伝忠山東勝寺

  東勝寺(とうしょうじ)は、高針字北島にある。伝忠山と号し、真宗大谷派に属する。
  東勝寺

 高針城主加藤勘三郎の弟勘右衛門

が、本願寺十一世顕如上人(諸国門徒

の蜂起を以て、織田信長に対抗したが

敗れ、1580年石山本願寺を退く)に帰

依(きえ)して、天正三乙亥年(1575)、

伝忠坊を移して開創したとされる。

 現在の本堂は、化政年間(1804~

1831/文化・文政の併称)、加藤浅吉

が同寺と縁組みをして大檀那となり、再

建したものという。


 境内の梵鐘(ぼんしょう)は、本堂の建築よりやや遅れて天保年間(1831~1845)の鋳造で、水野太郎左衛門と彫られてい

た。この旧梵鐘は、太平洋戦争中に供出されたので、現在のものとは違っている。


 「傳忠山東勝寺由来」の石碑                     ※ 以下、書き写し。句読点および( )内は、執筆者による。

東勝寺由来の石碑 高針城主加藤勘三郎藤原信祥(しんしょう)の弟加藤勘

右ヱ門藤原信昵(しんでい)本願寺第十一世顕如(けんに

ょ)上人に帰依、薙髪(ちはつ/頭髪をそること)して祐伝

(ゆうでん)と号す。

 天正三乙亥年(1575)、天台宗伝忠坊をこの地へ移し、

再興改号して伝忠山東照寺と称す。是を中興の開山と

す。三百八十八年前のことである。

祐伝、慶長十三(1608)戊申の年入寂す。後、藩候の意

により、照を勝に改む(「名古屋東照宮」が出来たことによ

る。尾張藩初代藩主・徳川義直が、父徳川家康の三回忌

である元和四年に大祭を行い、翌年、東照宮を勧請)。

現住職祐道(現住職の祖父)は、第十四世の後裔である。

 因みに信昵の附人鈴木清蔵、発心(ほっしん)して祐伝

の弟子となり、寺地に草庵を結び、木仏本尊を安置して清

蔵坊と称し、当寺末寺となる。慶安四辛卯年(1651)、清

蔵坊三世英秀没後無住となり、本尊寺域共に当寺へお預

けとなる。この本尊、背面に清蔵坊開基栄宝高針の刻が

あり、当寺庫裡の内仏として安置してある。



 本堂   天明七年(1787)十月再建    百七十六年前。

 鐘楼   弘化三年(1846)十月建立    百十七年前。

 梵鐘   昭和参拾三年十月再鋳      天保年間鋳造の梵鐘は、世界第二次大戦に国に供出。

 山門   大正三年三月再建        聖人 六百五十回大遠忌記念。

 玄関   昭和参拾七年十二月再建    聖人 七百回大遠忌記念。

       猪高村誌編纂委員  加藤岩松  考証撰文    住職 加藤祐道  校閲 

 (裏面)

 維時(これのとき)  昭(異体字/和)参拾八年(1963)三月     聖人 七百回大遠忌厳修記念

 寄進    高針 加藤岩松   同 加藤 弘




 太鼓堂

 東勝寺太鼓堂  太鼓堂内の太鼓

 写真左の太鼓堂(浄土真宗特有のもの。歴史があり、ある程度の寺格を有する寺院にしか建立されていない)は、高社村時代

に役場として使われた。現在、雨戸が閉められていて暗いが、時を告げたり、法事の時の合図として使われたりした太鼓が残さ

れている。




     トップページにもどる                高針村へ戻る