上海トロリー散歩

 (2) 2002年, 最後の連接バス 
中国国旗
 上海/ 中国
 
撮影: 2002/10, 制作: 2014/11 

初めて上海を訪れてから15年が経ちました。この間、なかなか再訪するチャンスがなく、2002年になってやっと2度目の上海訪問が実現しました。鄧小平の改革開放政策が一定の成果を上げ、街並や人々の服装などすべてが様変わりしていました。車両もすっかり新しくなっていましたが、[21]路であの懐かしい連接トロリーバスを見ることが出来ました。

静安寺にてSK562GP
静安寺ターミナルで出発を待つ[21]路の連接トロリーバス、SK562GP。2002/10/12。

上海21路   Shanghai trolleybus in 2002, articulated type


北京西路から常徳路に進入する連接トロリーバスの[21]路です。
この系統は市の中心部・静安寺と、虹口区の北にある豊鎮路とを結んでいます。
上海21路   静安寺の北側に、常徳路~愚園路~膠州路を通る一方循環のループがありました。
上海21路   上掲の左方向、愚園路に入るところです。
上海21路   [21]路の静安寺ターミナルは、膠州路にありました。現在は新築されたターミナルビルに機能が移転しています。
車両は上海客車製のSK562GPです。以前見かけたSK561GFと比べると近代化されたスタイルをしています。

上海21路   「无人售票」(無人切符販売)と書いてあります。こんな大きな車両がワンマンで運転されていました。
[21]路は2005年1月にディーゼル化され、上海の連接バスは全滅しました。
上海21路   [21]路には連接式でない普通の車両も走っていました。1990年代を代表する上海客車のSK5105GPです。
上海15路   SK5105GPには運転席横に縦長の視認窓があります。この形が、いすゞのLV系を連想させます。
静安寺の交差点を南に向けて走るところです。

上海15路    同じく静安寺交差点を北に向かう[15]路です。当時[15]路の車両は大部分がこのSK5105GPでした。
上海15路    SK5105GPの屋根回りです。クーラーはありません。 延安中路の歩道橋から撮影しました。
上海15路    延安中路の南にある華山路のバス停です。[15]路はこの先、上海体育館へ進みます。
 
上海20路   静安寺の交差点では南京西路を走る[20]路も見ることが出来ます。車両はSK5105GPをモデルチェンジしたSK5115GP-3、上海客車製です。
 
上海20路   静安寺交差点から東側、南京西路を望んでいます。寺の後方では九百城市広場の商業施設が建設中です。

2002年から上海客車製のバスは瑞Volvoとの合弁会社である申沃客車(Sunwin)で生産されるようになりました。その新車、SWB5105KGP-3が[20]路に登場した直後の「撮れたて」写真です。 


 上海城市交通図2002年
「上海城市交通図」(部分) 2002年, 上海科学技術出版社発行

静安寺周辺です。鉄道の記号は上が地下鉄2号線、下が1号線でいずれも地下を走っています。静安寺駅北側に[21]路の起点を示すマークが見えます。[21]路は、ここから北東に延びる北京西路を走っていました。
[15]路は広い北京西路から南へ曲がり、静安公園の西を通って常熟路から宝庆路へ向かいます。また静安公園の北の南京西路(地下鉄の上)を[20]路が走っています。




Next ContentsTop Page


Copyright© 2014 railbus All Rights Reserved.  
写真及び文章の著作権はrailbusに帰属します。無断転載を禁じます。