俳句と、やきものと、季節の話題のサイトです。花や鳥のこと、染付、色絵、赤絵の四季折々の器のことなど、ごゆっくりどうぞ。「うつわ歳時記」は、2001年4月1日に開始しました。「今月の表紙」は毎月第一月曜日に、更新します。 石川県加賀市 橋本薫(おるか)

うつわ歳時記


あけましておめでとうございます。


新しい年、良きこと多かれと祈らずにはいられません。年末からの大雪に悩まされてはおりますが、今のところはまだ、屋根の雪を下すレヴェルではありませんから、風情と言っておきましょう


こうして新年だ、初春だと言っていると、何となく雪雲の奥に明るさが見える応な気がしてきます。


 手前の八寸皿に、チーズにトマト、おでんの具材のつみれとウズラの卵などなど、小さくて丸いものを並べてみました。〇や卵型は魂の形です。虎の子たちも欲しくてたまらないみたいですね。


 敷いている木の葉は枇杷の葉です。今の季節にみどりの広葉がありがたい。枇杷は東洋医学では大薬王樹と呼ばれています。さまざまの薬効があるそうです。葉っぱをお風呂にいれたりしますね。葉には少量の青酸が含まれていると聞いたことがあります。青酸カリと言えば殺人事件につきものの有名な毒ですが、猛毒も使い方次第では起死回生の妙薬ともなる。逆に言えば、良い薬も使い方によっては体に悪い。偽薬、プラセボも、よく効くそうですし、何事も単純に決めつけられるものではないようです。



左の虎の子四方豆皿に、柚子大根。 山中塗のお椀に丸い草餅、椿のお皿にも巣ごもり卵。あたらしい魂を身に帯びて、焼き物も俳句も今までに作ったことのないようなものができるといいな。


 真昼間の天に音なし鏡餅  おるか



蒼穹の丸みって鏡餅の丸みににているとおもいませんか。よろしければブログも御覧になってくださいね。


ブログはこちらです。 はてなブログ「やきもの日和」山里の日々の暮らしあれこれ。御笑覧ください。

連句は、おなじ、はてなブログの「かがなべて」に。十月の歌仙更新しました。「ほととぎす」の巻名残の表。

エッセーは『とちの木の実」に。「須田菁華と魯山人」について九谷焼美術館での展覧会の折りのエッセーをアップしました。紅葉狩り 那谷寺 御笑覧ください。

「やきもの日和」表紙、更新しました。 

折々のことを里山歳時記として書いています。  今月の俳画。

里山のあれこれ更新中です。

「かがなべて」に以前の歌仙の清書を載せています。『青梅雨の巻」アップしました。

 

エッセーのブログ『とちの木の実」三島広志句集「天職」感想アップしました。素晴らしい句集です。写真は私信を撮っちゃいました。私の普通の手紙ですので。


遠山桜治らぬ人に触れてきし  三島広志  

    星へ打つ草矢一閃ひと日終ふ  三島『とちの木の実」に載っております。

なぜか、菊は、食べたり焚いたりする句の多い私。せめて菊枕の句つくりたい。


   遠山に日は濃し菊を食ぶる音   おるか        

久しぶりに菊の葉の天ぷらたべたくなった。

2021年11月10日


展示会のお知らせ
3月29日から4月9日まで日本橋高島屋で四季の味、春の食器展をしております。お知らせが遅くなりましたが御ついでの時にでもご覧になっていただけたら嬉しく存じます

詳しいことは後ほどお知らせいたします。