問題91〜100

問題 91清掃の技術上の基準に示されたみなし浄化槽(単独処理浄化槽)の清掃の方法と単位装置または設備を下表に示す。清掃の方法として、誤っている単位装置または設備をすべてあげているものは次のうちどれか。
 ただし、使用の休止にあたって清掃をする場合を除く。
 
(1)(a)
(2)(c)
(3)(b)、(f)
(4)(d)、(h)
(5)(e)、(g)

正答 ➠   
 ここのポイントは“引き抜きが全量か適正量か”だ。清掃の技術上の基準から、四に重力返送式沈殿室(スロット型沈殿室)、消毒室、接触ばっ気室は適正量とある。一で腐敗室は全量。七に散水ろ床型、平面酸化型にあつては、機能を阻害しないように洗浄。九にインバート升、散気装置…にあつては、付着物、沈殿物等を引き出し、洗浄、掃除。とある。
 こういうのは覚えるのが面倒になるけど頑張る。
 

問題 92分離ばっ気方式のみなし浄化槽(処理対象人員5人、ばっ気室容量0.45m3 )を清掃する際、ばっ気室の SV30 は70%であった。このばっ気室混合液をばっ気状態のまま引き出し、水張りを行った後の混合液のSV30 をおおむね10%としたい。このときのばっ気室からの汚泥引き出し量(m3)として、最も近い値は次のうちどれか。
 
(1)0.1
(2)0.2
(3)0.3
(4)0.4
(5)0.5

正答 ➠   
 難しく考えない。単純に全体を混合して計算してみよう。SV30 が70%の混合液を10%の混合液にするには、混合液を90%排出して10%残せばいい。ばっ気室容量は0.45m3 だから、その90%で 0.45✕0.9=0.405m3
 

問題 93性能評価型浄化槽の爽雑物除去槽における清掃方法に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)スカムなど浮上物を全量引き出す。
(2)流入管、流出管及び壁面等に付着した汚泥等を取り除きながら、槽内水を全量引き出す。
(3)槽内の変形及び破損の有無を確認する。
(4)二次処理装置の逆洗水を用いて槽内を洗浄しながら水張りを行う。
(5)水位が変動する型式については、低水位まで水張りを行う。

正答 ➠   
 もっとも汚い逆洗水で槽内を洗う、なんてことはないね。
 

問題 94浄化槽の使用の休止にあたって清掃をしたときに行った作業内容として、誤っているものは次のうちどれか。
 
(1)嫌気ろ床槽第1室の汚泥、スカム、中間水等を全量引き出した。
(2)沈殿分離槽の汚泥、スカム、中間水等を全量引き出した。
(3)担体流動槽の汚泥、スカム、中間水等を全量引き出した。
(4)嫌気ろ床槽の張り水に水道水を使用した。
(5)接触ばっ気槽の洗浄に使用した水を沈殿分離槽の張り水として使用した。

正答 ➠   
 接触ばっ気槽の洗浄に使用した水はSSが多く、これを洗浄水に使う気持ちは普通は起きない。
 

問題 95共同住宅に設置されている小型浄化槽において、清掃時期の判断を行う者として、最も適当なものは次のうちどれか。
 
(1)浄化槽清掃業者
(2)浄化槽の使用者
(3)浄化槽検査員
(4)浄化槽行政担当者
(5)浄化槽の保守点検業者

正答 ➠   
 住民、大家さんに言っても多分分かっていないでしょう。ここはこの浄化槽を一番多く見ている保守点検業者が適している。
 

問題 96清掃の記録票に記載する項目として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)処理方式、処理対象人員及び実使用人員
(2)清掃後の放流水のDO
(3)前回の清掃実施日
(4)保守点検業者への連絡事項
(5)清掃汚泥の処分先

正答 ➠   
 清掃直後に放流されるのは張り水が多い。なので放流水のDOを測定する意味がない。
 

問題 97汚泥貯留槽の清掃に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)汚泥の引き出しにあたっては、受け入れ先との事前の調整が必要である。
(2)汚泥の引き出し後、水張りを行う。
(3)汚泥の引き出しが容易に行えるよう、事前に撹拌装置を運転する。
(4)汚泥の引き出しポンプを利用できることがある。
(5)付帯設備の稼働状況等を考慮し、清掃に適切な時間帯を検討する。

正答 ➠   
 汚泥貯留槽はその前の汚泥濃縮槽でじっくり濃度を高めている。なので、これを再び水張りリスタートはない。空っぽからリスタートする。
 

問題 98汚泥貯留槽に SS濃度 20,000mg/L の汚泥が 4m3 貯留されており、バキューム車で全量引き出した。その後、槽内を水道水 1m3 で洗浄し、洗浄排水を全量引き出したところ、バキューム車のタンク内のSS濃度は 18,000mg/L になった。引き出した洗浄排水のSS濃度(mg/L)として、正しい値は次のうちどれか。
 
(1)  1,000
(2)  2,000
(3)  5,000
(4)10,000
(5)20,000

正答 ➠   
 引き出した洗浄排水のSS濃度をXとすると、汚泥4m3(20,000 mg/L)と洗浄水1m3(X mg/L) の合計汚泥量とバキュームタンク内汚泥5m3(18,000 mg/L)は等しいから、Xの方程式を解いて、10,000 mg/L となる。
 

問題 99清掃時の洗浄水を一次処理装置等の張り水に使用できる単位装置として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 ただし、使用の休止にあたって清掃をする場合を除く。
 
(1)消毒室
(2)多室型腐敗室
(3)接触ばっ気室
(4)ばっ気室
(5)変形二階タンク型一次処理装置

正答 ➠   
 浄化槽の清掃の技術上の基準の十に、消毒タンク、消毒室又は消毒槽以外の部分の洗浄に使用した水は張り水にOK。消毒の字が入っていれば、それは塩素が入っている可能性が非常に大きいということ。
 

問題 100し尿処理施設に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)浄化槽汚泥は、その大部分がし尿処理施設に搬入されている。
(2)し尿処理施設に搬入される浄化槽汚泥の量は、くみ取りし尿量に比べて少ない。
(3)し尿処理施設に搬入されるくみ取りし尿は、簡易水洗便所が普及している地域においては、量の増加や希薄化の傾向が認められる。
(4)海洋投入処分の禁止により、地域によってはし尿処理施設での受け入れ量に増加する傾向が認められた。
(5)し尿処理施設について、老朽化や処理能力不足等の課題が指摘されている。

正答 ➠   
 いつ頃に?は覚えていなくてもいいが、すでに、浄化槽汚泥がくみ取りし尿量を追い越していることだけは覚える。