問題61〜70

問題 61ろ過装置の保守点検に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)通水量を確認し、適正な洗浄頻度等を設定する。
(2)空気作動弁がある場合には、コンプレッサーの点検を行う。
(3)定期的にろ材の充填状況を点検し、ろ材の交換または補充を検討する。
(4)洗浄後、所定のろ過圧力まで回復しない場合には、通水量を減少させる。
(5)ろ過処理水槽底部の砂等の堆積状況から、ろ材の流出の有無を判断する。

正答 ➠   
 ろ過機は扱った方が極少ないでしょう。洗浄しても正常なろ過圧力まで回復しない(下がらない)場合は、通水量(ろ過速度)の問題ではなく、ろ材そのものを疑う。
 

問題 62沈殿分離槽の保守点検に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)固液分離機能を点検するため、流出水の透視度を測定する。
(2)固液分離機能の点検は、時間最大流入時を避けて行うことが望ましい。
(3)多量の汚水が流入し、槽内流速が速くなる場合には、スカムは流出管付近に片寄ることがある。
(4)汚泥堆積厚の測定方法には、汚泥界面計やMLSS計を用いる方法と、透明パイプを用いる方法がある。
(5)清掃時期の判断は、スカム・堆積汚泥の厚さ、二次処理装置への汚泥の流出状況等から行う。

正答 ➠   
 沈殿分離槽の点検は汚水流入が無いとき・・なぁんて思っている方はいないと思います。固液分離機能を見たいなら、現象が把握できる“時間最大流入時”に点検するのがいい。
 

問題 63単位装置と活性汚泥沈殿率・混合液浮遊物質濃度で維持すべき数値の組み合わせとして、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
    単位装置          活性汚泥沈殿率・混合液浮遊物質濃度
(1)ばっ気室SV30がおおむね 10%以上 60%以下
(2)長時間ばっ気方式のばっ気槽MLSSがおおむね 3,000〜6,000 mg/L
(3)標準活性汚泥方式のばっ気槽MLSSがおおむね 1,000〜3,000 mg/L
(4)硝化槽MLSSがおおむね 3,000〜6,000 mg/L
(5)脱窒槽MLSSがおおむね 1,000〜3,000 mg/L

正答 ➠   
 硝化槽と脱窒槽は循環比3〜5で循環するので、2つの槽のMLSSは似たような数値になる。5の1,000〜3,000 mg/Lはちょっと薄いかな。
 

問題 64小型浄化槽における種汚泥の添加に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか
 
(1)種汚泥は生物処理機能の立ち上がり期間を短縮するために添加する。
(2)種汚泥の添加は、使用開始時期にかかわらず、竣工検査終了後すみやかに行う。
(3)BOD除去型より窒素除去型の方が種汚泥の添加の必要性が高い。
(4)膜分離活性汚泥法では、運転開始前の種汚泥の添加は必須条件である。
(5)市販のシーディング剤も利用可能である。

正答 ➠   
 竣工検査終了後、いつ汚水が入ってくるか? 種汚泥投入があまり早いと汚泥が無くなってしまう。やはり入居を考慮して種汚泥を投入する。
 

問題 65脱窒ろ床接触ばっ気方式の5人槽の浄化槽において、循環比を3として運転する場合、実使用人員が4人であるときの循環水量(L/分)として、正しい値は次のうちどれか。
 ただし、1人1日当たりの汚水量は 240 L とする。
 
(1)1.8
(2)1.9
(3)2.0
(4)2.1
(5)2.2

正答 ➠   
 単純な計算で、流入水を3倍するだけでいい。循環量は240L/日・人×4人×3=2880L/日 → 分だから(60×24)=1440 で割る。2880÷1440=2.0。このレベルの計算問題は絶対に捨ててはいけない。
 

問題 66沈殿槽において、処理水質に影響を及ぼす要因として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)沈殿槽流出水中のSSの有無
(2)沈殿槽のスカムの生成状況
(3)沈殿槽底部汚泥の堆積状況
(4)越流せきの水平の状況
(5)浄化槽流入汚水の水質

正答 ➠   
 沈殿槽では、もう有機物の処理云々は無関係で、あとはSSの状況を管理するだけ。なので、流入汚水の水質なんて無関係。
 

問題 672室構造の接触ばっ気槽の運転管理に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)各室の空気供給量の調整は、循環水流の流速を指標とする。
(2)頻繁に空気供給量を変化させると、生物膜がはく離することがある。
(3)黒色がかった生物膜が多量に採取される部位が多いほど、閉塞部分が多いと判断される。
(4)第1室のはく離汚泥は、第2室で捕捉されるため、第1室の逆洗において、はく離汚泥の移送は省略できる。
(5)一般に、第1室の方が逆洗頻度が高い。

正答 ➠   
 第1室のはく離汚泥は、第2室で多少は捕捉されるものの、基本は第1室のばっ気を止めて、沈殿させてから前処理に移送する。
 

問題 68浄化槽の流入管きょ及び放流管きょに見られる異常な現象とその原因の組み合わせとして、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
   異常な現象              原 因
(1)土砂の流入          ─ 管の接合部のずれや破損
(2)管の閉塞           ─ 汚物や油脂の付着
(3)水の停滞           ─ 配管勾配の不足
(4)管きよの陥没         ─ インバート升の閉塞
(5)雨天時の流入汚水の著しい増加 ─ 流入管きよの誤接合

正答 ➠   
 インバート升が閉塞したからといって、突然管きよが陥没するなんてことはない。升からの漏水等で管渠の周囲の土砂が洗掘され、結果的に管渠が陥没することになったもの。
 

問題 69FRP製浄化槽の事故及び修理に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)地下水位が高い地域に浄化槽が設置されている場合、清掃時に槽が沈下することがある。
(2)補強リブは、槽の変形による破壊を防止する。
(3)繰り返して同じ箇所に荷重を受けると、応力白化を起こすことがある。
(4)槽の肩に重量物を載せると、槽壁がはらみ出して座屈を起こすことがある。
(5)修理用原材料には、ポリエステル樹脂とガラス繊維が用いられる。

正答 ➠   
 地下水位が高い場所で浄化槽を清掃したら、槽が空っぽで浮力がかかり、浄化槽が浮上することがある。この浮力は大きい。
 

問題 70モータにより稼働する換気装置の振動や異音の原因として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)ヒューズの容量不足
(2)ダクトの固定不良
(3)回転体(羽根)の接触
(4)異物の噛み込み
(5)取り付けボルト、ナットの緩み、欠損

正答 ➠   
 振動や異音についてだから、ヒューズが小さいからといってそんな現象は現れない。