一人で出来ることは限られています


どんなに素晴らしい考えでも

一人で実現するには限度があります

ロータリーでは志を同じくする人達が

一体になれば地域を 世界を

より良い場所にすることができると

信じています
 
ロータリーは、人類のために活動します


ロータリーについて
ロータリーは、人道的な奉仕を行い、あらゆる職業において高度の道徳的水準を守ることを奨励し、かつ世界における親善と平和の確立に寄与することを目指した、事業及び専門職務に携わる指導者が世界的に結び合った団体です。
ロータリークラブの会員は地域社会の事業及専門職務の男性及び女性の代表者から成り立っています。世界中のロータリークラブは毎週会合します。政治、宗教とは無関係で、あらゆる文化、民族、信条に門戸を開いています。

ロータリーの主たる目的は地域社会、職場と世界中での奉仕です。ロータリアンは児童の危機、貧困、飢餓、環境、低識字率、暴力など現代の最も危機的な多くの問題に対応するための地域社会奉仕プロジェクトを開発しています。さらに教育の機会、学生、教師その他専門職務の人たちの国際交換留学、職業訓練、研修開発など新世代に対するプログラムを支援しています。

ロータリークラブは夫々、奉仕プログラムを自主的に策定していますが、地球上からのポリオ撲滅キャンペーンには世界中のロータリアンが一致団結して参加しています。世界中の子供に予防接種のためロータリアンは1980年代に既に2億4000万USドル募金しました。ロータリー創設100周年記念の2005年を世界中のポリオ撲滅宣言の目標として定め、ほぼ達成しましたが残念ながら完全撲滅にはいたりませんでした。現在ビル・ゲイツ財団とともに2億USドル募金を集め、ポリオ完全撲滅に向けてロータリーは世界中のポリオ感染諸国の全国一斉予防接種デーの実施支援のために多数のボランティア集団を動員し活動を続けています。

国際ロータリーの「ロータリー財団」は非営利団体であり国際的な人道的奉仕プログラム及び教育的、文化的な国際交換プログラムを通じて国際理解を推進しています。この財団はロータリアン及びよりよき世界のビジョンを共有している人達の自発的な寄付金だけで支えられています。1947年の創設以来、財団は11億USドル以上の人道的、教育的補助金を拠出しました。これら補助金は全て現地のロータリークラブ及び地区が提唱したプロジェクトに対して拠出され実施されています。

ロータリーの理念
ロータリーは人道的な奉仕を行い、あらゆる職業において高度の道徳的水準を守ることを奨励し、かつ世界における親善と平和の確立に寄与することを目指した、事業および専門職務に 携わる指導者が世界的に結び合った団体である。

ロータリーの目的
ロータリーの目的は、意義ある事業の基礎として奉仕の理念を奨励し、これを育むことにある。具体的には、次の各項を奨励することにある:

1. 知合いを広めることによって奉仕の機会とすること;
2. 職業上の高い倫理基準を保ち、役立つ仕事はすべて価値あるものと認識し、社会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔なものにすること;
 3.  ロータリアン一人一人が、個人として、また事業および社会生活において、日々、奉仕の理念を実践すること;
 4.  奉仕の理念で結ばれた職業人が、世界的ネットワークを通じて、国際理解、親善、平和を推進すること。

4つのテスト
ロータリークラブには4つの行動指針となる「4つのテスト」というものがあります。
私生活ならびに職業人としての生活の模範的指針になるものであるものであり、「言行はこれに照らしてから」という諸事決定を下す際の基本となっています。

4つのテスト    THE 4WEY TEST
 言行はこれに照らしてから    Of the things we think, say or do
 1.真実か どうか    1:Is it the TRUTH?
 2.みんなに公平か    2:Is it FAIR to all concerned?
 3.好意と友情を深めるか    3:Will it build GOODWILL and BETTER FRIENDSHIPS?
 4.みんなのためになるかどうか    4:Will it be BENEFICIAL to all concerned?

ロータリーの活動
5つの奉仕活動が中心です。

クラブ奉仕  会員相互の親睦を深め、和気あいあいとした協力体制を作ります。また、クラブ全体の運営・調和を図る役割もあります。

職業奉仕  すべてのロータリアンが各自職場での代表でありロータリーの理想の模範を示し、その理想を分かち合うように勧めることを目的とします。これを端的に表したのが有名な四つのテストです。

社会奉仕  地域社会の中でその社会が欲しているものを探しだし、そのニーズに対して適切な奉仕活動を行います。

国際奉仕  ロータリーが世界平和と各国間の理解のために力となっている分野です。青少年留学生の派遣や受入、世界各地の災害援助など世界的な社会奉仕活動を行っています。

新世代奉仕 指導力養成活動、社会奉仕プロジェクトおよび国際奉仕プロジェクトへの参加、世界平和と異文化の理解を深め育む交換プログラムを通じて、青少年ならびに若者によって、好ましい変化がもたらされることを認識するものである。

ロータリーの誕生
20世紀初頭のシカゴの街は、著しい社会経済の発展の陰で、商業道徳の欠如が目につくようになっていました。ちょうどそのころ、ここに事務所を構えていた青年弁護士ポール・ハリスは、この風潮に堪えかね、友人3人と語らって、お互いに信頼のできる公正な取引をし、仕事上の付き合いがそのまま親友関係にまで発展するような仲間を増やしたい、という趣旨でロータリークラブという会合を考えました。
ロータリーとは、集会を各自の事務所持ち回りで順番に、開くことから名付けられたものです。

こうして1905年2月23日にシカゴロータリークラブが誕生しました。

それからは志を同じくするクラブが、つぎつぎ各地に生まれて、国境を越え、今では200以上の国と地域に広がり、クラブ数 35,247、会員総数 1,235,100人(2016年3月31日 RI公式発表)に達しています。そして、これら世界中のクラブの連合体を国際ロータリーと称します。  

このように、歴史的に見ても、ロータリーとは職業倫理を重んずる実業人、専門職業人の集まりなのです。その組織が地球の隅々にまで拡大するにつれて、ロータリーは世界に眼を開いて、幅広い奉仕活動を求められるようになり、現在は多方面にわたって多大の貢献をしています。                     
  

日本におけるロータリークラブのはじまり
わが国最初のロータリークラブは、1920(大正9)年10月20日に創立された東京ロータリークラブで、翌1921年4月1日に、世界で855番目のクラブとして、国際ロータリーに加盟が承認されました。

その後、日本のロータリーは、第2次世界大戦の波に洗われて、1940年に国際ロータリーから脱退します。戦後1949年3月になって、再び復帰加盟します。

その後の日本におけるロータリーの拡大発展は目覚しいものがあります。ロータリー財団への貢献も抜群で、今や国際ロータリーにおける日本の地位は不動のものになりました。現在、日本全体でのクラブ数は2,269クラブ、会員数は89,141人(2016年4月末現在)となっています。
2660地区ホームページより一部転載


 Copyright The Rotery Club of Moriguchi Evening. All rights reserved.