日本大学マンドリンクラブOB会
トップへ
トップへ
戻る
戻る
直前のページへ
直前のページへ


宮田俊一郎関連の出版本(その2)

ここにご紹介するものが全てではないと思われます。
あくまでも管理人が調査した範囲ですので、ご了承下さい。
他の資料をご存知の方はご連絡下さい。
(曲名表示は原本表示に合わせました。)

【ギター教室 中級編】
編:宮田俊一郎
東京音楽書院
 港、ウェルナーののばら、スカンポの咲く頃、春の日の花と咲く、
 夏の想い出、原爆許すまじ、オー・ソレ・ミオ、冬の星座、紅いサラ
 ファン、主人は眠る、老犬トレイ、アロハ・オエ、山びこさんごきげん
 さん、すずらん、スキー、山小屋の灯、おおブレネリ、晴れた五月、
 黒いひとみの、おお牧場はみどり、夜あけの歌、私と私、マリア・マ
 リ、プリンセス・ワルツ、恋のカクテル、高原の月、支那の夜、何日
 君再来、夜空の笛、さすらい、佐渡おけさ、アイ・アイ・アイ、城ヶ島
 の雨、老楽手、溢れる涙、コッペリアのワルツ、花のワルツ、愛の
 よろこび、ドナウの漣、ドリゴのセレナーデ、モーツァルトのセレナ
 ーデ、バイオレッタに捧げし歌、月光の曲、夜想曲、月のひかり 
【想い出の流行歌集】
編:宮田俊一郎
東京音楽書院 1968年
 流転、影をしたいて、酒は涙か溜息か、湯の町エレジー、人妻椿、
 旅笠道中、妻恋道中、旅姿三人男、むらさき小唄、すみだ川、赤城
 の子守唄、名月赤城山、勘太郎月夜唄、お島千太郎旅唄、湯島の
 白梅、君恋し、下田夜曲、唐人お吉の唄、支那の夜、明日はお立
 ちか、別れの磯千鳥、戦友、父よあなたは強かった、異国の丘、パ
 バロフスク小唄、リンゴの唄、南の花嫁さん、南のバラ、懐しのブ
 ルース、しのび泣くブルース、紫のタンゴ、別れのタンゴ、情熱の
 ルンバ、さよならルンバ、想い出のボレロ、東京行進国、熱き泪を、
 涙の乾杯、港が見える丘、君待てども、天国に結ぶ恋、青春のパ
 ラダイス、金色夜叉、ゴンドラの唄、カチューシャの唄、宵待草、
 浪花小唄、祇園小唄、船頭小唄、さすらいの唄、ダンス・パーティ
 ーの夜、雨のオランダ坂、熱海ブルース、天竜下れば、波浮の港、
 小島通いの郵便船、めんこい小馬、山小舎の灯、ギター流し、
 好きだった、南国土佐を後にして、潮来花嫁さん、川は流れる、
 リンゴ村から、有楽町で逢いましょう
【ギター教室 懐かしのメロディー】
編:宮田俊一郎
東京音楽書院
 九ちゃんのズンタッタッタ、有難や節、別れの磯千鳥、じんじろげ、
 さすらい、煙草屋の娘、恋のカクテル、煙草が二箱消えちゃった、
 北上夜曲、大阪野郎、雨に咲く花、裏町人生、流転、祇園小唄、
 僕は泣いちっち、湖底の故郷、こいさんのラブコール、支那の夜、
 泪の乾杯、すみだ川、波止場気質、プリンセス・ワルツ、湖畔の乙
 女、悲しき子守唄、水色のワルツ、南国土佐を後にして、森の小
 径、古き花園、国境の町、何日君再来、上海の街角で、小雨降る
 径、山のロザリア、GIブルース、ローハイド、悲しき60才、太陽が
 いっぱい、殺しやのテーマ、禁じられた遊び
【ギター歌謡ナンバーワン】
編曲:宮田俊一郎
国際音楽出版社 1967年  (表紙:美空ひばり)
 佐久の鯉太郎、白い街、ラブ・ユー東京、あの人の足音、愛の渚、
 潮風の吹きぬける町、愛してちょうだい、愛のこころ、芽生えてそし
 て、花と小父さん、ふうてんブルース、初恋の川、マンハッタン・ブ
 ルース、北国の二人、モナリザの微笑、白鳥のルンナ、青空のある
 限り、夕子の涙、バラ色の雲、若者の子守唄、長良川夜曲、ほれて
 いるのに、北国の青い空、霧のかなたに、京都の夜、博多の女、
 渚のセニュリータ、風が泣いている、マリアの泉、ブルーシャトウ
【ギター歌謡ファン】
編曲:宮田俊一郎
東京音楽書院 1965年  (表紙:北島三郎)
 雨に咲く花、赤城の子守唄、裏町人生、異国の丘、お島千太郎旅
 唄、明日はおたちか、熱海ブルース、お花ちゃん、赤と黒のブルー
 ス、潮来笠、哀愁の街に霧がふる、あなたと共に、哀愁列車、おけ
 さ唄えば、江梨子、アカシヤの雨がやむとき、片瀬波、君恋し、ゴン
 ドラの唄、今日我恋愛す、祇園小唄、国境の町、勘太郎月夜唄、
 君待てども、グッド・ナイト、かあさんの唄、霧子のタンゴ、硝石の
 ジョニー、戦友、すみだ川、下田夜曲、船頭小唄、上海だより、島
 育ち、上海ブルース、新ズンドコ節、青春のパラダイス、さよならル
 ンバ、好き好き好き、サンドイッチマン物語、誰か夢なき、旅姿三人
 男、天国に結ぶ恋、ダンス・パーティーの夜、東京午前三時、誰よ
 りも君を愛す、東京の人、東京カチート
【ギター歌謡メロディ】
編曲:宮田俊一郎
東京出版社
   (表紙:坂本九、守屋浩、ザ・ピーナッツ、井上ひろし、森山加代子 等)
 女ひとり、北上夜曲、九ちゃんのズンタッタッタ、石狩の春、じんじろ
 げ、さすらい、恋のカクテル、煙草が二箱消えちゃった、有難や節、
 夜空の笛、大阪野郎、僕は泣いちっち、こいさんのラブ・コール、南
 国土佐を後にして、水色のワルツ、東京の人よさようなら、プリンセ
 ス・ワルツ、哀愁列車、花笠道中、星は何でも知っている、雨に咲く
 花、別れの磯千鳥、流転、裏町人生、煙草屋の娘、波止場気質、
 小雨降る径、鈴かけの径、ネリカン・ブルース、すみだ川、森の小
 径、泪の乾杯、支那の夜、何日君再来、祇園小唄、湖底の故郷、
 国境の町、片瀬波、君恋し、懐かしのメロディー(メドレー)
【懐かしの歌謡】
編曲:宮田俊一郎
東京音楽書院
 雨に咲く花、裏町人生、片瀬波、祇園小唄、君恋し、君待てども、
 ゴンドラの唄、湖底の故郷、国境の町、コイさんのラブ・コール、島
 育ち、下田夜曲、上海の街角で、すみだ川、煙草屋の娘、天国に
 結ぶ恋、並木の雨、嘆きのブルー・ビギン、泪の乾杯、南国土佐を
 後にして、波止場気質、琵琶湖周航の歌、古き花園、何日君再来、
 満州娘、真白き富士の嶺、南のバラ、港が見える丘、むらさき小
 唄、山小屋の灯、夜明けの唄、流転、別れの磯千鳥、若者よ恋を
 しろ
【みんなの歌謡全集】
編曲:宮田俊一郎
東京音楽書院 1964年
 逢いたくて、明日があるさ、アカシアの雨がやむとき、雨に咲く花、
 いつでも夢を、伊豆の踊子、うしろ姿、裏町人生、永良部百合の
 花、江梨子、エリカの花散るとき、お嬢吉三、お早うさん、大阪野
 郎、丘の校舎、男なら、片瀬波、ガラスのジョニー、キリコのタンゴ、
 祇園小唄、君恋し、君待てども、ゴンドラの唄、国境の街、こいさん
 のラブ・コール、湖底の故郷、島育ち、上海の街角で、叱られたん
 だね、島のブルース、死んでもいい、島の子守唄、白い制服、すみ
 だ川、惜別の歌、戦友、青春牧場、ダンチョネ節、煙草屋の娘、
 長崎の女、泪の乾杯、嘆きのブルー・ビギン、南国土佐を後にし
 て、花かげの女、花笠道中、光る海、琵琶湖周航歌、古き花園、
 故郷のお母さん、星はなんでも知っている、北帰行、何日君再来、
 満州娘、真白き富士の嶺、舞子はん、南のバラ、港が見える丘、
 むらさき小唄、山びこさんごきげんさん、山小屋の灯、夜あけの唄、
 若者よ恋をしろ、若いやつ、若い季節、若い東京の屋根の下、私も
 流れの渡り鳥、若いこだま、別れの磯千鳥、若いうたごえ、ラバウ
 ル小唄、流転
【初歩のギター曲集】
編曲:宮田俊一郎
国際音楽出版社 1965年
 故郷の空、ローレライ、旅愁、雪山讃歌、ともしび、囚人の唄、一
 週間、モスコー郊外の夕べ、ヘイヤシネック、冬の星座、ピクニッ
 ク、峠の我が家、カチュウシャ、アロハ・オエ、紅いサラファン、トロ
 イカ、故郷を離れる歌、黒いひとみの、野ばら、オー・ソレ・ミオ、埴
 生の宿、かあさんの歌、雪のふるまちを、忘れな草をあなたに、ロ
 ンドンデリーの歌、ラ・パロマ、ドナウ河の漣、波濤を越えて、嘆き
 のセレナーデ、椿姫の歌、ハンガリア舞曲第5番、家路、乙女の
 祈り、別れの曲、エリーゼの為に、美しき青きドナウ、禁じられた
 遊び、ジプシーの月、ユーモレスク、トロイメライ、ある晴れた日
 に、白鳥の湖、二つのギター
【ギター世界名曲集】
編曲:宮田俊一郎
東京音楽書院
 故郷の空、一週間、そうらん節、ぐみの木、冬の星座、黒田節、朝、
 レッド・リバ・バレー・箱根の山、ペチカ、仕事の歌、ローレライ、ガ
 ボット、きよしこの夜、早春の歌、サラスポンダ、金髪のジェニー、
 冬の夜、仰げば尊し、春の唄、てのひらの歌、夢見る君、タフ・ワ
 フ・ワイ、峠の我が家、紅いサラファン、アロハ・オエ、いちご、おお
 ブレネリ、オー・ソレ・ミオ、カチューシャ、かあさんの歌、カウボーイ
 の夢、黒いひとみの、故郷を離れる歌、故郷、小学唱歌メドレー、
 主人は眠る、月の砂漠、トロイカ、ともしび、夏の思い出、野ばら、
 春の日と花と輝く、ピクニック、北帰行、山男の歌、雪山讃歌、旅愁
【ギターポピュラー60曲撰】
編曲:宮田俊一郎
東京音楽書院 1962年
 乙女の祈り、春の歌、ユーモレスク、トロイメライ、コッペリアのワル
 ツ、マドンナの首飾り、楽しき農夫、ソルヴェーグの歌、月光の曲よ
 り、トルコ行進曲、ゴセックのガボット、カルメンの行進曲、別れの
 曲、雪の降る街を、ある恋の物語、キエン・セラ、峠の幌馬車、殺し
 屋のテーマ、キエレメムーチョ、夕日に赤い帆、コーヒー・ルンバ、
 ユール・ネヴァー・ノ、マンドリン・セレナーデ、ラ・クンパルシータ、
 夢のタンゴ、カミニート、バラのタンゴ、ジェラシー、北帰行、スーダ
 ラ節、別れの磯千鳥、すすらん、片瀬波、鈴かけの径

宮田信義・宮田俊一郎関連の出版本
全頁閲覧はここ 


トップへ
トップへ
戻る
戻る
直前のページへ
直前のページへ