本文へスキップ

信州松本で一番新しい太鼓集団 和太鼓 花水木




プロフィールprofile

和太鼓 花水木は、「誰でも気軽に楽しく・・・」を目指しています。

組織・役員

役職 名前 その他
代表 召田 正康 代表とは言っても、チームのためなら
なんでもやりまっせ!
副会長 只今立候補者募集中
会計 只今立候補者募集中
和太鼓 花水木

和太鼓 花水木 の誕生

地元地方紙に”和太鼓初心者講座”の募集記事が掲載された。  
「いつか太鼓をたたいてみたい」と思っていた私は、息子を巻き込み参加申し込みした。
初めて撥を握る60代から小学2年生までの9名が集まり、2時間の講座を4回受講。
「わっしょい」という曲をマスター(って言っちゃっていいのかなぁ・・・)
本来ならこれで解散となるはずでしたが・・・
どこからともなく、「えっ、もうおしまい?」との声があがった。
「せっかくここまで叩けるようになったのに、もったいない」という気持ち(ってか勘違い?)で参加者全員一致。
一番驚いたのはこの講座を企画しでくださった百瀬さん(和太鼓鳴桜主宰)。
でも、根っから太鼓大好き人間の百瀬さんは、
「練習場手配など、皆さんで運営していただけるなら、お手伝いしますよ!」ってことで、
受講者9名中5名で始まったのが”和太鼓 花水木”です。
たった5名で始まった、和太鼓花水木。
24年秋から「あること」を機会に入会希望者が激増したのです。

「あること」とは・・・

和太鼓鳴桜主宰の百瀬さんが市内の某小学校の音楽会で、児童65人が12台の太鼓を打つ。65人太鼓という偉業を成し遂げたのです。
これを見て感動されたお母さんやご兄弟が、「私たちも和太鼓叩きたい!」と言うことになったわけです。
おかげさまで一時は21名の大所帯。
今は17名で日々練習しています。
小さな子が多いので、
彼や彼女たちが大きくなる、数年後が楽しみです。


今の私の秘かな願い・・・
無料講座の休み時間に百瀬先生に話した私の住む町内の話。
以前は某所から和太鼓団体をお招きして、賑やかな夏祭りでした。
しかし今は、お招きする団体さんが高齢化のため、夏祭りに参加いただけなくなりまた。
そこで、いつかは自分の町内の夏祭りで、太鼓をたたき「賑やかな夏祭りを取り戻したい。」これが私の秘かな願い・・・