元気健康館



院長のブログ

事業案内


元気健康館

元気健康館は、菊池伸江先生が長年実践の場で開発してきた整体療法(菊池流整体・デュアルROM療法)を基本的な療法技術とした整体療法および整体体操により、お客様のお身体の健康の回復や増進を図ってきました。更に皆様が健康に、そして安心して日々の暮らしをおくっていただけるように、この菊池流整体を普及して行くことを目的として「元気健康館」を設立しました。現在は、

  ・整体治療
 ・菊池流整体指導
 ・菊池流整体体操指導

を、志木市にある治療院および出張により行っています。





院長のあいさつ


元気健康館院長 菊池伸江
1954年、東京生まれ。1974年、女子聖学院短大国文学部卒業。
東京療術学院講師。日本成人予防協会指導員。キネシオテーピング協会指導員。
高校時代に整体に興味を抱き、大学時代から本格的に学び始め、多くの整形外科のリハビリ勤務の経験を基に独自の整体技術を考案。「デュアルROM療法」として登録商標を取得し、菊池流整体を確立。

デュアルROM療法の技術的普及のために整体師を対象とした「菊池流整体スーパーテクニック」と一般の方々が日々の生活の中で無理なくできる様に体操としてまとめなおした「菊池流DR整体体操 -元気な毎日は自分を癒すことから-」の2冊の本を著しています。


院長のあいさつ・・・
身体の不調、身体の痛みは今や現代病と言えます。その多くはストレス身体の歪みが原因となっています。長年に亘り整体の一線に立っていた私は、リンパ・血液の流れを円滑にすれば驚くほど改善効果があることを発見しました。多くの先達が指摘していることで、今更私が改めて言うこともないでしょう。
先達の知恵を学びながら、数多くの症例に接して来た私は、不遜な言い方になりますが、どの本にも書かれていない理論と方法論を発見・開発しました。その一つが登録商標を取得した「デュアルROM療法」です。この療法を元に既に整体治療と整体の指導を行って います。今回、この療法を基本にした誰にでも出来る整体体操を開発しました。これを契機に今まで以上に私の考案した整体術と整体体操を普及させて、一人でも多くの方々が日々を健康に過ごし、人生を豊かにしていただければ、これ以上の喜びはありません。