本文へジャンプ
49:土山


東海道を歩く (49:土山宿) 11km
(写真は東海道伝馬館)
鈴鹿峠から、ほぼ国道1号に沿って緩やかな下り坂を
約6キロ、道の駅「あいの土山」に到着しました。

道の駅で、キツネうどんを食べて、一休みします。
でも、いったん座ると、今度は、膝が痛くて、直ぐには
立ちあがれません・・・

道の駅の隣の店で、写真の名物「かに坂餅」を買います。
本物の竹の皮に包まれた、べっ甲色の手づくりの飴です。
甘くはなく、素朴な味のアメです。
水飴をゴザの上にたらし、コテで押して平たくして作る
そうで、そう言われれば、イ草の筋と香りがついて
いました!

土山(つちやま)宿は、住所でいうと、滋賀県甲賀(こうか)
市土山町です。
そう、忍者で有名なあの”甲賀”です。

土山宿は、道の駅「あいの土山」の裏側の道から始まります。

家々に屋号が掛けられた連子格子(れんじこうし)の
落ち着いた町並みです。



一里塚跡、旅籠跡、問屋場跡と続きます。






そして、土山本陣跡には、写真の様に、往時を偲ばせる
立派な建物がありました。



下の写真の東海道伝馬館は、宿場や伝馬制度をテーマ
にした入場料無料の展示館です。







しかも、案内のおばさんが、名産の土山茶をサービスして
くれます。
おばさんの話によると、この町の裕福な議員で、東京へ出る
際に、この東海道伝馬館の建物を町に寄贈したそうです。
当主は、ごたぶんにもれず、都会へ出てしまわれて、と、
土山宿を愛するおばさんは、寂しそうに話しました。

”これからどう行かれるんですか?”と、おばさんに聞かれ、
膝が痛いけど、頑張って次の約11キロ先の水口宿まで
歩かざるを得ない、という状況を説明します。

”確かに、関宿からJR貴生川(きぶかわ)駅までのバスは、
一日に1本のみですが、この土山からなら、JR貴生川駅
行きのバスが、1時間に1本ありますよ。”
”え〜っ!本当ですか!!”

”国道1号は、旧東海道に並行して走っているので、膝が
痛いときは、いつでも国1号に出てJR貴生川駅行きのバスに
乗れば良いですよ。
バスの時刻を調べてきますね。”
ラッキー!!

困った時は、やはり地元の人に相談してみるもんだ!
良かった!
膝痛を抱えて途方に暮れていましたが、助かった!

おばさんが、時刻表をメモした紙をくれました。
親切に心から感謝!

東海道伝馬館を出て、旧東海道を歩けるところまで歩く
ことにします。

旧東海道は、写真の様に、延々とカラーで舗装され
ていて、道を間違えることがありません。

土山宿の史跡で、車の二人連れと何度も鉢合わせします!
土山宿を抜けてからも、下の写真の行く先々の史跡で
鉢合わせします。



車と抜きつ抜かれつ?の旅になりました。
こちらは徒歩、先方は車だから、長い距離を、抜きつ
抜かれつ?は、変ですよね。
話を聞いてみると、母親と息子で、仕事で、日本橋から
京都までの東海道53次の写真を撮っているそうです。

土山の旧東海道は、歩いても歩いても、茶畑ばかりです。

頑張って歩き続けますが、膝が痛くて、もうこれ以上
歩けません。
 ついにギブアップです!

東海道伝馬館のおばさんに教わった通り、旧東海道が国道1号
と交差するところに、JR貴生川駅行きの若王子前バス停が
あました。
明日の朝、また、若王子前バス停からスタートすることにして
バスに乗ります。
バスに乗ると、乗客は、終点のJR貴生川駅まで私一人だけ
でした。

土山宿から水口宿まで約11キロです。
(但し、土山宿から若王子前バス停までは約6キロです。
 明日、残りの5キロを歩きます。)

             00:目次へ戻る