富山県図書館を考える会
考える会概要
学校司書配置状況
考える会会報主催学習会記録集


 参加学習会報告集公共図書館見学報告集学校図書館見学報告集

 🌸早急に進められた学校現場のデジタル環境の整備
 🌸「主体的・対話的で深い学び」を重視する新学習指導要領の実施
 🌸中教審が示した「全ての子供たちの可能性を引き出す、個別最適な
  学びと協働的な学びの実現」という取組


  大きな転換期にある教育には学校図書館の力が必要です

 
リンク集

お問い合せ Facebook
今年も開催!
学校図書館問題研究会第37回オンライン全国大会

大会へのお申込学校図書館問題研究会HP
 

   会員募集

年会費一年間1000円
(年2回発行会報購
読料・送料・活動費)
です。下記の振込先
口座に入金と同時に
入会となります。
郵便振替口座番号
00790ー2ー28434
加入者名 
富山図書館を考える会

 

文科省が第6次「学校図書館図書整備等5か年計画」を策定
第6次5か年総額2,400億円措置(第5次 2,350億円) 

 文部科学省は令和4年度から令和8年度を対象期間とする第6次「学校 
 図書館図
書整備等5か年計画」を策定しました。この計画は、公立小中
学校等の学校図書館における、学校
図書館図書標準の達成、計画的な
  図書の更新、新聞の複数紙配備、学校司書の配置拡充が
図られることを
目的としており、計画に基づいた地方財政措置が講じられています

       
学校図書館図書の整備 単年度199億円(第5 220億円) 
学校図書館への新聞配備 単年度38億円(第5 30億円)

学校司書の配置 単年度243億円(第5220億円)
「小・中学校等のおおむね1.3校に1配置
(将来的には1校に1名の配置を目指す)」