俳句と、やきものと、季節の話題のサイトです。花や鳥のこと、染付、色絵、赤絵の四季折々の器のことなど、ごゆっくりどうぞ。「うつわ歳時記」は、2001年4月1日に開始しました。「今月の表紙」は毎月第一月曜日に、「工房より」は毎月曜日に更新します。 石川県加賀市 橋本薫(おるか)、橋本俊和(オットセイ)

うつわ歳時記

緑の季節


 まばゆい緑の季節。そして白い花の季節。木陰で読書も、新茶を楽しむも,何をしても気持ちの良い時節です。


 筍をいただいたので、山菜・筍御飯をたくさん作りました。今日はその残りを使って、ちょっと中華風(?)な炒め御飯です。そこで、本日は無国籍風ランチです。


 右上の小鉢には山うどの漬物.糠床を出たときは早緑でしたのに、あっというまにこんな色になってしまいました。かなしい。 真ん中の瓜形鉢はカツオのたたきのマリネにセロリとトマト、ベランダのイタリアンパセリをちょっとそえてイタリアンっぽいサラダ。 左の、ひし形の皿は筍のゴロゴロ入った 韓国風チョレギサラダです。椿尽くしのお皿はチキンと小松菜の炒め物これは、日本風なんでしょうか。 マグ・カップに、つる薔薇を描いてみました。三個だけ作ってみたもの一つです。あかるいかんじになったかな。 


 花は山芍薬です。薄い薄い花びらに日の光が透ける、痛々しいほど白い花です。芽をだした時から毎日眺めて楽しみにしていた蕾がやっと開きました。風が出てきたから、もう、散ってしまうんだろうなー。 


 手前のお箸、行儀わるいですね。鶏箸置きと相性がわるいのか、すぐこんな風に開いてしまうんです。素朴な味わいが好きなんですが、太目でしっかりしている分自己主張があるみたいです。


 筍の話に戻りましょうか。ここ数年、地元の筍をたべられずにいます。猪がみんな食べてしまう。からです。筍が地面から頭も出さないうちに嗅ぎつけて掘り出してしまうので、人間は到底太刀打ちできません。天敵のいない猪はここのところかなり増えているみたいです。竹の秋という季語があるように、この頃は竹落葉が谷を越えて舞い降りてきます。常緑の竹とはいえ、ちゃんと新しい葉に更新しているんですね。新芽の先に、朝露を纏った若竹の姿はきれいなものです。 最近はあまり見ませんが、竹酔日という季語もあります。が月十三日ごろでしょうか。この日に竹を移植するとうまくいくんですって。試したことはありません。そうでなくとも竹やササを庭に植えると増えすぎて困るくらいですものね。  この竹の生命力は古代の人間には印象が強いのではないかと思いましたが、意外に竹の歌というのは少ない。それでも大好きな歌もあります。



我が宿のいささ群竹吹く風の音のかそけきこの夕べかも  大伴家持  


  竹のはずれの音は、神の神託とされたりもしました。確かに竹のはずれの音が聞き分けられたら良いでしょうね。  

     母病むや竹酔日の雨となり  おるか

2017年5月1日