作品リスト


 1989年 『ガールフレンドは宇宙魔女』 岩崎書店 
   行く先々に現われて、けんじのこと見つめる、ちょっと変わった女の子。 あの子、地球の人間じゃないって?

 1990年 『胸さわぎ恋ステージ』 学習研究社
    背の高いことがコンプレックスな麻利。男装して組んだバンドがブレイクしたために、愛しい彼に心を伝えられず・・・
     
 1991年 『メヌエットの扉を開けて』 双葉社 
   頑固親父に反発して、期間限定で自分の雑貨屋を開いた高校生の香。夢が叶ったはずなのに、トラブルばかり

 1995年 『うす灯』 偕成社
    どこかの裏路地で、ひっそり客を待つ骨董店。謎めいた主人が幻想世界へ導く、短編連作。
 
 1996年 『また、あした』 偕成社
    同じクラスになった中学二年生の、それぞれが抱える想いを描いた連作。

 1997年 『魔の森はすぐそこに・・・』 偕成社
    田舎に引っ越したとたん、絵の才能を発揮し、注目を集める弟。嫉妬した兄は、弟を消そうと、不思議な森へ誘い込む。

 2001年 『ポケットの中のおはなし』 朱鳥社
    毎日小学生新聞に連載された、小さなお話の絵童話。

 2002年 『ステキなおかいもの』 トムズ・ボックス
    わがままな小鳥ちゃんが、いろいろなお店をたずね、本当に欲しかったものに出会えます。

 2003年 『深夜0時のもう一人』 文研出版
   真夜中の幽霊呼び出し実験で聞こえた声は、有悟の友人・転校生の真也の声そっくりだった。あいつは、幽霊なの?

 2003年 『コスモス・マジック』 フレーベル館
   十五年前に行方不明になった植物学者の夫を待つ夫人。小枝族の少年ルウと出会ったことから、夫の謎も解けていく
    
 2004年 『まぼろしの住む家』 朱鳥社
   家にまつわる、不思議で、ちょっぴり怖い短編集。

 2006年 『アンリとミント ふしぎ探検隊』 福寿企画
    お隣同士の小学生、アンリとミントがふしぎな出来事を探しに町を駆け巡ります。

 2007年 『ふなのりたんてい ラッタさん』 フレーベル館
    
   事件を解決する、船乗りさんの絵本。

 2008年 『ハンカチのぼうけん』 すずき出版
    退屈な毎日にうんざりした二枚のハンカチが、空に飛び出して、やがて見えてきたものは・・・。

 2010年 『あの子を探して』 愛育社
     どこからかやってきて、大事なことを教えてくれた、あの子は誰? 八つの不思議なメルヘン集。

 2012年 『静かなネグレクト』 愛育社
     引きこもりや老人詐欺、現代社会の影の部分を見詰めた8編のメルヘン集。
                      

 2012年 『夜の学校』 文研出版

     中学受験を控え、苛立つ蘭は、親友を軽い気持ちでイジメていた。 ある日、野原に建つ奇妙な灯台の光をあび、夜の世界へ迷いこむ。 そこでは、親友と立場が逆転し、蘭はイジメられっ子になっていた。
                      
 2013年 『ひみつの花便り』  国土社
 

      内気で、何でも人に合わせてしまう小学5年の花音。 会ったこともない大人の女性と手紙のやりとりをすることで、しだいに“自分”という個性が見えてくる。 最後に女性の正体を知った時、花音は・・・。

 2014年 『虹色モザイク』 朱鳥社

      町で目にとまった風景から紡がれた、34人の主人公が織りなす34通りの掌物語。

 2016年 『リトル・ダンサー』 国土社

     男がバレエって、おかしいか? クラスのカーストに気づいた小4の英太は、輝けない自分にイラつきながら、バレエ教室に居場所を求める。 年上の友人、老ダンサー、内気なバレエ少女との出会いを通じ、英太は「輝きの意味」を知り、ミラクルを起こす。

 2018年 『つぎのページ』 ユーカリ・アートスタジオ

     つぎのページを開いてみたら、あなたの物語に出会えるかもしれない。てのひら物語が17編入った作品集。

 2018年 謎解きカフェの事件レシピ『ゆめぐるま』 レシピ1 ヒントはカフェに現れる? 国土社 
     詩織の家は「おうちカフェゆめぐるま」。詩織が何かに悩んでいる時、それを解くヒントが、カフェ店内や料理道具に現れ、解決に導いてくれる。いったい、なぜ?

 2018年 謎解きカフェの事件レシピ『ゆめぐるま』 レシピ2 ミステリアスなティータイム 国土社
     ミステリアスな転校生の家へ、成り行きで招かれた詩織。手を触れないのにカップが動き、窓の外では人が倒れ・・・危険がいっぱい?の謎を解いてくれたのも、やっぱり『ゆめぐるま』に降ってきたヒントだった。

 2018年 謎解きカフェの事件レシピ『ゆめぐるま』 レシピ3 事件と遊びのボーダーライン 国土社

     お父さんが廃品バザーで買った、古いバスの椅子。それを『ゆめぐるま』の店内に置いたとたん、悪い事が次々に起きて・・・。謎を探るうち、運転手の息子さんが過去に受けたイジメ事件を知る。


  アンソロジー作品リストへ
  翻訳作品へ
  トップページへもどる