俳句と、やきものと、季節の話題のサイトです。花や鳥のこと、染付、色絵、赤絵の四季折々の器のことなど、ごゆっくりどうぞ。「うつわ歳時記」は、2001年4月1日に開始しました。「今月の表紙」は毎月第一月曜日に、「工房より」は毎月曜日に更新します。 石川県加賀市 橋本薫(おるか)、橋本俊和(オットセイ)

うつわ歳時記

 各地から花の便りの届く頃となりました。花を探してピクニックに出かけたくなりますね。とは云うものの、出不精の私は裏山の山桜と庭の枝垂れ桜で、ほぼお腹一杯な気分です。

 蕪村に「二本の梅に遅速を愛すかな」という梅好きな蕪村らしい風流な句があります。裏山の、我が家の屋根を挟んで右手と左手に一本づつ桜の木があるので、私も蕪村に倣って、ふたもとの花の木の遅速を楽しみに眺めるこのところです。

 さて、写真手前の祥瑞手の八寸皿にはサンドイッチ二種。ホウレンソウのお浸しとゴーダ・チーズ。それとスモーク・サーモンにアボガドです。辛子マヨネーズをたっぷり塗って挟むだけなので、とっても簡単美味しい定番サンドイッチです。お皿は花の木に二羽の鳥が遊ぶ図柄です。

 左奥は、クロワッサンにフルーツサラダを挟んだもの。クリーム・チーズを塗っていますが、何もぬらなくても別にいいのでこれも簡単。お皿は染付の藻の花に色絵のお魚や水玉が飛んでいる楽しい図柄です。水の中も春めいてきたことでしょうね。  真ん中の色絵さくら紋様八角小皿には。もと大統領クリントン氏がお好きだというピーナツ・バターにバナナのサンド。おやつがない時に、たまに作ります、クリントンサンドと呼んでいます。

 何にでも使いまわしている赤絵の果実紋様の平鉢にはコーン・スープに加賀の手鞠麩を浮き実にしてみました。かわいい。お麩大好き。  薄紅色の雲州和紙に、庭の桜を描いたんですが、まったく見えませんね。

 今年はどんな花に出会えるでしょう。「さまざまなこと思ひ出す桜かな 」「命二つの中に生きたる桜かな」芭蕉の花の句はどれも良いですね。「命二つ…」の句など、花の木の下で出会ってこんな句を作られたら服部土芳でなくとも「一生付いて行きます!」っとおもいますよね〜。

 本当にさくらは人に、ものを思わせる花ですね。 芭蕉の句の後に自分の句をだすのは、ものすごく気が退けますけど、今更言うまでもないことですので。

 

   骨白く拳に浮かぶ花の昼  おるか   

2017年4月3日