トップページ   前へ   次へ   最新更新箇所   事務所 現地確認済   事務所 所在地分類   芸能界エンタメ事情   世相・話題のニュース 


千原ジュニア('74年3月30日〜46歳)

千原ジュニア

よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属

京都府出身 / 最終学歴〜京都共栄学園高校中退 ('89年6月中退)

<芸能界の荒波を生き抜く武器> 番組MC × フリートーク

'89年デビュー (当時15歳) (芸歴30年/ NSC大阪8期)
影響を受けた先輩〜ダウンタウン / 同期〜FUJIWARA、加藤浩次、博多華丸・大吉

'15年9月(当時41歳) 一般女性(当時23歳)と結婚

<同学年>
ロンブー淳 ・バナナ設楽 ・ブラマヨ小杉&吉田 ・安住紳一郎 ・稲垣吾郎 ・篠原涼子 ・松嶋菜々子


出演番組の傾向〜フジテレビ 寄り

<笑っていいとも ! レギュラー期間> '08年4月〜'14年3月(最終回) (6年/ 35歳〜40歳)

バラエティ1本分ギャラ〜100万円 ('13年)
バラエティ1本分ギャラ〜100万円 ('12年)


現在の代表番組

  1. にけつッ!! ('08年10月〜/ 34歳〜/月曜日 25時30分〜26時、日テレ)   /  日テレレギュラー


  2. 世界の村で発見!こんなところに日本人 ('13年4月〜/ 39歳〜/火曜日 21時〜22時、テレ朝)
  3. 金曜!ロンドンハーツ (準レギュ) ('99年4月〜/ 35歳頃〜/金曜日、21時〜22時、テレ朝)
    平均視聴率 '09年ー/ '10年ー/ 12,3% (31位/'11年) 13,4% (10位/'12年) 11,9% (21位/'13年)  /  テレ朝レギュラー


  4. 人志松本のすべらない話 ('04年12月〜/ 30歳〜/特番22回〜6・12月の年2回、土曜日、21時〜23時、/フジ)  /  フジ特番レギュラー


  5. おしゃべりオジサンとヤバイ女 ('17年4月〜/ 43歳〜/土曜日、22時30分〜23時、テレ東)  /  テレ東レギュラー


ゴールデンレギュラー2本


過去の代表番組

  1. オモクリ監督〜O-Creator's TV show〜 ('14年10月〜'15年9月 * 11ヶ月/ 40歳〜41歳/日曜日 21時〜22時、フジ)
  2. 人志松本の○○な話 ('09年4月〜'12年3月 * 3年/ 35歳〜38歳/金曜日、23時〜23時30分、フジ)  /  フジレギュラー


  3. やりすぎコージー ('05年4月〜'11年9月 * 6年5ヶ月/ 31歳〜37歳/水曜日、22時〜23時、テレ東)   /  テレ東レギュラー


  4. 超絶 凄ワザ! ('14年4月〜'18年2月 * 3年11ヶ月/ 40歳〜43歳/月曜日 22時25分〜23時15分、NHK)
  5. 着信御礼!ケータイ大喜利 ('05年1月〜'17年4月 * 12年3ヶ月/ 30歳〜43歳/土曜日、24時〜24時50分、NHK)  /  NHKレギュラー


登校拒否・引きこもりで高校を2ヶ月で中退し、15歳でお笑いの世界に入ったため同い年や年上の後輩が多い。
抜群の知名度と人気を誇り満を持して、'96年東京進出するも、(当時22歳頃)東京のバラエティ界に馴染めず苦戦。
'01年3月26日バイク事故(当時26歳)で、生死の境をさ迷うが、多くの先輩芸人に支えられ、芸人としての復帰を決意

これからという時期にバイク事故に遭い、長期入院するなどの不運も重なり、長い受難の時代を過ごす。
事故を機に、"自分の笑いは解る奴にだけ解ればいい"というスタンスから"より多くのお客さんが解るように"へ変化
"ジャックナイフ"と称された無愛想キャラに見切りをつけたことで、親しみやすいイメージが生まれ支持層が広がった。

「人志松本のすべらない話」に出演したあたりから、トークの面白さが注目されはじめ、仕事が増えはじめた。(当時30歳)
'00年から始まった千原兄弟のフリートークライブ"チハラトーク"(当時26歳)は、現在も毎月行っている。



有吉弘行('74年5月31日〜45歳)

有吉弘行

太田プロダクション所属 / 「怒り新党」公式サイト / 公式 Blog & Twitter
"あだ名一覧"サイト 1 2  / "有吉語録"サイト 1

広島県出身 / 最終学歴〜広島県立熊野高校卒 ('93年3月卒)

<芸能界の荒波を生き抜く武器> 番組MC × フリートーク

'94年デビュー (当時20歳) (芸歴25年)
影響を受けた先輩〜ウッチャンナンチャン (特に内村光良) / 同期〜ロンブー、ふかわりょう、劇団ひとり

未婚

<同学年>
草g剛 ・国分太一 ・フット後藤 ・笑い飯哲夫&西田 ・サンド伊達&冨澤 ・ビビる大木 ・吉瀬美智子


出演番組の傾向〜テレビ朝日 寄り

<笑っていいとも ! レギュラー期間>
'97年4月〜'98年9月 (1年5ヶ月/ 22歳〜24歳) & '08年11月〜'10年3月(月1出演) (1年4ヶ月/ 34歳〜35歳)

<現在の担当ラジオ番組> 「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」
('10年4月〜/ 35歳〜/日曜日、20時〜21時55分、JFN)

バラエティ1本分ギャラ〜140万円 ('13年)
バラエティ1本分ギャラ〜140万円 ('12年)

「マツコ&有吉の怒り新党」 1回あたりの番組制作費〜900万円 ('13年)


現在の代表番組

  1. 有吉ゼミ ('13年10月〜/ 39歳〜/月曜日、19時〜20時、日テレ)
  2. 有吉反省会 ('13年4月〜/ 38歳〜/土曜日、23時30分〜24時、日テレ)
  3. 究極の○×クイズSHOW!!超問!真実か?ウソか? ('16年5月〜/ 42歳〜/金曜日、20時〜21時、日テレ)
  4. ヒルナンデス ('11年4月〜/ 36歳〜/金曜日レギュラー、12時〜14時、日テレ)  /  日テレレギュラー


  5. マツコ&有吉 かりそめ天国 ('17年4月〜/ 42歳〜/水曜日、23時15分〜24時15分、テレ朝)
    平均視聴率 11,6% (34位/'12年) 11,9% (21位/'13年)
  6. 金曜!ロンドンハーツ ('99年4月〜/ 35歳頃〜/金曜日、21時〜22時、テレ朝)
    平均視聴率 '09年ー/ '10年ー/ 12,3% (31位/'11年) 13,4% (10位/'12年) 11,9% (21位/'13年)  /  テレ朝レギュラー


  7. 有吉弘行のダレトク!? ('13年10月〜/ 39歳〜/火曜日、22時〜23時、フジ)  /  フジレギュラー


  8. 桜井有吉THE夜会 ('14年4月〜/ 39歳〜/木曜日、22時〜23時、TBS)
  9. 有吉ジャポン ('12年10月〜/ 38歳〜/金曜日、24時20分〜24時50分、TBS)   /  TBSレギュラー


ゴールデンレギュラー7本


過去の代表番組

  1. スター☆ドラフト会議 ('11年4月〜'13年3月 * 1年11ヶ月/ 36歳〜38歳/火曜日、22時〜23時、日テレ)
  2. ウーマン・オン・ザ・プラネット ('12年10月〜'15年3月 * 2年5ヶ月/ 38歳〜40歳/土曜日、23時30分〜24時、日テレ)
  3. ネプ&イモトの世界番付 ('12年4月〜'13年12月 * 1年8ヶ月/ 37歳〜39歳/金曜日、20時〜21時、日テレ)  /  日テレレギュラー


  4. マツコ&有吉の怒り新党 ('11年4月〜'17年3月 * 6年/ 36歳〜42歳/水曜日、23時15分〜24時15分、テレ朝)
    平均視聴率 11,6% (34位/'12年) 11,9% (21位/'13年)
  5. くりぃむクイズ ミラクル9 ('12年1月〜'14年3月 * 2年2ヶ月/ 37歳〜39歳/水曜日、20時〜21時、テレ朝)
    平均視聴率 11,1% (40位/'12年) 12,2% (16位/'13年)
  6. 内村プロデュース ('00年4月〜'05年9月 * 5年5ヶ月/ 25歳〜31歳/月曜日、23時15分〜24時10分、テレ朝)   /  テレ朝レギュラー


  7. キカナイトF ('11年7月〜'12年9月 * 1年2ヶ月/ 37歳〜38歳/金曜日、23時〜23時30分、フジ)
  8. おーい! ひろいき村 ('14年10月〜'16年3月 * 1年5ヶ月/ 40歳〜41歳/土曜日、19時〜20時、フジ)  /  フジレギュラー


  9. クイズ☆スター名鑑 ('16年10月〜'17年1月 * 3ヶ月/ 42歳/日曜日、19時〜20時、TBS)
  10. クイズ・タレント名鑑 ('10年8月〜'12年3月 * 1年7ヶ月/ 36歳〜37歳/日曜日、20時〜21時、TBS)
  11. 有吉AKB共和国 ('10年4月〜'16年3月 * 6年/ 35歳〜41歳/木曜日、24時55分〜25時25分、TBS)

  12. もてもてナインティナイン ('11年11月〜'14年3月 * 2年4ヶ月/ 37歳〜39歳/火曜日 19時〜20時、TBS)
  13. 今、この顔がスゴい! ('13年4月〜'14年3月 * 11ヶ月/ 38歳〜39歳/木曜日、22時〜23時、TBS)
  14. 爆問パワフルフェイス! ('11年4月〜'11年9月 * 5ヶ月/ 37歳/水曜日、20時〜21時、TBS)
  15. 爆問パニックフェイス! ('10年10月〜'11年3月 * 1年5ヶ月/ 36歳/水曜日、20時〜21時、TBS)  /  TBSレギュラー


'94年森脇と"猿岩石"を結成。'96年「進め!電波少年」のヒッチハイクの旅で話題になり、帰国後大ブレイク(当時22歳)
ヒッチハイクの旅で人気者となり、CDや著書が爆発的に売れるも、間もなく人気は低迷し仕事が激減
低迷期の約7年間仕事が無く無収入で、ブレイク時代の貯金4,000万円と、竜兵会のメンバーの支えにより生活

低迷期、評価してくれたのは、"内村・さまぁ〜ず・ダチョウ倶楽部"だけで、それが芸人を辞めなかった唯一の理由
'04年頃から、「内村プロデュース」に度々出演し、数年ぶりの全国区の番組への出演を果たす。(当時30歳頃)
'05年秋、「ものまねバトル」に初出場し、十八番の"哀川翔"でものまねバトルレギュラーを掴み取る。(当時31歳頃)

「アメトーーク」('07年8月放送)で、品川に対し、"おしゃべりクソ野郎"というあだ名を命名(おしゃクソ事変)(当時33歳)
'07年頃から、"あだ名の命名"をきっかけとして"毒舌キャラ""イジりキャラ"と認識され再ブレイク



このページの先頭へ
トップページ   前へ   次へ   最新更新箇所   事務所 現地確認済   事務所 所在地分類   芸能界エンタメ事情   世相・話題のニュース