東邦福島鉱山跡  探検: 北の細道 住川鉱山

東邦福島鉱山で巨大球状岩を見る




北海道福島町

  本坑は明治27年に発見され、
その後、何度も鉱業権者が推移し度々休山してきた。
明治・大正時代にそれぞれ2年間、
昭和16年〜20年、そして25年から30年前半までスポットで稼行する。
ピーク時の労務者25名、現地で手選の上、
日高に送鉱されていた。


どちらかといえば小鉱山の部類だが、
最盛期の昭和28年当時、1,028t/年のマンガンの出鉱があることを考えると、
そこそこの遺構が残存していてもおかしくない。


ところが雪解けの現地では驚くべき誤算があった。


索道・精錬所・坑口・・・


ねこ
( ̄u ̄;)ネコ



オープンページへ