上海トロリー散歩

 (19) [20]路 その2 
中国国旗
 上海/ 中国
 
撮影: 2010~2014年, 制作: 2015/10

上海トロリーバス[20]路の続きです。今回は、南京西路から静安寺までをご紹介します。

上海20路
静安寺の門前を走る[20]路。2010/7/24撮影。

 上海20路地図
経路の全体図を再掲しました。[20]路はルートのほとんどが、地下鉄2号線に沿って走っています。

上海20路地図   「腾讯地图」の上に、静安寺付近のトロリーバスルートを記入しました。
 緑: [20]路
 水色: [15]路



 上海20路   Shanghai trolleybus route 20
 People's square

地下鉄2号線人民広場駅の9号門を出たところに[20]路の停留所があります。名前が九江路/黄河路なので、ここが人民広場の前とは気づきにくい場所です。下りの[20]路はここで右折して、九江路へ入ります。


(2013/12/26)

 
 上海20路   同じく九江路/黄河路です。九江路を走ってきた上りの[20]路が、ここで南京西路へ合流します。正面の黒い建物が国際飯店(パークホテル)で、その左の狭い道が黄河路です。

上海20路   上海20路
Nanjing Xilu/ Shimen Erlu

南京西路/石門二路の北西角に古めかしいビルが建っています。この2階にあるのが上海少年児童書店で、店名の書を揮毫したのは何と宋慶齢です。彼女は建国の父・孫文と結婚しましたが、大戦後も上海に残って政界で活躍、晩年は児童福祉や教育に尽力しました。

(2011/11/5)

上海20路 Nanjing Xilu

南京西路沿いの建物は、ほとんどが新しいビルに建て替えられていますが、中には改修によって維持されているものがあります。写真は泰興路交差点にある通利商厦、各階の角にバルコニーがあります。道路の南側にあるのでいつもは逆光になります。そこで雨の日に撮影しました。

(2014/6/30)

上海20路   南京西路は上海で最もにぎやかな街の一つです。[23]路後編で既にご紹介しましたが、百貨店や専門店が並んでいて人通りが絶えません。


(2010/7/29)
上海20路   南京西路を走る[20]路を望遠レンズで撮影しました。長く伸びたトロリーポールが印象的です。この区間を走る[24]路も写っています。
上海20路   夕暮れの南京西路/陝西北路の交差点を走る[20]路です。動きを出すために、ズーミングで撮影しました。

 
(2014/6/29)
上海20路   南京西路/陝西北路の交差点、恒隆広場にルイ・ヴィトンの上海店があります。2004年に開業しました。撮影時はリニューアル中で、ビルが大きなトランクになっていました。
※同店は、2012年に新装開店しています。


(2010/7/26)

上海20路   Shanghai trolleybus route 20
 Jing'an Temple

上海で最も有名な寺院、静安寺です。南宋時代の1216年からこの地にあり、そのルーツは古く三国時代まで遡ります。太平天国の乱及び文化大革命の2度にわたり、徹底的に破壊されましたが、見事に修復されています。


(2010/7/23)
上海20路   上海静安寺↑静安寺の境内です。皆、熱心にお参りしています。中央にある高炉形の塔にお賽銭を投げると、願い事が叶うと言われてます。 
上海20路   寺を取り囲む回廊の上から撮影しました。
右奥が静安寺の交差点です。1963年まで路面電車が走っていた、市内交通の要衝です。
冒頭の写真も併せてご覧下さい。

(2010/7/24)

 
 上海20路   寺の南側には、延安路まで続く広大な静安公園が広がっています。 広場の下には地下鉄2号線の駅と商店街があり、大変便利なところです。


 上海20路   静安寺の停留所は寺の門前にあります。下りルートの乗降風景を撮影しました。

 
 上海20路   Wulumuqi Lu

静安寺から200mほど西へ行った、烏魯木斉(ウルムチ)路です。下りの[20]路が、愚園路から左折して来ました。この区間は、上下線が異なる道路を走っています。
前掲の「腾讯地图」をご参照下さい。


(2011/1/12)
 
 上海20路   丁度このあたりが列強による共同租界の西端に当たります。瀟洒な洋風の住宅が、朝日を浴びています。こうやって逆光で撮影すると、狙った雰囲気を出すことが出来ます。


 



References:
https://en.wikipedia.org/wiki/Louis_Vuitton
http://www.shjas.org/


Next ContentsTop Page


Copyright© 2014 railbus All Rights Reserved.  
写真及び文章の著作権はrailbusに帰属します。無断転載を禁じます。