このはなさくや図鑑 〜美しい日本の桜〜

桜の名前から ↑

種名または品種、栽培品種名
Cerasus serrulata ‘Contorta’
フクロクジュ
福禄寿

サトザクラの代表的品種、花弁の濃い部分と薄い部分のコントラストが美しい桜
萼筒は漏斗形
萼片は長卵状三角形
内弁は特にねじれる

<花の色>
 淡紅紫色「9702」
<花弁の枚数>
 15枚〜20枚
<花の形>
 八重咲き 大輪
<花の時期>表記のない場合は近畿基準
 4月中旬
<特徴・来歴>
 東京の荒川堤にあった品種です。学名の「Contorta」は「ねじれた」という意味で、花弁が不規則にねじれていることから、つけられました。また、フクロクジュの名は、そのねじれた花弁が福耳のように見えるからだとも言われています。
 優美で美しい桜です。ヤエアケボノとよく似ています。
 染色体数 2n=24


<成立に関係しているサクラ(種)>
C.jamasakura
C.sargentii
C.leveilleana
C.speciosa
C.spachiana
C.incisa
C.apetala
C.companulata
C.maximowiczii
C.pseudocerasus
C.avium
不明


文・撮影:藤原 このはなさくや図鑑〜美しい日本の桜〜第1集-P65


このページへの直接のリンクを禁止します。