)さんでした。学園ジャズ研の吉田さんでした。
全編エレべで。エレべからつやっぽいというかしっぽりっぽいというかをかもしてくれ。その中ドラム・ピアノ・サックスが
バラバラでいれてでいい演奏に。不思議な響きでした


11/13(月)
「泡の ひとつぶ」

泡の中で まどろむ僕に
誰かが なにかくれようと
泡の外から
差し出してくれるようだけど

無理

なので僕も
もらうふりをするだけ

手の中から逃げようとする石鹸で
泡まみれの手を踊らす僕が

泡に写る

雨だれより
温かい泡の

ひとつぶ
ひとつぶ

赤川 知也(as,leader)さん江良 直軌(bs)さん石川 隼(p)さん斎藤 里菜(b)さん船橋 孝太郎(ds)さんでした。北大のビックバンドの赤川さんです。仲のいい江良さんとの2フロントで息の良いところを聞かせてくれ
岩見沢教育大OBの船橋さんを招き学生としての活動以外での活動も垣間見せてくれ。楽器を始めたのが小学ですがその頃はバラードは嫌いでした’が、今日素晴らしく聞かせてくれ
以外ではイケイケで押してくれました

11/12(日)
「ロッキングチェア〜」

家が地に根づいて無い気がし
ゆらゆらゆら

カ−テンを開けすぎた景色が
ゆらゆらゆら

柿も大根も干されて
ゆらゆらゆら

色彩までゆられて

ロッキングチェア〜

ジェリコセッションでした。雪が降る予定でしたが明け方降ってとけたらしいですね
うちがセッションを始めてどれぐらいなるでしょうか。今ではセッションをするお店も増えて
演奏する方たちには嬉しい街’札幌ですね。の中でアコーディオンも来てくれ色を。スキャットの活き活きとした方もボーカルで来てくれたりと。サックスサンたちも常連さんです。寒いといってもまだ店内はそうでもなくアイスのガリガリ君を二本も食べてしまいました。12月はいつもの第二日曜日12/10(日)と25日にクリスマスと忘年会を兼ねたセッションをさせていただきます。今年も残り少なくなりました。
よろしくお願いいたします。ダイエット中の僕、セッション中のカウンターの中で食べるわ食べるわ。やはりタバコを吸ってた方がいいのではと思ってしまうほどです。いやいや吸いすぎでやめたんだ。頑張るぞ!で、セッション中の飲食を書き留めてみました
セッション終了までの僕の飲食
カレ−パン 330K 森の切り株パン 526K チ−ズ一切れ 319K コ−ヒ−1杯 4.1K ガリガリ君 二本 69K×2
鶏皮丼小 ?k マーボーライス小 ?Kです。頑張るぞ〜

11/11(土)
「タイヤ ヒュ〜」タイヤ交換しました
10年目ぐらいのスタットレスに とかって言ってらんなくって
見たら外した夏タイヤもっとヤバそうはしっこ溝なし
いくらあまり乗らないといっても
あの溝状態を知ってしまったら「相変わらず車にカラスの糞がすごいカラスたちで飛んで遊んでて
上のが下にいるカラスに糞をしてしまうってないのでしょうかあったら黒と糞の白とでまだらカラスになって
新種のカラスだって騒ぎになったりして」って春になったら言ってる場合じゃなさそう ヒュ〜
ってこの冬タイヤだってヒュ〜でした 大笑?貧乏が怖い〜

そろそろあちらこちらで雪の便りが。アイスバーンでのスパイクタイヤにしての自転車走好きです
と一シーズンやっても体重は減らないんですよね。冬は本当に減らない!
中村光龍(g.leader)さん谷川拓真(p)さん小林亨平 (b)さん山口祐樹(ds)さん2st+高山瑛太郎(as)さんでした。
学園ジャズ研の中村さんでした。まだ入学間もなく入部も間もなくでこのライブの機会をありがとうございますと、深くこの機会を喜んでのライブで。二部ではOBの高山さん入りで久しぶりでした。音は小さめの設定でしたが、面白いギターでした。来てくれてたお客さんたちの中に彼の同期とかもいると思います。次はあなただ!!


11/10(金)
「塗りのはげたちゃぶ台の手ざわりで眠る」

塗りのはげたちゃぶ台は素敵
囲んで眠る僕らはその歴史の中

同化しきれない思いにでさえ
あいまいに見おくる言葉も
素敵に思い浮かぶし

その古びれたお家から
お釣りとしてもらう
木くずは手の中で
すでに古銭のかおり

それとて お宝でしょうし

今日シタールが聞きたいというお客さんがいて
前にライブをやっていただいた方からいただいてた
RISE/KENJI INOUE(Sitar)・HIDEAKI NAKAGAWA(Tabla)をかけて
インドものをかけてと言われたんですが他はなくって
インドネシアならとかけたのが
TONY SCOTT AND THE INDONESIAN ALL STARS/DJANGER BALIをかけました。
一応珍しいLPでもあり喜んでくれました ほっ。

金山小春(b・leader)さん戸田寛之(ts)さん堀井友斗(ts)さん中野広也(g)さん山元修平(ds)さんでした。
商大の金山さんでした。就活も決まりのびのびと。サックスがどちらもバリバリ系ですが、戸田さんは調和を取り激しくは譲った感じでしょうか 笑。ギターが二部でちらっと面白いことをやってくれたりと。今日は一回目ということにして二度あればさらに面白くなるのではないでしょうか。お客さんたちも期待大でみなさん集まってくれました

11/9(木)
この前?屋で、いつもの牛丼を食べたら
キャベツの千切りがどんぶりのふちに1本付いてた
僕の頼んだメニュ−には入ってないはずのもの
店員さんに言うべきか言わざるべきか
言わずにラッキ−とありがたく いただきました

櫻井麻奈(fl・leader)さん大島さゆり(fl)さん石川隼(p)さん斉藤直矢(b)さん工藤紳(ds)さんでした。
中学の頃に習ってたという師匠の大島さん入りでの櫻井さんのライブ。一部は2フルート+ピアノとでのクラッシック
二部ではベースとドラムを加えたライブ。フルートといえばやはりスペイン’きました。で、アンコールではスローな曲でゆったりと。
大島さんの演奏も久しぶりに聞けて良かったです、と、子弟ライブというのも楽しいだろうなと楽しみにしてました。
就活を目の前にした櫻井さんの意気込みを聞けたライブでした

11/8(水)
「食パンの耳」

きのうの青空を
うらやましがってたけど
今日だってこんなにも
ステキな青空じゃん

さ−なにをする

と 今どきの食パンの耳は
2日目も やさしい

小郷正彦(g・leadder)さん 横山ユウキ(sax)さん本山禎朗(p)さん青木務(b)さん田森正行(ds)さんでした。今回はえちょっとエレクトリックとの事で?ベースは初の青木さんで、ロックにも強い田森さんとジェリコセッションで時間差でホストをつとめてくれてる小郷さん+本山さん。とバップフレーズが溢れる横山さんのサックス。これがまた今日のようなフュージョンでもよどみなくあふれるフレーズを。エレクトリックの中に渡辺貞夫フュージョンのような大きく歌うようなところも入ってて。最後のアンコールではチャーリーバーカーを今日のスタイルで

11/7(火)
「手を振れば音がすれば」

ギターを弾く時でさえ
シャツの袖のボタンを開ける

そのままに手をふれば
さわやかな音がする

それは子供の頃に神様に
たった一つのお願いだけ聞いてもらった
僕の超能力

緑さえあれば憧れの地

うしろ姿に手をふり人を見送る音

そこにすわる時の僕の癖なので

横山ユウキ(as・leader)さん赤川知也(as)さん木村優(p)さん重松忠男(b)さんでした。横山さん今日・明日と2ディズです 笑。
リーダーでは久しぶりとなります。今回はドラムなしで2フロント。ベースが彼が学生のころから知ってる重松さんです。後ろでどしっといてくれて。ピアノもやりやすかったろうと思います。曲によりバックが無音になり長い2フロントもありと聞かせどころ真正面ライブでした

11/6(月)
「向こう岸の人」

空港から来た人
空港にゆく人

どちらも日の当たらないバス停

足早に雨宿りに
帰ってゆく人を
見送るバス待ち人は
停留所で雨宿り

そう  みんな幸せ

粟谷巧(b・leader)さん川手博史(g)さん治田七海(tb)さん宇野修(ds)さんでした。
渡辺貞夫ツアーのベースの粟谷さんのその前のライブです。彼も治田さんもバリーハリスに師事し宇野さんもそう共に演奏の機会あり川手さんも若いころロサンゼルスにてジョーパスに師事。なのでか今日はニューヨーク式でみんなの呼吸を聞いて演奏するスタイルでいきます’と。そんなスタイルでのドラムのシンバル一枚減ったセットがはまりセットでした。この後また粟谷さん渡辺貞夫九州ツアーとの事です。九州のみなさんいかがでしょうか

11/5(日)
「なんちゃってってってて」

今日の会社の寮のごはんが
ソ−ス焼きそば
上には焼きシャケ

焼きそばを食べながら
シャケのかおりがプンプン

シャケを食べる前から
十分 社家焼そば

なんちゃって〜

ひるSUN 山本夏子(b,leader)さん中川瑞貴(ts)さん橋遥奈(p)さん菊池赳生(ds)さんでした。
医大ジャズ研の山本さんです。医大ジャズ研で女子のベーシストというと卒業後のあの方はどうしてるでしょうか
と言いつつ。特に話すこともないのでMCはなし、メンバー紹介もワンセットに一回ずつとすいすいと進んでました
ベースソロも太い音で。
夜 堀口峻一(b・leader)さん山下加朱沙(g)さん白井亮輔(key)さん佐瀬裕典(ds)さんでした。
北大ジャズ研の堀口さんでした。彼はフュージョンを毎回やってくれて。今回は学園ジャズ研のギター入りです。
いつもだとフュージョンの中に深いものがありでしたが今日はどちらかというとストレートなソウル・歌が聞こえてくる’そんなライブに聞こえました。学生時代にディスコで踊ってチークがかかると女の子に声をかけて踊ってもらう’そんなことを思い出しながら聞いてました。なのでライブの合間やライブ後もエレべでフュージョン的なのをしばらく特集しました。次は1月8日(月曜・祭日)彼の誕生日です。よろしくお願いいたします

11/4(土)
今日も なぞる」

3は薄いピンク

4は海深いマリンブル〜な濃い青

8は赤 妖しそうな赤かな

5?5はもちろんミドリじゃなくって緑!って感じでしょ

6は茶色 この色にはいろいろしまっちゃってるのさ

1は透明に近い白 始まりきれてないみたい


2ははっきり白

9は食器棚の中の正油瓶の中の辛うじて黒い黒

7は青 きっと青春の中の消えずに残るような青

でしょ

今日も絶好調!

今日あたり寒くって店の暖房を強めにしたりと
そうすると思い出すのが、ジャズ喫茶で働いてた頃にトイレノートがありそれにみなさんに好きなことを書いてもらうんですが
「この暑い夏に暑苦しいトロンボーンなどかけるな」と書かれたことがあり、それ以来、反対意識が芽生えて、冬になると思い出すんです。あっ温まりたいからかけたい’となるんです

ひるど 加園輝(p,leader)さん本江英育(as)さん北佳奈子(ds)さん澤井駆(b)さんでした。
北大の加園さんでした。ジャズもやりたいロックもやりたいとの方だと。でも曲の紹介など丁寧で歌詞を意識しながらのような紹介でした。ジャズ+ロックなどの複合ではなくまるで分けるということなんでしょうか
たまにでもいいから初音楽などを聞かせてもくれないものでしょうかと思ってもみたりと。聞く方は言うだけなので勝手に言ってみたりと

11/3(金・祭)
「化かされ」

葉の迷い込んだ帽子を
そのまま かぶるとなんという

狸が頭に葉をのせ人を化かすよう

帽子でふさがれた魔力に自分が化かされ

電柱の上に立つ

赤いリュックから寒ければ赤い膝掛け

こんな時にも自分への優しさ

今日の青空では
赤いリュックから青い羽を取り出す

枯葉では ここまで

この秋空を天高くまで
化かされたい〜

作ac真駒内マラソン大会のフルマラソンでした。今日のは僕的には今シ−ズン最後のマラソン大会です。
今シーズンは参加費不足と、エントリーしてる大会も体調不良とであまりでてないしで、今日も5時間6分と最悪でしたが
それだけに大会に参加できただけでも出れて嬉しかったです。
さ−明日からオフ春までに体重がどうなることやら ヒュ〜
室工大ジャズ研 佐藤 輝 (as)さん佐々木 康彰 (tb)さん前中 駿伸 (p)さん平川 拓利 (b)さん林 成修 (ds)さんでした。
室工大のみなさんです。前にサックスの佐藤さんがサイドメンで入ったのを聞いてていつかまたお願いしたいなと思い、今回全員部員でやってくれました。うちのライブ初めは照明を落としてはじめますが、それで一気に緊張する人もいるそうです。
一部では緊張してたメンバーもいたようで。でもだんだんと進むにつけこなれてきて、それに合うように選曲も4ビートから、ハンコックやCTIものなどと。遠くからありがとうございました。


11/1(水)
「恋を語らずに詩はなし」

ぎんなんともみじは
恋人同士

ぎんなんの葉が散る

もみじの葉は
誰かのスニ−カ−の靴底の形に似てるじゃん

という阿呆の上に散る
とてもドサッと散る〜

水上真里(tp・leader)さん大田一喜(ts)さん橋遥奈(p)さん珍名宏明(b)さん工藤紳(ds)さんでした。商大の水上さんです。
トランペットをソフトな音で奏で、横にいるテナ−サックスの音色とマッチしてました。OBとなっても更に活躍の先輩の工藤さんたち入りです。リ−ダ−でのライブ!を楽しみ、感じながらやってくれてました

10/30(月)
「地球人 ヒュ〜」

人が住むのがゆるされてた星だからこそ
どの国にも 平地があるんだろう

やがて 減り続き
海岸に帯状にへばり付くような
かすかな平地は

宇宙から見る神には

細長い かすかな
一行分でしかない地球人最後の言い訳に

写ることだろう

小林美由紀(vo・leadder)さん河合修吾(tb)さん小郷正彦(g)さんでした。
小林さんによる面白い編成でした。ボーカル+トロンボーン+ギターのトリオです。トロンボーンがいろいろなミュートを持参して
そのどれもどんな音に代わってとかを披露してくれました。6種類ぐらいの変化を聞けました。それを曲により使い分けてました。
ギターもピックアップ付きのギターをアンプではなくミキサーにつないで店のライブ用のスピーカーで鳴らしてました。
歌はいつもの笑いも取れるMCと共に聞かせてくれました。この編成で来年の一月15日月曜日にもやってくれます。
よろしくお願いいたします

10/29(日)
「養生」

寝ながら鼻をかむと
軽いめまいがする

水のない寒々しい水遊び場で
遊ぶ子供たちを
見たからではなし

寒さは ほころびを縫う日
そんな母たちの子らなんだろ

みんな温かそうだ

薬屋で売る梅干しに
今日も負けた
産地物の梅干し

愚痴を聞かされながらも
もらいにいくとしよう

養生
養生

ひるSUN 河合仁美(fl・leader)さん朝比奈陽里(cl)さん吉田卓(p)さん斎藤里菜(b)さん岡本優希(ds)さんでした。
クラリネットを加えた2フロントでのライブです。ドラム入りですがどちらもノーマイクで大丈夫でした。うちの店の広さがノーマイクでの限界の広さかもしれませんね。スタンダードをストレートな音で店内に響かせてくれてました

夜 クラリネットの児島さんの結婚式の三次会でみなさん来てくれました。
本州からの珍しい人たちもあえて懐かしく、長く店をやってる時の喜びをこんな時にも味わえます
北大のジャズ研卒のみなさんは今も演奏活動、他ジャンルでも燃えてる方たちも多く、今日もライブでこれなかった方たちもいました
そんな中の彼らからのリクエストは’やはりバリバリのアート・ブレイキー!やはりこれ!児島さんおめでとうございました〜

10/28(土)
「風」

あの葉が揺れた

その葉?

あっ あそこ
そう その後ろの葉も今揺れた

隣は揺れてないのに

今度はそっちが
チョッとだけ揺れた

風でだよね
風って 何?

ほっぺに感じたなら
家まで通りぬけてゆこう

ひるど石田尚之(vib,leader)さん石川隼(p)さん斉藤直矢(b)さん辻本隆太郎(ds)さんでした。北大ジャズ研の石田さんです。珍しくビブラフォンです。といっても今北大にはこれでお二人となります。スタンダードのタイトルの紹介でベサメム−チョと言われたいなどって、うけたり。ハービーハンコックのところからも選曲あり。この組み合わせだとピアノの存在も重要だとおもいます。良い人選でした
夜 桜井三樹(sax・leader)さん中島弘恵(p)さん大久保太郎(b)さん藤本将晃(ds)さんでした。ドラムとピアノがいつもとは違う今日の編成です。今回とてもバラードが光ってました。ゆったり深く。の後のいつもの軽快なイケイケも楽しく。アンコールでもこれでもかというくらいのノリノリの曲が用意されてて。アベックなど踊りたかったのではないでしょうか。
とは別にビックバンドやコンボ活動も盛んにされてたトランペットの高橋さんが急に亡くなられてみんなでびっくりしてます
ピアノの調律業を始めたというので最初のころ我が家のピアノを調律してもらったこともありました。演奏も前はよくやってもらったりも。ご冥福をお祈りいたします

10/27(金)
「初みぞれの日」

雪で会えなくなるアリ君へ

君たちにとって僕らは

ガンダムに見えるのかい

ゴジラに見えるのかい

明快な答えが欲しい

それとも

小心者に見えるのかい

ヒュ〜

一昨日ギョーザのみよしのでジャンボ定食を食べたんですが、右側の口の中はまだ8針縫った後遺症?で使わないようにして左でばかり食べてたらほっぺの中が熱さに負けて膨らんできて、それでも時間もないので食べてたら腫れたところを噛み裂いてしまったらしく店に着いてみたら口の中が血みどろになってました。今日歯医者に予約をしてたので前の日にその事を電話でいったら、じゃ出来ることだけやりましょうと言われ今日行ったら「イヤーひどいね、変な違う病気かもよ。大学病院を紹介するかい?」と言われました。
そんなに患部ひどいんだ’僕には見えないからね。でも大丈夫ですよね?様子見ようと思います。


10/26(木)
「壮大な景色」

透明な惑星ならそばにいても許す

とても大きくても透明なら許す

と 言ってしまったので
歩いてると頭に当たるものがある

そんなそばにいるのかな?

でも透明なら許す

きっと僕らが許した惑星なんだろう

たまに陽の当たり加減で幾分見えたりする

やはり大きい

波打ち際はこの世のはずれと言った 海の神

陸に上がり両手を広げ
波打ち際と惑星の端っことに触りながら

また名言をください

高野雅絵(vo・leader)さん古舘賢治(g)さん大久保太郎(b)さんでした。本州での活動も盛んな高野さんのツアー前のライブでした。
今回はピアノではなくギターでベースが大久保さんというトリオ演奏。オリジナル歌詞ものや演奏をこなしてる曲などを。
ベースがパーカッションのようにパンパンとパーカッションのように 笑


10/25(水)
「今日は弾かないつもりの曲」

薔薇の赤い花びらが鍵盤に散るので
ピアノが弾けない

そんな嘘をつくときの
私の赤い舌が鏡に写る

今日もけっこう お気に入り

赤ワインを飲んだグラスに赤がわずかに残る
次も赤ワインを注がせるグラスの技のよう

さらに 舌が赤く

嘘つきの赤い舌が妖しく 鏡に写る

けっこうお気に入り
ソニー・ロリンズの
ドント・ストップ・ザ・カーニヴァルを
かけるとやはり場の空気が
明るくなりますね
僕は,この曲だけで
いうとこちらが好きです

秋のギター祭り 山本トシ(g・leader)さん古舘賢治(g)さん 長沼タツル(g)さん 花田進太郎(g)さんでした。
ギター4人によるライブでした。モンクの曲、スタンダード、メセニー、などを、4人になったり、3人やデュオやで、ゆったり感を失わず。とはいってもさりげなく速弾きも。瞬間ジャンゴがいるの?の響きも。ここまでくるとお祭り’次は5人だなどと言ったか言わないか 笑。


10/24(火)
「秋空間」

晴れてた空が
雲ひとつで
太陽が かくれる

そんな事は 今までにも
なん度もあり

そのつど目の前で
たなびく白髪が
ふえては

信号機の赤で温めた手で
かきあげる

秋の習慣

腰がまだ痛いんですが調度前に腰痛を見てもらったお医者さんが来てくれたので相談したら
MRIをしてるので骨が飛び出たりとかしてるのではないので、歯医者でもらう痛み止めを飲んでもいいですよと言われました。
腰痛で痛む方に朗報では。骨や軟骨に異常のある方はもちろん手術との事ですが

Suda_rashi unit須田祐之(sax・leader)さん日暮龍一(sax)さん中島弘惠(p)さん絹川信二(b)さん佐藤俊彦(ds)さんでした。
須田さん日暮さんの組み合わせをネットで知りさっそくお願いしました。須田さんの聴き手の好奇心をストレートにそそるグイグイくるサックスと、どれだけハードになっても艶やかな歌心のある日暮さんが好対象で2セット駆け抜けてくれました。一曲ずつバラードもあり。心なしかベースソロが多く聞けたようにも

10/23(月)

「季節感」

リサイクルショップで
売ってたカヌーが寒そう

安いのか 高いのか

コタツがあるなら
横で売れば

取り合えず
試コタツさせてください

いろいろな事を考えたいし

平間愛花(tp・leader)さん中川瑞貴(ts)さん松田宇充(p)さん斉藤直矢(b)さん佐藤賢(ds)さんでした。
教育大ジャズ研の部長の平間さんでした。サックスとトランペットとの組み合わせの響きが好きでと組んだ編成。
トランペットは確かな音を出すだけでも大変な楽器です。そこに真正面から向かってゆく姿がさわやかに。
そんなライブでした

10/22(日)
「晴れた日の視線」

晴れた日の河川敷を通るには

寂しくってもイライラしてても

いけません
癒されてる顔ですよ

せわしなさそうな顔で通ってもいけません

急ぐ時も
忙しさは自転車のペダルをこぐ足にまかせ

顔はそよそよと風に吹かれながらに

癒されたいと遥か彼方から
救いを求める視線を河川敷きに
くれてる人がいるでしょうから
やはり腰痛が治らず今日の北海道ロードマラソンのハーフ出れませんでした。

みなさん選挙行かれました?僕はもちろん行きました。
が、当初お願いしてた皆川さんのバンドが選挙のために出来ないくなり
急きょ河合さんたちがやってくれました
それも僕の好きなファゴットにグローバーさんが持ち替えもしてくれ。
僕に持たしてもくれ記念に写真も’パシャッ
河合修吾(Trb)さんグローバー稲川(ts/ファゴット)さん 
むなかたかおり(p)さん嶋田洸一(b)さん岸林大輔(ds)さんでした。
河合さんたちによるライブでした。河合さんのオリジナルもはさみ
スタンダードを。ドラムの方以外は
スイングハートジャズオーケストラのみなさんです。
ビックバンド仲間は自然と多く演奏終盤のブルースでは楽器持ち込みの
みなさんも加わり、サックスの奥さんの稲川さんのボーカルも聞けました。
頭の中で「今日はファゴットが聞ける 聞ける〜」と思いながら聞いてたからか
ファゴット演奏じゃないナイトアンドデーでファゴット的フレーズに
サックスが聞こえたりしました 笑

10/21(土)
「君が一番!」
電子レンジが一昨日いってしまった
だましだまし三十年近く動いてくれてました。
ご苦労様〜これまでで君が一番!

明日北海道ロードマラソンのハーフに出る予定でしたが腰をやってしまい出れそうになくなりました
この腰痛たまにやるんです。前に病院に行きMRIでしっかり見てもらったことがありましたが何ともありません
骨と骨の間の一か所の色が変わってるけど大丈夫でしょうと言われたことがありました
残念、この大会に向けて意外と練習したんだけどな。とはいっても結果の出そうな追い込んだ練習はほとんどできてませんでしたけど 汗。

ひるど 土屋輝 (b・leader)さん北佳奈子(ds)さん白井亮輔(p)さん大田一喜(ts)さんでした。
北大の土屋さんです。背丈があるとベース向きなどと思ってしまいます。彼も背丈がある方です 笑。先輩たちの力を借りてとMCで感謝しながらのライブ一部ではサックスメインの選曲だったように思いました
夜 飯田奈央(vo・leader)さん金子もも(p)さん斉藤里奈(b)さん青木楓(ds)さんでした。北大OGの飯田さんと同期で商大OGの金子さんに現役の斎藤さん青木さんでのライブ。飯田さんは卒業後もお願いしててでも久しぶりでした。スタンダードや日本の歌。彼女は現役時代からバックのノリを捕まえるのがうまい方でした。今回もスキャットなどでぐいぐいと来てました。金子さんも子育て中ですが現役のピアノを聞かせてくれました

10/20(金)
「紅葉」
北海道は、紅葉が始まってますね。
道端で素敵な紅葉があるとスマートフォンでみなさん撮ってます
前に真駒内公園でのランを知る前は家が旭ヶ丘・伏見の方なので山側を走ってました
山側だと早めに?素敵な紅葉があったりで、家族に教えてあげたいなと思ったりするポイントもありました
よそさまの駐車場の車の横のとても隅っこに2mぐらいの木が下から上までとてもみごとな素敵な色の赤だったりとかって
そろそろ車のタイヤ交換の話が出始めますね。今年も履いたら10年目ぐらいになるのかな、貧乏が怖い〜

SIO UNIT 塩崎弘樹(b,Leader)さんNANA(vo)さん一宮 章(as)さん本村 隆(p)さん作山 渉(ds)さんでした。
今回はドラムが初です。さっそくドラムソロでまだまだとかってエールを送られてました 笑
ピンチヒッターの本村さんもありがとうございました。オリジナルメンバーの出産に向けた準備も万端と聞いてます。
このバンドは結成頃からお願いしてます。がいつもは土日ですが今回は平日にお願いしてしまいました。ありがとうございました
最後の曲では「誓い」と!
次回は12月23日です。よろしくお願いいたします

10/19(木)
「サイモンとガ−ファンクル」

田舎のなだらかな丘の

昼寝の中

ライブを
やりたいあなたに

サイモンとガ−ファンクルの
曲をあけましょう

私の作った曲なのですから と

岡田圭介(ds,leader)さん村川佳宏(sax)さん坂下幸大(p)さん林康祐(b)さんでした。北大の岡田さんです。OBの村川さんに抜擢されたと喜びを。パワーのある演奏で選曲は僕らがもっと若いころに燃えた曲なども取り上げた演奏でした。休憩時間にお客さんたちとの交流も村川さんの良さを受け継いでました

10/18(水)
ANNA MARIA JOPEK - GONZALO RUBALCABA / MINIONE

Anna Maria Jopek (vo)
Gonzalo Rubalcaba (p)
Armando Gola (b)
Ernesto Simpson (ds)

Anna Maria Jopek & Pat Methenyで素晴らしいCDを聞いてて
買いました。買うときに、おーゴンザロとのVO+Pのデュオだと思って買ったのですが
違ってました。ジャケットの紛らわしい表記(笑)

戦前の最も美しい頃のポーランドの復活をイメージとした作品。
このCDを買ったのは何週間か前ですが、美しい国という下記の今日の
ライブでのWhat A Wonderful Worldと合ものをと思い取り上げました
「校内マラソン大会」
この前演奏をしてもらった高校生のトランペットの方に真駒内公園でばったり会ったんです
校内マラソン大会 聞いたら男子で18キロ 女子でも15キロですと 凄いですね
僕の頃は男子で十キロでしたが演奏も若くして凄いけど他の事も早!な時代なんでしょうか

松本浩典*(tp,leader)さん主枝 涼(as)さん白井亮輔(p)さん金山小春(b)さん工藤 紳(ds)さんでした。
商大の松本さんです。いろいろと海外旅行に行った経験から?選曲が旅行をヒントに。演奏内容は密度濃く。最後の
What A Wonderful Worldでは「世界に美しい世界はいろいろとあります。いつまでも」のようにメッセージを込めてやってくれました。
いい曲ですね

10/17(火)
電子レンジ ついにいってしまいました。だましだまし30年以上使ってました。で買いに行ったんですが、今は四角い鉄板が付いたオーブン機能の付いたのは高いのにしかなく中古屋さんを廻ったら希望のがありました。2011年ものですが30年使ったものの後釜なのでそれはもう素敵に見えて、でも機能が多く説明書はなくで苦戦してます 笑
中島弘恵(p・leader)さん山田丈造(tp)さん岡本広(g)さん秋田祐二(b)さんでした。東京で活躍の山田さんの帰郷のタイミングと合い
共演がかない、病からの生還後ジェリコでは初の岡本さんでの秋田さんウッドベースでのライブ。カーラブレーやオリジナルなどを。
カーラブレーやオリジナルなどを中心とした毎回積み重ねてる中島ワールドのようです。

10/16(月)
「微妙」

スリッパ好きは階段を嫌う

昭和好きは町内祭りが好き

びみょう〜

DIONがHPへの貸し出しをやめるためにプロバイダーを変更しなきゃならなくビッグロープに替えるのにいろいろとやってますがページ内のリンクなども張り替えなきゃならなくポエムやルームページは大丈夫ですが他のページが無くなってたりと、焦りともったいなさが〜あ〜あ〜
Chaco trio Chaco(vo)さん種村敬子(p)さん金野俊秀(b)さんでした。今回はジェリコ初の種村さん入りです。東京の方で活躍後戻ってこられた方ですでに教え子さんたちが聞きに来てくれてたり。ライブは今回もストーリー仕立てでの選曲でハピーエンドで終わり、めでたしめでたし。の中、売れっ子の金野さんのベースがしっかりと。明るい三人による明るいライブでした


10/15(日)
「見えない個性」

歌う空気のゆれに負けない
景色でと がんばってた葉は
紅葉になり散る日も忘れ

今まだ緑で置いてきぼり

雨や鳥が休めるようにと
散る紅葉までもが
しばらくは休んでってくれる
私の作った
新しい屋根の形

小学を卒業した時から
今までかかり
作られた私の形
北海道は、紅葉が始まってますね。
道端で素敵な紅葉があるとスマートフォンでみなさん撮ってます
前に真駒内公園でのランを知る前は家が旭ヶ丘・伏見の方なので山側を走ってました
山側だと早めに?素敵な紅葉があったりで、家族に教えてあげたいなと思ったりするポイントもありました
駐車場の車の横の2mぐらいの木がとても素敵な色の赤だったりとかって

ひるSUN M嵜歩美(vo)さん白井亮輔(p)さん澤井駆(b)さん小島悠(fl)さん辻本隆太郎(ds)さん吉井慧(g)さんでした。北大ジャズ研の
M嵜さんでした。どう読むんだろうと思ったら普通にハマザキとの事でした 笑。ストレートに歌う方でMC共に優しい気持ちにさせてくれました。「ギターの弦の擦れる音が好きで」と。良いですね。僕だとフォークギターをイメージしてしまいます
六文銭のマーチンのギターの弦の擦れる音かな
夜 岡本優希(ds,leader)さん大田一喜(ts)さん長尾和磨(tb)さん白井亮輔(key)さん吉田昌史(b)さんでした。北大ジャズ研の岡本さんでした。この前の竹内直さんのライブで入ってもらって以来?です。急きょピアノが全曲キーボードに変わったとの事です。で、ベースもエレべで。いつもの曲も、これもまた上向き感のある夜!


10/14(土)
「十六夜」

ボ−カルさんも
そうじゃなくっても
口ずさみながら

両ポケットからも
音楽を出し入れできるし

おへそ辺りは客席

足はペダルよろしく
ドラマ−さん

曲により
帽子を変えてみたり

髪を振り乱しちゃったり

チャ−ジもフルチャ−ジって
らくだのコブを見てわかる

♪♪♪

橋本大輝(as・leader)さん宮腰智洋(p)さんでした。お二人とも北大ジャズ研のOBです。と、お二人とも赴任先が旭川です。
で、デュオでやってくれました。橋本さんが在学中からリスナーとしてもいろいろ聞かれてる方でやはり今日の選曲も面白いところから引っ張ってきてくれました。端っこの音まで大切に表現してて。宮腰さんも板橋文夫さんが「それだけ弾けて本当に学生から始めたのか?凄いな」言ったほどの思い切りよく丁寧なピアノが健在でした

10/12(木)
「サドルとカラス」
きのうのコインロッカ−での鍵の開け方の書き込みが大好評?だったので さらに第2弾
今日のお題は ズバリ 自転車のサドルとカラス
サドルにカラスの糞が着いてたりするので防止にス−パ−の袋をかぶせてる人っていますよね
でもその袋を引きちぎられてたりもし
そんなあなたに朗報
壁にぴたっと背中を付いて両手をバタバタしようとすると上手くいかないし前のメリに動いてしまいますね
カラスだって分かるはず
そうあなたももうお分かりですね
サドル部分が壁や電柱とかにぴたっとなる向きにもたれかけるように止めるんです
そうすると あ〜ら不思議 あれほど困らせられたカラスが我が自転車に興味を示さなくなったではありませんか
とは言っても これはサドルだけの話でハンドルなどにはあまり効かないかもですが
これであなたもあのサドルにス−パ−の袋をかぶせるという
ジジ ババ系人から解放されるでしょう キリッ!

若杉久恵(p)さん浜中真人(b)さん清野佳彦(ds)さんでした。いつものメンバーではなく新たなメンバーでと組んだトリオ。
自分の思いとライブとして形作られてた恵まれた編成から飛び出しての一発目。オリジナルも「来てくれた皆さんへの思いを伝えたく」みたいなMCでの誕生日なども


10/11(水)

「コインロッカ−の鍵の開け方」
あちらこちらにある「コインロッカ−」鍵を開けるときに上下の向きが違って
鍵を持ち直し入れ直すことがよくありますよね
鍵を見てこっち側に少し曲がってるからこの持ち方でいいのかなとかって苦労もし
しかし 今 そうたった今からあなたも鍵開けの達人
鍵と一緒にコインロッカ−の番号を書いた楕円のアクリルがついてますよね
右利きならですがアクリル版の番号の書いた方を自分側にしてそれで自然に鍵の向きが正しく収まります
さ〜後はさりげなく鍵を開けるだけです
「あの人なに あの無駄のない 迷いのない鍵を開ける仕草かっこよくない」
と言われる事しきりでしょう  おめでとうございます

森山草汰(sax・leadder)さん丸本彩華(tp)さん長尾和磨(tb)さん金山小春(b)さん佐藤賢(ds)さん松田宇充(p)さんでした。
商大の森山さんでした。彼は人気なんですね。すごいみなさん来てくれてました。ライブが決まるまでのメールのやり取りがいまいち上手くいかなくライブを危ぶんでましたが、ふたを開けてみるととてもしっかりとした内容で、三管を活かし、二部ではいろいろなところに行きたくなる選曲というものまで。来てくれたみなさんへの感謝が現れてました


10/10(火)
「窓から」

海中から見上げると窓

水面は窓ガラス

から顔を出し見える空・雲

水面が閉じてゆく

磯の香を足元へ まとわり上げるように浮いてくのがコツ

はボ−ダ−ダレス

カモメの鳴き声を土産話しに
海深くもどってゆく

今度くる時までに
私に名前をください

次の土産にしたいのです

奥野義典(sax・leader)さん秋田祐二(b)さん北垣響(b)さん舘山健二(ds)さんでした。2ベースでのライブを前にもやっていただいてて
面白そうで今回もやってくれました。と言いつつ今日は10月10日はドラムの日なんですと。知らなかった。で一曲目はドラマーにスポットを当て。からオーネットコールマンやベースソロから劇的にコルトレーンに行き。ロリンズへと。世界一周してるような気分で 笑。
サックスとドラムがベース二人による演奏をかたっずを飲んで聞いてる’そんな場面も。緊張と抜け感満載ライブでした

10/9(月)
「雪虫たちのクリスマスの恋は今夜」

素敵なクリスマスソングを
ギターソロで弾いてくれたけど
99点かな

後の一点は?

演奏中
私を見てくれなかったから
一点減点

メリ−クリスマス

佐々木吉伸(g・leader)さん佐々木秀子(p)さん大沼舞(b)さん丹羽裕彰(ds)さんでした。
佐々木伸彦さんの生徒さん?で岡本広さんを敬愛するギター好きの佐々木さん。昼のライブで一度お願いしてて
今回初夜ジェリでお願いしました。ベースとドラムの方たちは初ですがピアノの佐々木さんは久しぶりで、音に切れがあり
小気味のよい攻めが健在で、聞けて良かったです。ジョンレノンの誕生日という今日、ギターが同じでと。やりなれたメンバーなのか佐々木さんのギターに集まる音’そんなライブでした

10/8(日)
歯茎の手術治療後初少々ランをしに真駒内公園に行ったら
けっこう紅葉してますよ
スト−ブもう つけても大丈夫
あなたは負けてない 笑
ジェリコセッションでした。小樽音座ライブや学際真っ盛りの比較的暖かい中でのセッション。雪待
セッションなどと言ってしまってまるで外し 笑。ドラマーやボーカルさん、サックスも多く来てくれて店内みなさん暑がって扇いでました。まだ冷房入ってるのか分からず。僕はと言えばアイスクリームをおいしそうにいただいてました。レットイットビーまで飛び出し

10/7(土)
「秋食」

食欲の秋

味覚は
いろいろあれど

食器は
大は小を
兼ねるで良い

食うぞ〜
演奏してくれてる方のお父さんがお亡くなりになり告別式に行ってきました
彼のライブの時にはよく苫小牧からご夫婦で聞きに来てくれてました
楽しみにして来た感がほっこりさせてくれてました
ご冥福をお祈りいたします

小板橋由美(p・leader)さん須田祐之(sax)さん秦野義之(b)さん佐藤俊彦(ds)さん涼北みな(vo)さんでした。
小板橋さんによるボーカル入りでのライブでした。いつものドラムは選挙関連でのお仕事でお休みで佐藤さんでした
ボーカルは去年まで東京で活躍されてて今は小樽を中心に活躍されてる方で涼北みなさんというお名前は東京時代から使われてる芸名との事で「涼しい北から来たみなです」と。とてもテキパキされてる歌い方でした。須田さんの歌伴は久しぶりでした
楽しいライブを今回も小板橋さんがやってくれて店内熱気で熱々でした


10/6(金)

「焚き火のまわりに ゆがみ」

炎のまわりに見える空は
とても近く

手を降ろしてくれたなら
きっとサインなんだろう

迎えて あげたい

ゆがんで見える
その空からの招く手なら

手を差し伸べたら
どこに連れてってくれるというのか

トリオ深海ノ窓 吉田野乃子(sax)さん富樫範子(p)さんトタニハジメ(fl.b)さんでした。
ニューアルバムの発売記念には間に合いませんでしたが、その発売できそうな時期の報告がお客さんたちに出来たようです。
で、自然に曲も決まり。客席が外人さんが多く通訳でも活躍してもらいました 笑
深海ノ窓 カモメが翼を広げ飛ぶさまを思い浮かんでは深海ではありえないなとか思ってみたり
音楽も他の活動も熱いこのトリオです

10/5(木)

「天才の秋」

天才の睡眠は
ここまでと

枯葉落ちる前の道に
線を引き

線のその先の景色は
そのロングスリ−パ−たちの
見た夢

そう秋は
怠け者の季節

酒本廣継4 酒本廣継(tb)さん長沼発(g)さん片山沙知恵(b)さん伊藤宏樹(ds)さんでした。
酒本さんによるライブで伊藤さんの入るのはジェリコでは初?でした。
学生から就職をしやめて演奏家としての今とつずってくれたり。で懐かしそうにやってくれたのがエルビン ジョーンズのアンチ カリプソ。敬愛するJ・Jジョンソンからも。メンバーの中に米好きな方がいるので、しっかり米を炊いて打ち上げに備えたりと。

10/4(水)

「女子校」

やめて 黒板に
チョ−クで
キ−って引っかく音

「ほらほら
嫌でしょ〜嫌でしょ〜
あたしだって嫌なんだからね
早くもっと嫌がってよ
やめたいんだからね
キャ〜キャ〜」

キャ〜 キャ〜

池田伊陽(g・leader)さん 島谷佳代(sax)さん井上大介(p)さん請川博(b)さん佐藤俊彦(ds)さんでした。
いつものやんちゃ大人バンドですが、今日は違
います。渋いです。ベースなどウッドベースです。アルコまで聞けました。
カンタループも初めて聞く渋いカンタループでした。実力と幅の広さで深みのあるライブを聞かせてくれました

10/3(火)
「寒さ対策」
寒いですね。手袋、ネックウォ−マ−で自転車
スト−ブをつける方?
僕はまだですが
スト−ブに着いてる綿ボコリ
などを取り除いてからに
された方がと

朝比奈陽里(cl・leader)さん川村英彰(g)さん石川隼(p)さん斉藤直也(b)さん岡本優希(ds)さんでした。
北大ジャズ研の朝比奈さんでした。ディキシーなどでも参加の朝比奈さんの歯切れよく通りのいいクラリネットの音
フルートやクラリネットがマイクなしでゆくと音量は微妙ではあります。そんな時は他のメンバーのくんでくれたバランスが
モノをいいますね。寒い日々温まりました

10/2(月)
「秋は始まりの季節ではなく」

ボ−ルに坂道を
登れとの御告げをいただき

虫にするお辞儀と
同じ角度のあいさつから

その影は
私を見てるのか
すでに背中を見せてるのか

秋晴れの下

〔靴をはくまでは旅は始まらず〕

秋ですもの
きっと深い意味があるに
ちがいないと

その言葉を捧げるばかり

眞崎 純弥(ds, leader)さん谷川 拓真(p)さん小林 亨平(b)さん中川 瑞貴(ts,2st)さんでした。
学園のジャズ研の眞埼さんでした。二部では医大のジャズ研の部長の中川さんを加えてのライブ
あまりテンポなどの変化をつけずテンポに浸り聞いてほしい(想像)、ライブ
中々に渋いライブでした

2017年10//1(日)
「正直者」

自転車整理のおじちゃん

他人の自転車に座って
なにしてんの

そんなに自転車が
好きなのかい

正直者 笑

もう10月の始まりですね。きのう札幌の街中で大きな火災がありました。気を引き締めていこうと思います
鈴木 希望(vo・leader)さん小坂 麻由(p)さん八島 博充(b)さんでした。みなさん昼のライブやマラソン参加後やでのライブに集まってくれて。スタンダードをストレートに歌う鈴木さんの通る声が響き渡ってました。打ち上げもお客さんたちと楽しくやってくれる鈴木さんです


jazz_room201611-2017930.htm