本文へスキップ

アルコール依存症は回復できる病気です。MACは回復の道案内をしています。

事務局 みのわマックTEL.03-5974-5091

〒114-0023 東京都北区滝野川7-35-2

マックの理念policy

マックグループ基本理念    全国マック協議会


援助機関として、経験と力と希望を分かち合い
ソブラエティ(飲まないで生きるを維持するための
知恵や手がかり(回復のプログラム)を提供することにより
利用者が新たな「生き方」を育むための準備をする

 どんなにひどいアルコール依存症者(アルコール依存症を中心としたアディクション領域
での問題をもった人を指す)でも、回復に向かえるプログラムがここ(マックグループの施
設)にある。

 経済的、社会的に、そして生き方に問題を抱えて施設を訪れるアルコール依存症者に対し、
私たちは生きてきた経験を分かち合い、回復への希望のメッセージを伝え、更に地域社会に
向けて希望のメッセージを発信していくことをその使命とする。

 訪れる者に対し、新たな「生き方」に向かう手助けを行うためにAA12ステップに基づく
回復のプログラムを提供し、共に成長していくことを私たちは目指している。

「A.A.との出会い」や「A.A.12ステップを使って回復の道を歩んでいる人たちとの出会い」
によって得られた「回復への希望」を、私たちは確信をもって、施設を訪れるアルコール依
存症者に伝え、彼らが地域の12ステップグループ(A.A.を中心とした12ステップグループ
を指す)につながれるよう、その橋渡しを行っていく。

 これらを実現していくために、私たちは次に示す指針のもとで行動する。


信頼をして


・施設を訪れるアルコール依存症者の「人間としての尊厳」を尊重し回復のプログラムを提供
 する。

・仲間意識が漂う雰囲気のなかで、互いのアノニミティを大切にし、安心してくつろげる居場
 所を提供する。

             

正直に


・提供できるサービスと提供できないサービスを見分け、常に私たちの「無力」な部分を認識し つづける。

・機会あるたびごとに見直し(棚卸し)を行い、回復のプログラムの提供に必要なことを学びつ づけていくことによって、私たちの経験に深みを加えていく。

謙虚さをもって


・医療・保健・福祉などの専門機関との関係を大切にし、地域のなかで様々な人やグループとの 協働を図っていく。

・自己中心的な思考に支配されることなく、誰をも(職員相互にあっては互いに)コントロール することはしない。

伝えつづける


 地域社会に私達の「回復への希望のメッセージ」を伝えていく。


 資料コーナー

〇「2010年 JCCAセミナー」報告書
  アディクションの未来 日本の地における治療共同体の展望 報告書

〇「2009年 全国マック協議会研修」報告書
☞ 
2009年全国マック協議会資料のPDFファイル

〇 全国マック協議会会則
 
全国マック協議会会則のPDFファイル

〇 マックグループの行動倫理に関する基準はこちら
 
 (2008年1月26日 全国マック協議会制定)
  マックグループの行動倫理に関する基準のPDFファイル



information

全国マック協議会

事務局 みのわマック
〒114-0023
東京都北区滝野川7-35-2

TEL.03-5974-5091