上海トロリー散歩

 (16) [6]路 
中国国旗
 上海/ 中国
 
撮影: 2013~2015年, 制作: 2015/9 

上海トロリーバス[6]路は、楊浦区の長白路/図們路と閘北区の武進路/河南北路とを結ぶ、全長8.9kmの路線です。前身は1954年に開設された[61]路のバスで、1985年8月にトロリーバスに転換されました。当初は武進路/呉淞路が西の終点でしたが、1999年に現在の武進路/河南北路まで延伸されています。

上海6路
静かな休日の朝、控江路を走る[6]路のトロリーバス、①地点。2013/12/21撮影。

上海6路地図
上海科学普及出版社発行、「上海城区交通図」(部分)の上に、2013年当時の[6]路の経路を記入しました。
①長白路図們路~控江路、②控江路/黄興路、③大連路、④武進路の順にご紹介します。武進路、大連路及び控江路の一部で、前作の[14]路と同じ道路を走る区間があります。終点の武進路へは、南側の海寧路から河南北路を通って右回りに入ります。


 上海6路   Shanghai trolleybus route 6
① Changbai Lu/ Tumem Lu
   


起点の長白路/図們路です。韵都城と書かれたアーチ状の門が見えますが、これは高級マンションの敷地の入口です。


(2013/12/21)

 上海6路   Kongjiang Lu/ Neijiang Lu

長白路のループを一周して控江路に出てきたところです。右に写っているのは[22]路の電気バス、韓国大宇製です。
[22]路の巻でご紹介しましたが、2013年末の時点で、[22]路は全車電気バスに置き換わっていました。一方、[6]路はトロリーバスとディーゼルバスが半々で運転されていました。
上海6路   下りの[6]路は、控江路/内江路の交差点を西へ進みます。トロリーバスの車両は上海申沃客車製のSWB5105KGP-3で統一されていました。

上海6路   交差点の近くには、内江公園があります。荷台一杯にみかんを積んだトラックのまわりに、地元の人達が集まって来ました。
遠くにトロリーバスが走っています。

 
 上海6路   同じく控江路/内江路の交差点です。上りの[6]路はこの角で左折して、終点のループへ入っていきます。

上海6路   ② Kongjiang Lu/ Huangxin Lu

控江路を東へ進む上りの[6] 路です。地下鉄8号線の黄興路駅を出た所にある楊浦大劇場から撮影しています。
背景にUBC上島珈琲の店が見えます。台湾資本で、中国全土に500店舗以上を展開しています。神戸発祥のUCC上島珈琲によく似ていますが、特に関係はありません。

 上海6路   ③ Kongjiang Lu/ Dalian Lu


和平公園の前は、大連路が左へカーブして、そこに控江路が右から合流するY字交差点になっています。
左手前が南下する[6]路、右に見えるのが[14]路です。


(2015/7/21)

上海6路 上掲と同じ場所、大連路/控江路の歩道橋から南を見ています。2台とも下りの[6]路で、青年汽車製の新型車です。


 上海6路   歩道橋の下、交差点のところで下りの[6]路を撮影しました。交通量が多く、他車に邪魔されずに撮影するのは至難の業で、何度も挑戦しました。

 上海6路   ④ Wujin Lu/ Jiulong Lu

武進路の東の端を、九龍路に向かう[6]路です。丁度このあたりに開業時の終点がありました。武進路の中でも緑の多いところで、近くに日本が建設した国民学校、現在の虹口中学があります。

 上海6路   武進路と呉淞路の交差点です。背景にある扇形の建物は、虹口消防署で、1915年に建てられて今なお現役です。

 上海6路   虹口消防署の横を通って武進路を東進する[6]路です。この先、2枚前の写真の地点に至ります。 

 上海6路   武進路/浙江北路交差点の西側です。地下鉄10号線の浙江北路駅の建設に伴い、この付近だけは新しいビルが建っています。


(2015/7/22)


 
 上海6路   上海武進路
上掲のすぐ近くですが、武進路沿線には古い建物が多く残されていて、路地裏へ入るとなつかしい世界を垣間見ることができます。

 上海6路   武進路には[14]路も走っていますが、[6]路とは逆方向です。狭い道路なので違法駐車があると、たちまち立ち往生してしまいます。
←運転士もあきらめて一服しています。
上海6路
 上海6路   武進路の終点です。武進路は虹口区を走っていますが、このあたりは閘北区になります。後方が河南北路で、復活した[13]路が写っています。2014年6月から[6]路の車両は、すべて青年汽車製の新車に置き換わっています。

 上海6路
終点ではポールをはずして待機することがあります。
  上海6路
出発時は手作業で、ポールを架線に復帰させます。

 
 上海6路地図
1985年版の上海市区交通図です。武進路付近を拡大してみました。
左に上海北站を表す列車の絵が描かれています。武進路を東へ進んで、虹口港の川に突き当たるところが、当時の終点です。右端に「周」と「6」が読み取れますが、当時の周家嘴路は南の東漢陽路(地図では东汉阳路)に繋がっていて、海寧路との間は鴨緑江路という名前であったことが分かります。現在は周家嘴路が直接海寧路に繋がっています。


References:
http://www.shtong.gov.cn/node2/node4/node2249/yangpu/node45350/node45358/node61123/userobject
1ai31427.html
https://zh.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E6%B5%B7%E5%85%AC%E4%BA%A46%E8%B7%AF


Next ContentsTop Page


Copyright© 2014 railbus All Rights Reserved.  
写真及び文章の著作権はrailbusに帰属します。無断転載を禁じます。