問題71〜80

問題 71下図に示す水中ポンプの A、B 及び C の交換部品の名称の組み合わせとして、最も適当なものは次のうちどれか。
 
     A           B         C
(1)羽根車        メカニカルシール  軸受(ベアリング)
(2)メカニカルシール   羽根車       軸受(ベアリング)
(3)メカニカルシール   軸受(ベアリング  羽根車
(4)軸受(ベアリング)  メカニカルシール  羽根車
(5)軸受(ベアリング)  羽根車       メカニカルシール

正答 ➠   
 もっとも簡単なところ、Cは羽根車だ。これで(3)か(4)。Aの軸受は確実に上下2箇所必要だから、これで(4)に行き着く。
 

問題 72浄化槽の配管設備に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)浄化槽には、汚水管、汚泥移送管、空気配管等がある。
(2)配管には、鋼管、塩化ビニル管、ポリエチレン管等がある。
(3)管形としては、円形管に限定されている。
(4)塩化ビニル管は、軽量で加工しやすい。
(5)浄化槽では、塩化ビニル管が最も多く用いられている。

正答 ➠   
 汚水管には卵形管があることをお忘れなく。
 

問題 732室構造の接触ばっ気槽に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)第1室の処理機能が悪化した場合は、流路を切り替えて第2室から第1室の順番で処理することにより、処理機能が改善できる。
(2)BOD負荷が低い場合、槽のDOが過度に高くなるのを抑制するため、空気供給量を減少させることがある。この場合、槽内の撹拌が不十分で汚泥が過剰に堆積することがある。
(3)BOD負荷が低い場合、第1室においてBOD除去が進むと、第2室でのBOD負荷が低くなり、硝化反応が進行する。
(4)BOD負荷が高い場合、空気供給量を増加させて対応するが、生物膜の肥厚化が速くなり、逆洗頻度を増加させる必要がある。
(5)多量の油脂が混入したことによって処理機能に障害を生じた場合、槽内は白濁し、水面にはスカム状に油脂が蓄積していることがある。

正答 ➠   
 調子が悪いからといって、接触ばっ気槽の第2室から第1室への流路切り替えはありえない。後置槽への流れはどうなっちゃうんだろうか?
 

問題 74長時間ばっ気方式のばっ気槽において槽内の活性汚泥を採取し、SV30 を測定したところ、いったん沈殿した汚泥が20分程度で下の写真のように浮上した。このとき考えられるばっ気槽内の状況として、最も適当なものは次のうちどれか。なお、活性汚泥の色相は褐色であった。
 
(1)硝化反応が進行している。
(2)メタン発酵が進行している。
(3)ミミズが大量に発生している。
(4)ミジンコが大量に発生している。
(5)サカマキ貝が大量に発生している。

正答 ➠   
 活性汚泥法ではよくある現象だ。硝化反応が進んでいる場合に起こる現象。硝化・脱窒によるガス発生だ。
 

問題 75下図は、ある浄化槽の通日調査の結果を示したものである。その結果に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)時間最大汚水量は、約400L/時である。
(2)実使用人員を5人とすると、ほぼ計画どおりに汚水が流入している。
(3)汚水流入のピーク時に、沈殿槽からSSの流出が生じている。
(4)午後の時間帯は、流入汚水量の変動にかかわらず、安定した処理水質が得られている。
(5)接触ばっ気槽内水の浮遊汚泥量は少ないと考えられる。

正答 ➠   
 接触ばっ気槽内の透視度が5cm程度で、朝のピーク負荷時に沈殿槽からの汚泥流出があれば、接触ばっ気槽内水の浮遊汚泥量は満杯だ。
 

問題 76分離ばっ気方式のみなし浄化槽(処理対象人員5人)のばっ気室において、MLSS濃度が上昇しない傾向が認められた。その原因として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)浄化槽の使用人員が、計画処理対象人員に比べてきわめて少ない。
(2)トイレの洗浄水量が多い。
(3)沈殿分離室に活性汚泥が自然移送されていない。
(4)ばっ気量が過大である。
(5)放流水中に汚泥が混入している。

正答 ➠   
 これは逆で、ばっ気室内の活性汚泥が、沈殿分離室に移送されてしまったことによるもの。
 

問題 77硫化水素に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)硫黄を含んだタンパク質の嫌気性分解によって生じる。
(2)空気より軽い気体である。
(3)特有の腐敗臭(腐卵臭)を有する無色の気体である。
(4)労働安全衛生法上の許容濃度は10ppmである。
(5)化学式は H2S である。

正答 ➠   
 こういうのは覚えるしか無いのだけれど、硫化水素(分子量34)は空気(28.8)より重い気体だ。
 

問題 78殺虫剤に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)マイクロカプセル剤は、速効性を損なうことなく、残効性を高めることができる。
(2)浮遊粉剤は、ボウフラの再発生を抑制する。
(3)ジクロルボス樹脂蒸散剤は、浄化槽の槽内水中の微生物に悪影響を及ぼす。
(4)アカイエカ、チカイエカ、チャバネゴキブリは、一般的な殺虫剤に対して抵抗性がある。
(5)殺虫剤の濃度を上げる場合には、人畜毒性や経済性の考慮が必要である。

正答 ➠   
 ジクロルボス樹脂蒸散剤はゴキブリ・ハエ・ 蚊 の駆除を目的にした『殺虫プレート』で、もちろん浄化槽の微生物には悪影響はない。
 

問題 79感染経路に関する下表中の[ ア ]〜[ オ ]に入る語句の組み合わせとして、最も適当なものは次のうちどれか。
 
    ア      イ     ウ       エ       オ
(1)媒介物感染 接触感染   汚染ガス   インフルエンザ  日本脳炎
(2)媒介物感染 接触感染   飛沫核    コレラ      風しん
(3)接触感染  媒介物感染  飛沫核    インフルエンザ  日本脳炎
(4)接触感染  媒介物感染  汚染ガス   マラリア     風しん
(5)接触感染  媒介物感染  チリやホコリ コレラ      風しん

正答 ➠   
 感染経路が空気感染だから、ウは飛沫核で、(2)か(3)に絞られる。オは衛生害虫の伝搬だからこれは日本脳炎のコガタアカイエカなど。となって(3)に行き着く。
 

問題 80浄化槽の臭気に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)有機酸は臭気の原因物質の一種である。
(2)浄化槽から臭気が逆流しないよう、宅内配管との接合部にトラップ付きインバート升を設ける。
(3)沈殿分離槽や嫌気ろ床槽では、高水温期に臭気物質の発生が多くなる傾向がある。
(4)生物反応槽では、処理機能の悪化により硫化水素が発生することがある。
(5)沈殿槽では、蓄積した汚泥やスカムが臭気物質を吸着するため、異臭は発生しない。

正答 ➠   
 確かに沈殿槽では異臭を感じないような気がするけど、蓄積した汚泥やスカムが臭気物質を吸着するということはない。