A&R Lab
トップページへ! 技術情報のページへ! 製品情報のページへ! オーディオ機器改造例のページへ! 弊社紹介のページへ!








出川式電源機能音質評価用 デモスピーカー

音質改善メカ「MGES」搭載
バッフル面以外を全面整形合板ラウンド方式採用
初の可搬性を向上させる上下分割式構造



WOOD WILL社ホームページをご覧ください



  AES(Audio Engineering Society Inc.)は、米国ニューヨークに本部を置き、日本をはじめ世界各地に支部を有するオーディオ技術者、研究者など専門家の団体で、オーディオに関する唯一の国際組織です、
 ここに2005年に“1900年初期に開発されたコンデンサ・インプット回路は負荷電流が毎サイクル2回約10%の欠落がありますよ、解決策には第2世代シリーズ電源回路がありますよ”と論文発表しました。

 コンデンサ・インプット回路を使った電源は過去100年の間、毎サイクル2回約負荷電流が10%欠落するため、理論的には音声信号がぶつぶつ切れた状態で聴かされている事になります、音声信号が切れることで音楽のピッチが変わり変調された音楽を聴かされていることになります。

 しかし人間の耳はストレスを感じながら自然界の音とちがう音楽を聴かされていました、出川式電源(第二世代シリーズ電源+CPM)は負荷電流の欠落を補うことで、より自然界の音に近い音楽を聴く事が可能になりました。



AMP 山水 D607
CDP マランツ CDー6002
カプリス ノーマル電源、出川式電源切り替え試聴可能





出川式電源改造使用機器
CDP EMT981 出川式定電圧電源改造済み 
アーノルド・アクティブフェーダー 24V 出川式定電圧電源改造済み
山水 BA-FI 出川式定電圧電源改造済み
真空管 AMP PX4 BELL AIR : SX-202DIVERTIMENTO 出川式定電圧電源改造済み

   





 





 ギャラリー花御堂内・邪宗門には、スピーカーはJBLパラゴン、
Feastrex製励磁型5インチスピーカ 電源は出川式定電流電源その他出川式電源改造使用機器

CDP EMT981+ルビジュームクロック、出川式定電圧電源改造
アーノルド・アクティブフェーダー 24V 出川式定電圧電源改造

AMPはEL34PP、211など、出川式定電圧電源改造が聴けます。

ライブも行っています、ミキサー、AMP、は電源改造ずみ。




前園サラウンドラボ研究所
前園サウンドラボ研究所
中野区新井4-32-12緑苑台コーポ101

出川式電源改造使用機器
スピーカー  フィーストレックス製
     Naturflux‐5 Exciter +最強の出川式励磁電源。
AMP 山水AU-X11 出川式電源改造
CDP DENON 1650G 出川式電源1ppmクロックに改造

アコーステック楽器の質感、楽器の出す楽音のピッチの正確さ、アタック音の早さ等、今までのシステムでは体験したことのない世界が体験できます。




 アリオンAMP
最初に出川式電源を搭載したメーカー





あなたは変調された、音楽を聴かされていませんか?

オーディオ機器の電源、従来電源(コンデンサ・インプット回路)では負荷電流欠落が毎サイクル2回(約10%)存在します。電源の欠落は音声信号欠落につながり、信号がぶつぶつ切れています。これは音で聴くと原音が変調された音になります。

ピアノのタッチ音の頭が消えると前の音が伸びて、音楽ピッチの不正確さとなり、音符がみじかくなります。また電源の欠落はノイズを発生させますノイズは音声信号とブレンドされアンプで増幅されるため、自然界の音と違った音を作ります。SPから出る音が自然界の音のように広がらず小さな音源を作り出します。従っていつも変調された音楽を聴かされていることになります。

AES東京コンベンション2005,2007で技術発表された、論文読んで見て下さい。
バッテリー電源を越える出川式電源はこれらを一挙に解決します。

 出川式電源の音楽再生時の三つの特徴
1) 出川式電源を使用すると、音楽のピッチが正確に再生されます。楽譜の音符が正確に再生されます。つまり従来電源ではピアノのタッチ音などが電源欠落(約1ms/毎サイクル二回)の時間帯に重なれば、音源の音声信号は音楽のピッチ、楽譜の音符が正確に再生されません。欠落部分は前の音を聞かされていることになり、変調された音楽を聴かされていることになります。

2) 自然界の音の広がり、倍音再生が出来ます。ご自宅のリスニングルームがホールと同じホールトーンが聞けます。従来電源では欠落で発生する電源回路自体の高調波ノイズが音声信号とブレンドされ、AMPで増幅されるため、スピーカーが出す音に音声信号プラスノイズが含まれてしまいます。音の広がりが不自然になり、音が自然に消えていく現象が再現できず、倍音領域にノイズが重畳してしまうため倍音再生ができていません。出川式電源はノイズの発生がなく、これらを解決し、楽譜のスコアに忠実な音楽再生を聴くことが出来、音楽を聴く感性がかわってきます。

3) 第二世代シリーズ電源+CPM。
従来電源はただ間欠直流を送り出すだけでしたが、出川式電源は完全な直流の送り出しと、直流を流した時、回路上のインダクタンス成分で発生する逆起電圧を処理する回路を付加することで正確に音声信号を再生することが出来高音域の響き、低域の切れ味が従来の再生装置では味わえない音がスピーカーから再生されます。

Yahooまたはgooで出川式電源,出川三郎、A&R Labを検索してみてくださいいろいろな書き着込みがあります。



オーディオ機器の改造例









A&R Lab