妙好人の話

妙好人(みょうこうにん)というのは、念仏の教えによって安心(あんじん)を得た人のことである。安心は阿弥陀さまを信じることで得られる宗教的な救いのことで、禅宗でいうところの悟りのようなものである。

妙好という言葉は「たえなること」を意味しており、「妙好の華」は白蓮華(びゃくれんげ)を意味するという。つまり白蓮華のような妙なる人のことを妙好人と呼ぶのであり、妙好人は浄土真宗が生み育てた白蓮華といわれる。なぜ浄土真宗なのかというと、聞法(もんぽう)を重視し、機会あるごとに聞法の場を設ける真宗の布教体制の中で咲いた蓮の花、それが妙好人なのである。

ただし学問やお金のある人、あるいは僧侶などは妙好人の資格がないようで、世俗の生活を送っている、字も読めないような、どちらかというと貧しい人が妙好人と呼ばれている。だから妙好人の信心は本を読んで得たものではなく、貧苦の生活の中で鍛え養われたものである。そのため彼らの信心は筋金入りであり、中には純金の輝きを放つ人もいる。

その妙好人の代表として、因幡(いなば)の源左(げんざ)さんをご紹介したい。因幡というのは現在の鳥取県東部の古い地名であり、源左さんは鳥取県気高郡(けたかぐん)青谷町(あおやちょう)山根で天保十三年に生まれ、昭和五年に八十九歳で亡くなった人である。この近くには投入堂(なげいれどう)で有名な三仏寺(さんぶつじ)がある。

源左さんの転機は父親が急逝したことだった。父親は源左さんと一緒に稲刈りをしていたとき急に気分が悪いといって家へ帰り、そのまま亡くなったのである。そのとき源左さんは数えで十八歳、父親はまだ四十歳だった。「おらが死んで淋しけりゃ、親さまを探してすがれ」、それが父親の最期の言葉だった。

「親がなあなってみりゃ世間は狭いし、さびしいやら悲しいやらで心がとぼけてしまってやあ。それから親の遺言を思い出して、どっかでも親さまを探さにゃならんと思って親さま探しにかかってのう」

ということで死ぬことのない親を探そうと決意し、念仏と聴聞に打ち込むようになった。鳥取県は真宗の盛んな土地であり、とくに当時は活発な布教活動が行われていた時期だったので、毎日のようにあちこちのお寺で法話の会が開かれていた。それを仕事が終わってから聴いて回ったのである。ところがなかなか安心が得られず、いつしか彼は三十歳になってしまった。

三十歳になったある日のことである。源左さんはたいへんな働き者で、夏はいつも朝飯まえに山へ草刈りに行っていた。草は牛の餌にするものらしく、その日も牛を連れて草刈り場へ行き、草の束を六つ作りそれを牛の背中に載せていた。そして三把目を載せたとき、「ふぃっと分からせてもらった」という。「世界が広いようになって、ように安気になりましたいな。不思議なことでござんす。なんまんだぶ、なんまんだぶ」。

自分が刈った草を牛が背負って運んでくれるように、自分が背負うべき悩みや苦しみ、罪や業を阿弥陀様がすべて背負ってくれる。牛の背中に草を載せたときそのことが納得でき、心の中のお荷物を下ろしてしまった、理屈でいえばそういうことなのだろう。

つまり念仏の教えの要点は、「おまかせする」ことにある。自分が抱えているいろんな問題を、すべて阿弥陀さまにまかせて下駄を預けてしまう。すると心の中の荷物を下ろすことができる。そのため信心が大きければ大きいほど、自分が抱えるお荷物は軽くなる。人間にはできる事とできない事がある。年も取らず、病気にもならず、永遠に生きる、などのことは、どんなにがんばってもできないことの代表である。そのできないことを何とか自分の力で解決しようとして人間は苦しんでいる。そのような問題はすべて阿弥陀さまにおまかせしましょう、というのが念仏の教えなのである。

だから源左さんは生死の問題でこんなことを言っている。「こっちゃ死にさえすりゃええだ。助ける助けんは親さんの仕事だけのう」。

ただし助ける助けんは阿弥陀さまの仕事でも、自分もやらなければならない仕事がある。それは自己を反省することで、自分は果たして極楽に行く価値のある人間なのかどうか、阿弥陀さまに救ってもらう価値のある人間なのかどうか、という問いを自分に適用し、自分の心と行いを素直に見つめていく。するととてもそんな人間でないことがよく分かる。そしてそうした自己反省が徹底したとき、阿弥陀さまの慈悲を心底納得し、安心がいただけるという。

かりに阿弥陀さまのことを抜きにしたとしても、自己反省が本当に徹底するなら、たとえこれから死ぬということになっても、それを素直に受け容れられるようになるという。人間の心はそういうものらしい。

     
源左さんの日常生活

源左さんは本名を足利喜三郎というが、足利の姓は明治になってから名乗ったもの、喜三郎の名は源左衛門から改名したものだったので、改名後もずっと「源左」と呼ばれ本人もその名を使っていた。仕事は農業と紙すきが主で山も持っていた。

源左さんは早起きで有名だった。とにかく目が覚めるとすぐに起き出したので、夜中の一時か二時に起きることもあり、もっと早いこともあった。起きるとまず仏間に入り、よく通る澄んだ声で朝のお勤めをした。字はまったく読めなかったが、読むべきものはすべて暗記していた。お勤めがすむと土間に下りて縄やわらじを作り臼を挽き、そして外が明るくなると外仕事に取りかかった。夏は牛をつれて草刈りに行き、帰ってから家族と一緒に朝食を食べた。

夜も仏壇の前でお勤めをしたが、朝が早いのでよく居眠りをした。行儀が悪いと人に言われると、「親さんの前だでな。何ともないだいなあ」と言い、夜は早く寝た。夏場は精出して働くために痩せ、仕事の少ない冬場には太った。背丈は人並みだったが体は頑丈にできていて、患ったり薬を飲んだりしたことはなかった。辛抱強い人で「困った」とか「えらかった」などと言ったことはなく、暑い寒いなどの言葉は挨拶のときにも口にせず、冬の寒い朝でも火を使わなかった。

人の家に逗留しているときも、障子の破れを繕ったり、庭の草を取ったり、掃除をしたりと休むことなく働いた。他人の家であっても朝早く起き、かってに仏間でお勤めをし、それからみんなを起こして回った。

殺生が嫌いで、子供が魚や虫をつかまえたりすることも好まず、すべての生き物を可愛がり、犬や猫や魚や木にも話しかけていた。信心に入る機縁になった牛は特に大切にし、彼の手にかかると牛はみなおとなしくなったので、暴れ牛は源左に頼めと言われていた。そういう牛にはやさしく話しかけたり一晩中さすったりしていたという。

源左さんは仲裁の名人で、彼があいだに入ると不思議にもめ事が丸く収まった。そのためよく仲裁を頼まれた。また秋の収穫が終わると、法話をしてほしいとあちこちから呼ばれた。そういうときの話はただ「ありがたい」という話ばかりで、むずかしいことは話さなかった。人が死ぬときにもよく呼ばれ、源左さんが来ると家の中が和やかになるといわれた。

酒やたばこはやらず、熟した柿は人にあげて自分は下に落ちたものを喜んで食べていた。常に人助けをしていても自慢することなく、人の悪口を口にすることなく、自分こそがいちばんの悪者だといつも言っていた。人を信じすぎてひどい目に遭ったこともあるが、周囲が傷つかないように丸くおさめていた。「さてもさても、ようこそようこそ、ありがとうございます」が口癖で、そう言いいながら腹の立つことも腹を立てることなく受け容れていた。

源左さんが好んでやりたがったことが三つある。それは人の荷物を背負うこと、人の肩をもむこと、お灸をすえることの三つで、そうしたことをしながら信心の話を聞いてもらった。あるとき山越えの道で、子を背負い両手に荷物をいっぱい持った女の人に会った。源左さんはその荷物をもってあげて話をしながら峠を下り、「よう持たして下された。ようこそ、ようこそ」と言って別れ、家に帰ると「今日は大儲けした。大儲けした」とみんなにその話をした。

七十過ぎの妹が帰るときその荷物を背負って峠まで送って行ったことがあった。峠に着くと妹が言った。「兄さんに重たいものを持ってもらって助かったけなあ。百円貰ったよりもうれしいぞなあ」「お前がそがあに喜んでくれりゃ、おらも百円儲けたよりもうれしいがやあ。お前が百円儲け、おらが百円儲け、なんと今日は二百円儲けたどなあ」。そう言ってよろこび合って別れた。

米寿を迎えたころからほとんど外出しなくなり、やがて寝ていることが多くなり、そして苦痛を訴えることなく念仏を称えながら静かに往生した。これといった病気はなく老衰で自然に亡くなった。

     
源左さんの言葉

「わが身が大事なら、人さんを大事にせえよ」

「困ったときにゃ念仏に相談せえよ」

「人間生きとる間は、百年先のことを考えて、柿の木植えたり、栗の木植えたり、仕事せなならん。仏法のことや、後生のことは、今急いで、明日も知れぬと聞かにゃならんけえ」

「この心に相談すりゃ、まあちょっとと言うぞいな。いつ相談してもいけんけえのう。親さんに相談すりゃ、助ける、助ける、そのまんま助ける。いつ相談しても親さんには間違いないけんのう」
 「我れが落ちようと思っても、親が先手をかけて、落とされんだけのう」

「こないだ家の猫が子を産んでやあ。親は子をくわえて上がったり下りたりするけど、親は落とさんわいなあ」

「たすかるとも。落とさん親が待って御座るだけ。悦ばして貰わにゃならんだけのう」

「十方衆生と呼びかけて下されてあるからにゃあ、虫も源左も同じことに助けて頂くだけのう。おらが助からにや親様が死ぬるとおっしゃるでのう」

「安心は出来いでも、お助けは違やせんけんのう。それで安心しなはれ。こっちゃ忘れても親さんは忘れんだけのう」

「三世に一仏、恒沙(ごうしゃ。ガンジス川の砂の数)に一体、仏の中の大王様が、われが生まれぬ先から後生を見抜いて下さって、助けにゃおかのの大願だけのう」

「親様にはい、と返事をすりゃあ、事は済んどるだがやあ」

「落ちるまんまを親様が助けて下さるだけのう」

「他人より悪いこの源左をなあ、一番真っ先に助けるの御本願だけえ、助からぬ人なしだがやあ」

「おらより悪い者は無いと知らして貰や、ええだけなあ。助ける助けんは、おらの仕事じゃないだけ」

病気のとき「えらかろう。しんどかろう」と見舞いの人にねぎらわれて答えた言葉。「ちょっともえらいことはない。こんなことぐらい何でえらかろう。地獄に落ちる苦しみに比べてみなせえ。ちょっとも、えらいことはない」。

やはり見舞いに来た人に言った言葉。「えらいこたあ、ないだいや。蓮の花の上に寝させて貰っとるだけのう」

臨終間近の人に言った言葉。「親さんはお前を助けにかかっておられるだけ、断りがたたんことにして貰っておるだけのう。このまま死んで行きすりゃ親の所だけんのう。こっちは持ち前の通り、死んで行きさえすりゃええだいのう」。

     
源左さんがよく口ずさんだ言葉

朝寝するなよ、もったいないぞ、明けてくださる、朝日さん。

仕事なされや、きりきりしゃんと、かけたたすきの、切れるまで。

忘れても、忘れぬ弥陀がある故に、忘れながらも、この身このまま。

あれば鳴る、なければ鳴らぬ鈴の玉、中に六字が、あればこそ。

たのむとは、声も形もなかりけり、すがる思いを、たのむとは言う。

わたしやづらがき(自在鉤)、あなたはこざる(留め木)、落としやせぬぞよ、火の中へ。

まいろまいろと、わしゃ気をもんだ、南無の二文字を、知らなんだ。

ただのただでも、ただならず、聞かねば、ただは貰われぬ、聞けば聞くほど、ただのただ、はいの返事も、あなたから。

参考文献「妙好人 因幡の源左」 柳宗悦編著 平成16年改訂版 百華苑

もどる