問題51〜60

問題 51浄化槽の通常の使用状態に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)処理対象人員に見合った人数で使用されていること。
(2)みなし浄化槽(単独処理浄化槽)では、流入汚水量が40〜60 L/(人・日)で使用されていること。
(3)浄化槽では、計画流入汚水量に見合った流入汚水量で使用されていること。
(4)浄化槽内の水温が、適正な範囲に保たれた状態で使用されていること。
(5)浄化槽では、処理水の透視度が 5 cm 以上で使用されていること。

正答 ➠   
 ここからは午後の部です。まずは「通常の使用状態」について。
 透視度5cmとはなんと性能が低いことか! “通常の使用状態”で具体的に数値が出てくるのは、「浄化槽内温度が10〜25℃に保たれた状態・・・」だ。
 

問題 52単位装置と主な点検内容の組み合わせとして、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
   単位装置        主な点検内容
(1)地下砂ろ過床 ─ 微小後生動物の発生状況
(2)多室型腐敗室 ─ 流出水の透視度
(3)接触ばっ気室 ─ 室内表層水の流れ方
(4)ばっ気室一室 ─ 内水の溶存酸素濃度
(5)沈殿分離室  ─ 室内のスカム、堆積汚泥の蓄積状況

正答 ➠   
 正直、このサイト管理人も1は見たことがない。でも、地下の砂ろ過だから、微小後生動物(ワムシ、ミミズ等)のチェックはし難いだろうと推察できる。
 

問題 53流量調整槽からの移送水量の調整に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)移送水量の調整は、流量調整槽へ返送する水量を調整することで行う。
(2)流入汚水量は日々変動するため、点検の都度、せき高を調整する。
(3)移送水量の設定が適切であっても、流入汚水量が多い時間帯には、流量調整槽の水位は高くなる。
(4)流量調整槽に汚水の流入がない時間帯では、流量調整槽の水位の変化から移送水量が把握できる。
(5)三角せきにおいて、せき高が同じ場合、せきの角度が大きいほど移送水量は多くなる。

正答 ➠   
 日々変動するから点検の都度調整する・・・。とならば、毎日現場に行かねばならないし、場合によっては常駐になってしまう。
 

問題 54活性汚泥法の沈殿槽での汚泥浮上やスカムの発生状況と、その原因の組み合わせとして、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
       発生状況                原  因
(1)黒色がかった比較的多量の汚泥塊の浮上─ 沈殿槽底部の汚泥の嫌気化
(2)灰褐色の汚泥塊の浮上─ 沈殿槽底部での硝化の進行
(3)細分化した汚泥の全面浮上─ 活性汚泥の解体
(4)雲状のふわっとした多量の汚泥の浮上─ 活性汚泥の膨化
(5)全面にばっ気槽の汚泥と同色のスカムの発生─ 放線菌の多量発生

正答 ➠   
 汚泥塊が浮く、ということは塊だから、どこかに死水域があること。なら、硝化は進まない。硝化にはとにかく空気(酸素)が必要。【重要】
 

問題 55性能評価型小型浄化槽の槽内の状況を撮影した次の写真のうち、循環装置を構成する計量装置の異常を撮影したものとして、最も適当なものはどれか。
 

正答 ➠   
 写真が不鮮明で、ちょっと分かりにくいね。2〜5にはどこにも計量装置らしきものが写っていないので、これになるのかなぁ。
 

問題 56 汚泥濃縮貯留槽の点検内容として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)スカム及び堆積汚泥の厚さを測定する。
(2)脱離液の浮遊物質混入の程度を点検する。
(3)汚泥返送装置の稼働状況を点検する。
(4)清掃時期の判断を行う。
(5)撹拌用散気装置の稼働の必要性を検討する。

正答 ➠   
 通常、汚泥濃縮貯留槽には3の汚泥返送装置はない。汚泥返送なら沈殿槽から返送する。
 

問題 57浄化槽の保守点検の技術上の基準に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)流量調整タンクまたは流量調整槽及び中間流量調整槽にあっては、ポンプ作動水位及び計量装置の調整を行い、汚水を安定して移送できるようにすること。
(2)ばっ気装置及び撹拌装置にあっては、散気装置が目詰まりしないようにかくはんし、または機械撹拌装置に異物等が付着しないようにすること。
(3)駆動装置及びポンプ設備にあっては、常時または一定の時間ごとに、作動するようにすること。
(4)嫌気ろ床槽及び脱窒ろ床槽にあっては、槽の全体にわたって溶存酸素が常に検出されないようにすること。
(5)悪臭並びに騒音及び振動により周囲の生活環境を損なわないようにし、及び蚊、はえなどの発生の防止に必要な措置を講じること。

正答 ➠   
 “保守点検の技術上の基準”では、溶存酸素については記述がなく、「死水域が生じないようにし、及び異常な水位の上昇が生じない・・・」というのがある。実際、脱窒ろ床槽の上部には、硝化槽から持ち込んだDOが検出される。
 

問題 58有効容量 10 ㎥ のばっ気槽において、400 L/分の送風量でばっ気した状態では過ばっ気状態にあったため、空気量を減らし、ばっ気強度を 1.5 ㎥/(㎥・時) で運転することとした。このとき、減少させた空気量(L/分)として、正しい値は次のうちどれか。
 
(1)  50
(2)100
(3)150
(4)200
(5)250

正答 ➠   
 10㎥のばっ気槽で、ばっ気強度を1.5 ㎥/(㎥・時) にしたから、この時の空気量は10×1.5=15㎥/時、答えの単位が(L/分)だから15000/60=250(L/分)。もともとが400L/分だから150L/分減少させたことになる。簡単な計算問題だ。
 

問題 59みなし浄化槽(単独処理浄化槽)の散水ろ床の保守点検に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)BOD負荷の増大を防止するため、一次処理装置の固液分離性を点検する。
(2)ろ床内にし尿腐敗臭を感じた場合は、明らかにろ床の通気不良である。
(3)デッキブラシなどを用いて、散水樋の付着汚泥をろ床に洗い落とす。
(4)ろ床内に過剰な汚泥の蓄積が認められる場合は、清掃時に、ろ床内の汚泥を水で洗い落とし、系外へ引き出す。
(5)通気を確保するための送気口及び排気管の保守を行う。

正答 ➠   
 みなし浄化槽(単独)の散水ろ床、なんて、見たことがある人いないんじゃないかな? 普通に考えて、生物膜が着いている散水樋をデッキブラシで洗ってはいけないな。
 

問題 60接触ばっ気槽で逆洗操作後、はく離汚泥を槽底部に沈殿させ、槽底部から自給式ポンプを用いて槽内水の移送を行った。このときの移送水及び嫌気ろ床槽流出水のSS濃度の経時変化を下図に示す。この図に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)Aの時間帯は、接触ばっ気槽内のはく離汚泥等が効率よく移送されている。
(2)Bの時間帯は、移送水中のSS濃度が低下傾向を示しているが、嫌気ろ床槽流出水のSS濃度に変化がないので移送を継続した方が望ましい。
(3)Cの時間帯は、嫌気ろ床槽流出水のSS濃度が上昇し始めていることから、移送を停止することが望ましい。
(4)移送水と流出水のSS濃度が同じとなるまでの経過時間(A + B + C)は、はく離汚泥量及び汚泥移送量に関係なく、それぞれの浄化槽で定まっている固有の値である。
(5)Dの時間帯では、できるだけ早く移送を停止する。

正答 ➠   
 槽底部から嫌気ろ床槽に移送するから、その濃度は最初高く、だんだん薄くなる。一方、嫌気ろ床槽からの流出水は、時間とともにどんどん上昇してくる。
 図の移送水と流出水のSS濃度が同じになる時間は浄化槽の固有値なんてものはない。というか、SS濃度を測定しながら逆洗・汚泥移送なんてやっていないし、現実にはできない。