俳句と、やきものと、季節の話題のサイトです。花や鳥のこと、染付、色絵、赤絵の四季折々の器のことなど、ごゆっくりどうぞ。「うつわ歳時記」は、2001年4月1日に開始しました。「今月の表紙」は毎月第一月曜日に、「工房より」は毎月曜日に更新します。 石川県加賀市 橋本薫(おるか)、橋本俊和(オットセイ)

うつわ歳時記

 

「梅雨入り前の、若く明るい緑の輝き。まだ汚れを知らないのでしょう。水辺をイメージした今日のテーブルを雲の影が通り過ぎます。 。  

写真中央、染付鴨池紋飯碗に豆ごはん。豆の緑って独特です。焼き物にも豆彩と云って、染付と色絵を併用した作品があります。色絵は普通、輪郭線も上絵で描きますが、豆彩は染付で描くので、明るく瀟洒な印象があります。私も、一時よくやってみたんですが、そういえばこのところ作ってませんでした。また何か作ろうかな。

 下敷きの絵は羊草です。葉が羊のひずめのようだからこの名前なのでしょうか。花は白く可憐です。 そのあちらこちらに、鯰、魚、龍、亀。の箸置き、そして、カエルの香合など水辺の生き物たちあれこれ。 蓮の花の向付けに加賀の橋立漁港に今朝あがったお魚の御造りです。加賀は海も山も近くて、美味しいものには事欠かない土地柄です。

 右側に、加賀簾麩と細い山蕗の炊き合わせ。隠れてしまっていますが、小舟が描いてあって、それで水辺を巡る趣向だったんですけど、まったく見えませんね。 左側の荷葉形の小向付も、魚と藻の花など、隠れてます。

その上の朝顔の蕎麦猪口には能登モズクの酢の物、焼きイカが入ってます。 そして、五彩のお湯呑みと蓮の葉小鉢。小鉢は豆彩ではなく、ふつうの色絵の蓮の花が染付の上に描いてあります。中身はワカメの方が多いみたいな冷ややっこです。海藻もこの季節美味しいですよね。ジュンサイを探したけれど旬のものがなかったのが残念でした。地元の食材が豊かなのは嬉しいけど、逆に地元にないものは入手困難なんですよ。

前に、このところ、アナグマや猿がベランダをうろつくなど、これまでになかった自然の変化に気づかされると書いたか、と思いますが、うれしいこともあります。 翡翠が家の前の川に居ついてくれたみたいなのです。ヤマセミがいるのに翡翠を見かけなかったのですが、川筋を青い光になって遡上していきました。美しい。

 

 

青嵐一つ願ふなら翼    おるか    


2019年6月3日