問題21〜30

問題 21下表は住宅で発生する代表的な汚水の量とBOD濃度を示している。浄化槽の流入BOD負荷量(g/(人・日))はみなし浄化槽(単独処理浄化槽)の何倍となるか。最も近い値は次のうちどれか。
 
(1)0.5
(2)1
(3)2
(4)3
(5)4

正答 ➠   
 単位が同じなら比較できるから、まず、みなし浄化槽の流入BOD負荷量は 50✕260=13,000。浄化槽では50✕260+30✕600+120✕75=40,000。なので、40,000÷13,000=3.07倍。とにかくじっくりと順序良く計算するだけ。
 

問題 22好気性生物反応槽におけるばっ気に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)飽和溶存酸素濃度は、気圧が高いほど大きくなる。
(2)飽和溶存酸素濃度は、水温が高いほど大きくなる。
(3)ばっ気は、酸素供給と撹拌を目的に行われる。
(4)ばっ気強度は、単位容量当たりの空気供給量として表される。
(5)ばっ気強度は、みなし浄化槽より浄化槽の方が小さい傾向にある。

正答 ➠   
 飽和溶存酸素濃度(DO)は、水温が高いほど大気に抜けてしまい、小さくなる。20℃で8.84mg/Lなのが、35℃で7.04 に低下する。(重要だ)
 

問題 23下図は、浄化槽の基本的な構成と機能を模式的に表したものである。この図に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)(ア)の操作は、(イ)の操作を容易にすることを目的とする。
(2)(イ)の操作には、(ウ)の操作を容易にする役割もある。
(3)(ア)の操作を一次処理、(イ)の操作を二次処理、(ウ)の操作を三次処理という。
(4)(イ)の操作では、溶解性汚濁物質の微生物フロックへの変換も行われる。
(5)(エ)の操作では、消毒剤と処理水との十分な接触時間が確保される必要がある。

正答 ➠   
 (ア)の操作は一次処理だけど、(イ)と(ウ)がペアとなって二次処理という。ばっ気槽と沈殿槽はペアで一つの処理だということ。
 

問題 24分離技術に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)夾雑物の除去にスクリーンが用いられる。
(2)汚泥の分離に沈殿法が用いられる。
(3)油分の除去に浮上分離が用いられる。
(4)懸濁粒子の除去に砂ろ過が用いられる。
(5)色度の除去に精密ろ過膜が用いられる。

正答 ➠   
 精密ろ過膜(MF膜)の孔径は限外ろ過膜より大きく、色度除去はできない。
 

問題 25独立栄養細菌に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)独立栄養細菌は、従属栄養細菌に比べると増殖速度が速い。
(2)硝化細菌は、化学独立栄養細菌である。
(3)硫黄細菌は、硫黄や無機硫黄化合物を酸化または還元することでエネルギーを獲得している。
(4)鉄酸化細菌は、Fe2+ をFe3+ に酸化する。
(5)藍藻(シアノバクテリア)は、光合成を行うことでエネルギーを獲得している。

正答 ➠   
 これは逆で、独立栄養細菌は、従属栄養細菌に比べると増殖速度が遅い。硝化細菌は化学独立栄養細菌で硝化反応はなかなか進まない、ということから覚える。
 

問題 26下図に示す条件で処理している生物反応槽がある。処理水のBOD濃度(mg/L)として、正しい値は次のうちどれか。ただし、HRTは生物反応槽の水理学的滞留時間である。
 
(1)  5.0
(2)  7.5
(3)10
(4)13
(5)15

正答 ➠   
 流入BODは95%除去されるから、処理水には 30kg/日✕0.05=1.5kg/日 含まれる。次に流量だが、容量50m3で6時間滞留だから流量は 50÷6✕24=200m3/日。よって濃度は 1.5÷200=0.0075 kg/m3 ⇒ 7.5mg/L 。順序よくじっくり計算しよう!
 

問題 27学校施設関係の浄化槽における処理対象人員の算定に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)高等学校には、類似用途として高等専門学校、予備校を含む。
(2)学習塾は、小学校に準じる。
(3)幼稚園は延べ面積から算定する。
(4)大学に学生食堂が併設されている場合は、その部分を一般飲食店として処理対象人員に加えて算定する。
(5)小学校の処理対象人員には、あらかじめ教職員、その他の従業員も含まれている。

正答 ➠   
 類似用途別番号8の学校施設関係のイに保育園があり、n = 0.20P。定員Pから算出する。
 

問題 28浄化槽の単位装置に用いられる設計諸元とその単位の組み合わせとして、最も不適当なものは次のうちどれか。br> 

正答 ➠   
 水面積負荷は一種の速度で、単位は m3/㎡・日 。これって整理すると m/日 だから距離/時間で速度となる。
 

問題 29荒目スクリーンに関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)汚水の通過速度は、日平均汚水量に対し 0.5〜1.0m/秒 程度とする。
(2)荒目スクリーンには、し渣の水切りや搬出を容易とするため、し渣カゴなどを設ける。
(3)処理対象人員が500人以下の場合には、荒目スクリーンと沈砂槽の代わりにばっ気型スクリーンを用いてもよい。
(4)案内板は、スクリーン設置部の水路段差及び水路とスクリーンの取付部に汚物等の堆積が生じにくくするために設けられる。
(5)汚水や汚物等の滞留を生じないよう、スクリーンへの流入水路の勾配及び形状に注意し、必要に応じてオーバーフローの開口部を設ける。

正答 ➠   
 荒目スクリーンの汚水通過速度は、日平均汚水量に対し V=0.3m/s 以下が多いようだ。まあ現場ではあまり気にする場面はない。
 

問題 30浄化槽における汚水の特殊な流入及び設置条件に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)事前調査結果から、生物反応槽を複数の室に分割し、汚水の排出特性に合わせて、一部の室のみを運転させる方法を選択することができる。
(2)事前調査結果から、生物反応槽及び沈殿槽を複数の系列に分割し、汚水の排出特性に合わせて、一部の系列のみを運転させる方法を選択することができる。
(3)気温が低下する地域では、槽内の水面の深さが設置場所の凍結深度以下になるように設置する。
(4)気温が低下する地域では、コンクリートで埋め戻しを行うことが多い。
(5)流入汚水量を的確に把握するためには、上水使用量が明らかになる機器や自家井戸の場合には上水管途中に積算流量計等を設けることが望ましい。

正答 ➠   
 コンクリートで浄化槽を保温する? 聞いたことがないなぁ。