亀田鉱山跡 インクライン 探検: 北の細道 亀田鉱山

亀田鉱山でインクラインを登る




北海道函館市

  本鉱山は明治40年頃発見されたが、同43年に沈殿銅8tを採鉱したのち休山した。
大正に入り資本により溶鉱炉が完成し、採銅を行ったが再び大正10年に休山。
次に陽の目を見たのは昭和24年。この時は硫化鉄を精錬し、
3000t/年以上の出鉱を行ったが、その後昭和30年には閉山した。

鉱床図では精錬所と2か所の選鉱所、そして「女岳坑」「朝日坑」を始めとする計10か所の坑口が描かれている。
しかしながら現地形図と見比べてもそこは廃道で、かなりの強敵だと推察できる。

実際の現地はひたすらの藪漕ぎで、
ところがその苦労も吹き飛ぶ巨大遺構と巡り合うこととなる。




精錬所・ズリ山・インクライン・・・


ズリ山
( ̄u ̄;)ズリ山



オープンページへ