トピックス

猫風邪(猫上部気道感染症)

原因は、猫ヘルペスウィルス1型(FHV-1)、猫カリシウィルス(FCV)、細菌、クラミジア等ですが

いずれも容易に感染が広がり症状消失後もウィルスを保有し排出し続けるので、猫の健康管理に

重要となる病気です。健康な猫の群れに猫風邪子猫(目ヤニ、鼻汁、くしゃみ、咳)を導入すると

容易に感染し上部気道(咽頭、気管)のみならず下部気道(気管支、肺)にも炎症がおよび

肺炎まで至ると死亡する事もあるので、安易に導入することは勧められません。

大人の猫同士、子猫同士簡単に感染します。

免疫の弱い幼猫、ワクチン接種していない猫、猫エイズ、猫白血病に罹患している猫は容易に感染し発症する。

猫ヘルペスウィルスの症状は、鼻汁、くしゃみ、目ヤニ、結膜炎、食欲不振、発熱、沈鬱、よだれ。

猫カリシウィルスは、鼻汁、流涙もおこすが主症状は、よだれを伴う口内炎、舌炎、潰瘍です。

また、肺炎関節炎にも関連します。

治療は、抗ウィルス薬、抗生剤、インターフェロン、輸液、栄養補給等の支持療法です。

予後としては、長くても2~3週間で改善しますが、免疫不全の猫は死亡する事もあります。

症状改善後も、保ウィルス状態になるので、免疫を落とさないようストレスを与えないように飼育することが

勧められます。予防はワクチンがあります。