精進川鉱山跡 探検: 北の細道

精進川鉱山でまだらの坑口を見る




北海道七飯町
1895年(明治28年)焚火の火が石に燃え移ったことから発見された本鉱床は
1937年(昭和12年)頃から「精進川鉱床」と「雨鱒川鉱床」として開発された。
本鉱山は主に硫黄と褐鉄鉱を採掘し、
かつては「幌別鉱山」に次ぐ硫黄鉱山で盛況時には小学校も建設されるほどの賑わいを見せたが、
資源の枯渇と経営不振から昭和35年頃に閉山している。
現在は鉱水処理の研究などが、定期的に行われ、
棄てられた鉱山の雰囲気は少ない。
今回は坑口を含め諸施設を探訪してみたい


硫黄、火山、坑道・・・





精進川鉱山
( ̄u ̄;)坑口跡



オープンページへ