のっぽろカウンセリング研究室

札幌、江別、岩見沢、恵庭など、札幌圏の方々に、カウンセリング・心理カウンセリング・精神療法をボランティアで提供し、それと同時に対人援助実践について研究を行います。このサイトは、大学に籍を置く研究者が札幌市の近郊江別市で心の無料相談を行い、この分野の研究を推進させていただくために、相談者の皆様に向けて情報を発信するものです。皆様のメンタルヘルスに貢献するために、多くの方々の当カウンセリングルームのご利用をお待ちしています。

サイトマップ

現在の受け入れ状況

Welcome to the Nopporo Counseling Room

の っ ぽ ろ
カウンセリング研究室




ご 挨 拶            プロフィール

相談の内容  心理相談の種類 どんなことが行われるのか ご利用の条件


相談の流れ     予約・問い合わせ    料金(無料)のこと     開室時間

アクセス        守秘と倫理



専門家向け

カウンセリング文献ガイド:


文献ガイドの基本的なキーワードです。多声性の精神療法; ポリフォニー; ユダヤ的対話思想; 人間性心理学; 治療的アセスメント; ロールシャッハテスト; MMPI; ゲーテ自然科学; バフチン; ヴィゴツキー; ジャネ; ミード; シュテーケル; ワロン; メルロ=ポンティ; ウィトゲンシュタイン; ライヒ; カイザー; シャピロ; ランク; ロジャーズ; ユング; 芸術と視覚; 現象学; 精神病理学; スクールカウンセラー; 臨床心理士; 札幌; 心の相談; 人生相談; 離婚相談; その他。

研究会のご案内


初心者向け

臨床心理学研究 方法論ノート  心理療法論


相談者向け

 心理カウンセラー・リンク集   コラム・カウンセリング    こんなにある ! 心理療法



Google

アクセスカウンター

 E-mail to TAZAWA
カウンセリング札幌ブログ

(C)Copyright Yasuhiro Tazawa since 2010 All rights reserved
札幌・江別の"のっぽろカウンセリング研究室"
田澤安弘

 生きているかぎり、人は悩み苦しみからすっかり逃れることはできないのかもしれません。自分や、家族や、対人関係のことなど、頭を悩ませ、胸が痛むときがあるものです。自分でどうにかしようと思っても、どうすることもできず、いつのまにか深い悲しみから自力では抜け出せなくなることもあるでしょう。そのようなときに誰かに相談して話してみると、気が楽になることがあります。しかし、身近に、自分が暮らす札幌に話を聞いてくれる相手がいなければ、それもかないません。そんなときには、当心理相談室の無料カウンセリングを遠慮なくご利用ください。心理カウンセリングを札幌でお求めの方に、ゆったりとした安らぎのある時間を提供いたします。

 また、現代は、こころの健康問題を解決することが急務になっております。札幌もそうです。さまざまな精神疾患や、うつ病、ノイローゼなど、心の病は益々増加する一方です。心の専門家が行うカウンセリングや心理相談は、心療内科や精神科クリニックの医師による薬物療法などの医学的治療とは異なるのですが、それには精神的な苦痛を緩和できる可能性があります。ちょっとした悩みごとの苦しみから、心の病からくる苦痛まで、広くカウンセリング札幌をご希望の方は、どうぞご連絡下さい。

 札幌に生きる私のカウンセリング・スタイルは、とてもオーソドックスです。相談者のお話に、ひたすら耳を傾けるのです。心理的なアプローチとしては、精神分析、認知行動療法、ゲシュタルト療法などがあるのですが、その意味では来談者中心療法に近いかもしれません。それに加えて、最近は「声の心理療法」を実践しております。こころの中に住みついて鳴り響いている暖かみのある声や、自信を奪う厳しくて冷たい声たちとの対話を促進することで、自信回復をはかる方法です。もちろん、ただお話を聞くだけでなく、適切なアドバイスを行うこともあるでしょう。相談者に合った適切なカウンセリングを、札幌市の隣町江別にて提供いたします。

 人のこころを札幌の気候にからめて表現すれば、こうなるでしょうか。北海道の札幌は季節のはっきりした土地で、特に冬場は厳寒のなか人々は風雪に耐えなければなりません。厳しい冬を乗り越えて、はじめて春がやってくると言えるでしょう。このような自然の中で育まれた風土があり、人々はその中で自然を謳歌しながら生きているのかもしれません。カウンセリングに訪れるクライエントのこころは、いつも厳冬の中に置き去りにされたままで、なかなか春がやってこない状態なのかもしれません。春・夏・秋・冬という季節が喜怒哀楽という感情だとすれば、彼ら/彼女らはすべての感情に対して自然なかたちでは開かれていないのでしょう。こう言えるはず、クライエントのこころは、春を待って閉ざされているのだと。このような意味で、私の目指している心理相談とは、札幌に住むクライエントのこころに季節のめぐりが回復し、生き生きとした心の自然を享受することができるようになるところを目指すものなのかもしれません。

 最後に、カウンセリング・ルームを開設して以来、多くの相談者の方々より申し込みや問い合わせをいただき、感謝いたします。札幌の近郊に位置し、比較的アクセスにも恵まれており、広く札幌圏全域のクライエントの方々に利便性が高いのでしょう。しかし、一人の臨床心理士が心理カウンセラーとして応対可能な人数にはかぎりがあって、しばらくのあいだクライエント様には予約待機をお願いしたり、新規のカウンセリングの受け入れをストップする場合もございます。たいへんご迷惑をおかけして恐縮ですが、お申し込みの際には、このページの右上に赤字で書かれた
現在の受け入れ状況をご確認ください。当研究室は、江別市のみならず、札幌とその近郊の方々に開かれた心理相談室です。これからも、どうぞよろしくお願いいたします。


カウンセリングを札幌で・・のっぽろカウンセリング研究室



このサイトはリンクフリーです。コンテンツの無断転載はご遠慮ください。
G+