問題41〜50

問題 41浄化槽の図面に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)図面は第一角法あるいは第三角法で作製される。
(2)尺度には、縮尺、現尺、倍尺があり、同一図面で異なる尺度を用いてもよい。
(3)同じ形の形体が繰り返される場合には、途中の形体を省略することができる。
(4)寸法をセンチメートル単位で表示する場合には、単位記号を付けない。
(5)角度の表示に用いられる正接とは、水平長さに対する垂直長さの比をいう。

正答 ➠   
 ミリメートルなら単位は不要です。なお、(1)ですが、現場では第一角法の図面はまずありません。三角法です。
 

問題 42断面図では、切断部分の材料を示すために切断した部分にハッチングを施すのが一般的であるが、縮尺1/20または1/50程度の場合に用いられる材料構造とその表示記号を示す組み合わせとして、誤っているものは次のうちどれか。
 

正答 ➠   
 (4)の表示記号では木材に行き当たらないね。この図ならコンクリートか鉄筋コンクリートだ。
 

問題 43図面に付記される寸法補助記号とその意味の組み合わせとして、正しいものは次のうちどれか。
 

正答 ➠   
 Cはカット(cut)のC。面取りのこと。普通は45°だ。
 

問題 44図とそれを表す図面記号の組み合わせとして、最も不適当なものは次のうちどれか。
 

正答 ➠   
 (5)はジャバラホース、右の記号は単に下向きと横向きの90°エルボの組み合わせ。
 

問題 45下図の単線結線図(一部)に用いられている(ア)〜(オ)の図示記号のうち、配線用遮断器として正しいものはどれか。
 
(1)(ア)
(2)(イ)
(3)(ウ)
(4)(エ)
(5)(オ)

正答 ➠   
 図の(イ)が配線用遮断器(Molded Case Circuit Breaker)。「MC」はモールドされたケースで、「CB」は遮断器という意味。
 

問題 46放流ポンプ槽を設ける理由として、最も適当なものは次のうちどれか。
 
(1)消毒槽流出水を水位が高い放流先に排出する。
(2)処理水の消毒を確実に行う。
(3)流入汚水の流量変動を緩和する。
(4)処理水を長時間滞留させる。
(5)処理水質を安定化させる。

正答 ➠   
 これは落とさない。放流ポンプは水位が低い槽から高い位置の放流先に排出させるもの。
 

問題 47工場生産浄化槽の設置工事において、埋め戻し前に水張りを行う目的として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)槽本体を重くし、槽の安定性、水平の状況を確認する。
(2)埋め戻し時に槽の位置がずれないようにする。
(3)埋め戻し時の土圧による槽本体の変形を軽減する。
(4)槽本体の漏水の有無を確認する。
(5)埋め戻し土の量を軽減する。

正答 ➠   
 これは単純な問題なので絶対に落とさない。(1)〜(4)は正しい水張りの目的なので、ここで復習しておくことが大事。
 

問題 48くい打ち工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)PC(プレストレスト・コンクリート)ぐいは、RC(鉄筋コンクリート)ぐいよりも曲げモーメントへの抵抗力が小さい。
(2)くい打ち機械は比較的大型のものが多いため、作業スペースを広くとる必要がある。
(3)くい打ち工事は著しい騒音や振動が生じる作業であるため、政令によって特定建築作業に指定されている。
(4)住宅地域や病院・学校等の指定地域内で作業する場合は、騒音や振動について規制を受ける。
(5)くい先が所定の深さに達して、必要とする支持力が確保される。

正答 ➠   
 プレストレスト・コンクリートは、あらかじめ(プレ) 応力(ストレス) を加えたコンクリート材なので、曲げモーメントへの抵抗力が大きい。
 

問題 49下図のように崖下に浄化槽を設置する場合の土圧のかかり方として、最も適当なものは次のうちどれか。
 

正答 ➠   
 (4)は左側に通常の土圧が三角形にかかり、右側はそれに崖の分が加わる。
 

問題 50浄化槽の設置工事における基礎工事の工程として、①目潰し砂利地業、②割栗石地業、③捨てコンクリートの打設がある。①〜③の工事の順序として、最も適当なものは次のうちどれか。
 
(1)①→②→③
(2)②→①→③
(3)②→③→①
(4)③→①→②
(5)③→②→①

正答 ➠   
 割栗 ⇒ 目潰し砂利 ⇒ 捨てコン この順序はしっかり覚える。