問題71〜80

 
問題 71陸上ポンプが自吸しない場合、その原因と対処方法の組み合わせとして、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
    原 因          対処方法
(1)フート弁の閉塞     ─ 分解清掃
(2)呼び水の不足      ─ 呼び水の供給
(3)ストレーナの閉塞    ─ 分解清掃
(4)軸芯のずれ       ─ 軸の研磨
(5)ライナリングの摩耗   ─ 交換

正答 ➠   
 軸芯がずれたら、ちょっと研磨!なぁんてできないので、即交換。なお、陸上ポンプが全て自吸式とは限らない。非自吸式もあるので注意が必要。
 ライナリング? ライナーリング! あまり聞かないが、ケーシングに取り付けられているリングで、羽根車に取り付けられているインペラリングとで狭いすき間をつくり、還流量を少なくして効率低下を抑える。
 

問題 72送風機として電磁式ブロワを用いた場合における散気管からの吐出空気量が減少した原因として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)散気管の部分的な目詰まり
(2)軸受けの破損
(3)ダイアフラムの破損
(4)配管途中の継手からの漏洩
(5)フィルタの目詰まり

正答 ➠   
 問題の電磁式ブロワがダイアフラムかピストンか分からないけど、解答でダイアフラムの破損てあるからこれでいこう。2の軸受はそもそも無い。
 

問題 73浄化槽の管理技術に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)接触ばっ気槽のBOD負荷が高い場合、空気供給量を増加させ、逆洗頻度も高める。
(2)ばっ気槽のBOD負荷が高い場合、MLSS濃度を低く維持する。
(3)ばっ気槽のBOD負荷が低い場合、間欠ばっ気を導入する。
(4)流量調整槽の流入汚水量が少ない場合、連続的に汚水の移送ができるように移送水量を調整する。
(5)レストランや総菜店等が併設されている建築物の場合、油脂分離槽を設置する。

正答 ➠   
 即断で2は間違い。BODの負荷が高いなら槽容量を大きくしたいが現場では不可能。なので、MLSS濃度を上げて微生物量を増やす。
 

問題 74生物ろ過槽において水位の上昇が認められ、ろ床部における閉塞が原因と考えられた。そのために実施した次の作業のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)循環水量を増やした。
(2)担体押さえ面を洗浄した。
(3)自動逆洗回数を増やした。
(4)自動逆洗の時間を長くした。
(5)手動で逆洗を行った。

正答 ➠   
 1の循環水量を増やすと、かえってろ床の透過速度が上がってしまう。
 

問題 75ばっ気槽内のDOに影響を及ぼす要因として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)槽内水の水温
(2)槽内水の水深
(3)汚水の流入変動
(4)供給酸素量
(5)槽内水のpH

正答 ➠   
 このpHはDOに影響を与えない。槽内の水深が深くなると圧力が上がるのでDOも上がる。
 

問題 76浄化槽に流入するトイレットペーパー、便座クリーナー、乳児のお尻ふきなどに関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)トイレットベーパーの使用量が多い場合、窒素負荷が増加することがある。
(2)みなし浄化槽(単独処理浄化槽)で便座クリーナーの流入量が多い場合、ばっ気室内液等のpHに影響を及ぼすことがある。
(3)みなし浄化槽(単独処理浄化槽)で乳児のお尻ふきの流入量が多い場合、ばっ気室内液等で発泡現象が認められることがある。
(4)トイレットペーパーなどの流入量が多い場合、接触材や散気装置に絡みつき、室内液の旋回流に影響が認められることがある。
(5)トイレットペーパーなどの流入量が多い場合、ろ材押さえ面や移流口等が閉塞し、異常な水位上昇の原因となることがある。

正答 ➠   
 トイレットペーパーは植物繊維(セルロース)なので窒素成分が無く、窒素負荷の上昇はない。
 

問題 77悪臭物質とにおいに関する組み合わせとして、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
    悪臭物質        におい
(1)ノルマル酪酸   ─ 刺激的なシンナーのようなにおい
(2)硫化水素     ─ 腐った卵のようなにおい
(3)イソ吉草酸    ─ むれた靴下のようなにおい
(4)トリメチルアミン ─ 腐った魚のようなにおい
(5)アンモニア    ─ し尿のようなにおい

正答 ➠   
 私、管理人は化学系だけど、ノルマル酪酸は身近になく、今まで嗅いだことがない。まあ、こういう有機酸が溶剤の代表であるシンナーのような強烈なにおいはまずしない。
 

問題 78浄化槽における衛生害虫に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)衛生害虫は、媒介害虫、有害害虫、不快害虫に分類されている。
(2)ユスリカは、放流先の排水溝、河川に発生する場合が多い。
(3)ホシチョウバエの幼虫は、スカムなど体を付着させるものがないと生育できない。
(4)オオチョウバエの成虫は、褐色を帯びた黒灰色で、体長4〜5 mmである。
(5)浄化槽で見られる蚊のうち、地下に設置された浄化槽に見られるものは、ほとんどヤブカである。

正答 ➠   
 地下に設置された浄化槽には普通ヤブ蚊は入り込まない。
 

問題 79手足がぬれているため人体の電気抵抗が 2,000Ω に下がっていた場合、感電して人体に重篤な影響を及ぼす電流である 50 mA に達する電圧(V)として、正しい値は次のうちどれか。
 
(1)  40
(2)  70
(3)100
(4)200
(5)300

正答 ➠   
 オームの法則からV=I×R これに代入すると、電圧Vは100V。50mAの電流が流れた場合、蘇生率は20%以下しかない。
 

問題 80ア〜オに示す水系感染症のうち、病原体が原虫である組み合わせとして、最も適当なものは次のうちどれか。
 
  ア.レジオネラ症
  イ.腸チフス
  ウ.ジアルジア症
  エ.アメーバ赤痢
  オ.感染性胃腸炎
 
(1)ア、ウ
(2)ア、オ
(3)イ、エ
(4)イ、オ
(5)ウ、エ

正答 ➠   
 ウのジアルジア症の病原体はランブル鞭毛虫。エのアメーバ赤痢はアメーバ この2つが名前にそのまま原虫が出ている。他にクリプトスポリジウム感染症、トキソプラズマ症等々