俳句と、やきものと、季節の話題のサイトです。花や鳥のこと、染付、色絵、赤絵の四季折々の器のことなど、ごゆっくりどうぞ。「うつわ歳時記」は、2001年4月1日に開始しました。「今月の表紙」は毎月第一月曜日に、「工房より」は毎月曜日に更新します。 石川県加賀市 橋本薫(おるか)、橋本俊和(オットセイ)

うつわ歳時記

 北陸は今日も雨模様。梅雨の最中のどんよりした空気に、気持ちも俯き加減になりそうです。 こんな日はさっぱりとそーめんなんか良いですね。器も染付ばかり使いやすいものを取り合わせました。実が付き始めた山椒をてーぶるに散らして青い香りを楽しみました。

 手前は朝顔蕎麦猪口。朝顔模様はこの季節の定番ですね。俳句も枚挙にいとまがありません。

   朝顔に我は飯食ふ男かな    松尾芭蕉

   朝顔の紺の彼方の月日かな   石田波郷

   朝顔や百たび訪はば母死なむ  永田耕衣  

 名吟ばかりですね。

 草の葉形の豆皿に薬味をすこしづつのせるのは楽しいものです。ところがはしゃぎすぎて、なんとお葱を台所に忘れました。

 右側の蕎麦猪口は夏草模様。さらっと萌木色と黄色が指してあります。左の線香花火蕎麦猪口も花火に赤や黄色が指してあります。

 蓮華型の向付けには、青豆豆腐にじゅんさいをそえてすずしそう。。古染付写しの向付けは、薄手ですが立体感があって力強さがあると自負しております。 同じく蓮の花図の小鉢に、焼き鯖と焼き胡瓜をポン酢であっさり味付けしたもの。隣の葉っぱ形の向付けは、小鮎の揚げびたしです。 

 そして木の葉型大皿に御そーめん山盛り。海藻サラダを散らすのが我が家流です。  その向こうの手つき鉢に氷室饅頭。七月一日を氷室の日と言って、この日、氷室饅頭を食べると風邪ひかないとか。実は六月中は風邪をひいてばかりだったので、藁にも縋る気持ちで買いました。

 赤絵唐草菓子鉢の見込みには色絵で牡丹が描いてあります。 調理している間日が射すときもありましたが、写真を撮るにはやはり少し暗いようでしたね。

 

   朝顔の白咲き継ぐや母居まさず  おるか  

2017年7月3日