中国城市探訪

 (2) 香港、夜のトラム 
中国国旗   英国国旗
 香港(Hongkong)
 
撮影: 1995/7, 1996/10, 制作: 2016/5

香港の2階建てトラムの続きです。百万ドルの夜景の中で撮影した、夜のトラムをお楽しみ下さい。

香港のトラムハッピーバレー 
 跑馬地(Happy Valley) / 香港(Hongkong)

地図の場所、縮尺は自由に変更できます。

香港トラム路線図
1995年と翌96年、合計4ヶ所で夜のトラムを撮影しました。前作の続き番号の丸数字で、撮影場所を示します。
 

香港の夜景 香港、百万ドルの夜景です。ヴィクトリア・ピークの中腹から、湾仔(Wan Chai)方面を望んでいます。
ひときわ高いのがセントラル・プラザのタワーで、海の向こうは九龍半島です。
デジカメのない時代でしたので、三脚を立ててバルブで撮影しています。

香港のトラム銅鑼湾 ⑦ 波斯富街(Percival Street)

銅鑼湾(Causeway Bay)地区の軒尼詩道(ヘネシー通り)は不夜城の表現がぴったりする、とても賑やかなところです。漢字で書かれた多くの電飾看板が、香港らしさを盛り上げています。
市内に啓徳空港がある関係で、点滅するネオンサインは禁止されていました。

(1995/7/17)
香港のトラム銅鑼湾   窓を全開にして2階席から街並を眺めるのが、市民や観光客にとって最高の夕涼みです。トラムの他に2階建てのバスも走っています。
跑馬地(Happy Velley)への分岐線路が手前に見えます。
香港のトラム上環   ⑧ 上環(Western Market)

前作でご紹介した香港各地の風景が心に残り、翌年再訪しました。
ここはフェリー乗り場から少し山側にある上環(西港城)の電停です。右が西行の本線、左がここで転回するためのループ線です。


(1996/10/12)

香港のトラム上環
上環
  香港のトラム金鐘
⑨ 銀行街(Bank Street)
香港のトラム金鐘   金鐘(Admiralty)地区の銀行街へも再訪しました。
ライトアップされた石造りの建物は、現役の立法會大樓です。1912年に旧最高法院として建てられました。装飾を用いず、なおかつ荘厳さを求めた新古典主義の代表的な建築です。
1984年、香港法定古蹟に指定されました。

香港のトラム金鐘   立法會大樓の前で、トラムの全景を撮影しました。
建物の太い柱とアーチの上にしつらえたバルコニーが、夜のトラムを引き立てています。
香港のトラムハッピーバレー
  香港のトラムハッピーバレー
 
⑩ 跑馬地(Happy Velley)

ハッピーバレーは、1846年に開設された競馬場があることで知られています。1978年に新しい競馬場が九龍半島の沙田地区にできましたが、今でも週1回レースが開催されています。
1922年に競馬場の外側を一周するトラムの支線が造られました。この支線だけは単線で、右回りの一方循環で運転されています。冒頭の写真もここで撮影しました。小生のお気に入り写真です。


References:
https://en.wikipedia.org/wiki/Happy_Valley,_Hong_Kong
https://zh.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%99%E6%B8%AF%E7%
AB%8B%E6%B3%95%E6%9C%83

 



Next ContentsTop Page


Copyright© 2014 railbus All Rights Reserved.  
写真及び文章の著作権はrailbusに帰属します。無断転載を禁じます。