問題41〜50

問題 41配管図に用いられる配管の名称とその図示記号の組み合わせとして、最も不適当なものは次のうちどれか。
 

正答 ➠   
 汚水排水管はシンプルに黒線。KDはKitchinDrain RDはRoofDrain 等々。ODとなるとOilもあるし、汚水排水管をODとは書かない。
 

問題 42SHASE-S 001-2005に示されている升の名称と図示記号の組み合わせとして、正しいものは次のうちどれか。
 

正答 ➠   
 とにかく、配管・弁・升は記号が多い。こういうページと過去問を勉強する。
 

 
問題 43図示記号  が示す弁の形状として、最も適当なものは次のうちどれか。
 
middle

正答 ➠   
 問題文の弁記号はスイングチャッキ(逆止弁)で、5がスイングチャッキ弁の構造。流体は左から右に抜けるが、蓋があって、逆流を防止する。
 

 
問題 44製図一製図用語(JIS Z 8114 :1999)に示されている図面の種類とその定義の組み合わせとして、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
図 面       定 義
(1)一般図 ─構造物の平面図・立面図・断面図等によって、その形式・一般構造を表す図面
(2)工程図 ─浄化槽の処理工程を表すフロー図
(3)装置図 ─各装置の配置、製造工程の関係等を示す図面
(4)配管図 ─構造物、装置における管の接続・配置の実態を示す系統図
(5)組立図 ─部品の相対的な位置関係、組立てられた部品の形状等を示す図面

正答 ➠   
 2は建築工事なら、工事の順序や日数を順に書き表したもの。一般的には工程表の方が馴染みがある。
 

 
問題 45下図に示すNo.1の升から浄化槽本体の流入管までは13.000mmである。GLから浄化槽の流入管底までの深さ(mm)として、最も近い値は次のうちどれか。
 ただし、管の勾配は1/100とし、升の幅は無視するものとする。
 
(1)380
(2)430
(3)480
(4)530
(5)580

正答 ➠   
 管の総延長 13,000 mm の 1/100 勾配だから、これで130mm下がり。これに各マンホールの入と出の落差10mmの5倍を足して180mm。起点が-200mmで、管径がφ100だから、浄化槽の流入管底は200+180+100=480mm
 

 
問題 46水替え工事における注意点に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)掘削した地層が粘土層の場合は、釜場排水工法を適用する。
(2)地層の状態、透水係数、地下水位の状況等を事前に調査する。
(3)天気予報に注意する。
(4)周囲に地盤沈下を生じることがある。
(5)掘削が深くなると、浸透水で釜場の底部の土砂が噴き出すことがある。

正答 ➠   
 過去に何度も出た問題で、掘削した地層が粘土層の場合は、水はけが悪くて、釜場に地下水が貯まらない。なので、釜場排水工法は諦める。【頻出】
 

 
問題 47底版コンクリート工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)掘り過ぎた場合、高さの調整は底版コンクリートで行う。
(2)浄化槽が2槽以上になる場合、底版は一体構造とする。
(3)底版は、上部の荷重を地盤に伝える役割がある。
(4)コンクリートの表面は、平滑かつ水平に仕上げる。
(5)コンクリートの打設後、急激な乾燥や温度変化を受けないように養生する。

正答 ➠   
 これも何度も出た問題。掘り過ぎた場合の高さ調整は“捨てコン”で行う。【頻出】
 

問題 48構造例示型の小型浄化槽に水準目安線を設ける目的として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)嫌気ろ床槽内のろ材閉塞による水位の上昇の確認
(2)浄化槽本体の水平の確認
(3)漏水の有無の確認
(4)適正なばっ気量の確認
(5)異常な流入汚水量の有無の確認

正答 ➠   
 水準目安線は水平かどうかを見るものだから、ばっ気の偏りには参考になるが、“ばっ気量”には無関係。
 

問題 49浄化槽工事の試運転時におけるチェック事項として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)管きょ及び移流管の位置を確認するため、管底と水面との落差が適切であるかチェックする。
(2)升の位置及び種類を確認するため、起点、屈曲点、合流点等に適切な升が設置されているかチェックする。
(3)ばっ気装置の変形、破損、固定及び稼働状況を確認するため、空気の出方や水流に片寄りがないかチェックする。
(4)接触ばっ気槽の稼働状況を確認するため、槽内水のMLSS濃度をチェックする。
(5)消毒装置の変形、破損及び固定状況を確認するため、薬剤筒の傾き、消毒装置の変形や破損がないかチェックする。

正答 ➠   
 そもそもが接触ばっ気方式だから、汚泥(微生物)は接触材に付着している。なのでMLSS濃度は測れないし、役にも立たない。
 

問題 50戸建て住宅の浄化槽におけるピット工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)かさ上げの高さが30cm を超える場合は、かさ上げ工事は行わずに、ピット工事を行う。
(2)ピット内部は、維持管理作業が容易に行えるスペースを確保する。
(3)ピットの内部は、モルタルなどで雨水勾配をとって仕上げ、雨水の排水パイプを流入側の升に接続しておく。
(4)チェッカープレートの枠を構成する部材は、取り外し可能な構造とする。
(5)立上げ部分は、コンクリートブロック構造または現場打ちの鉄筋コンクリート構造とする。

正答 ➠   
 ピットの底は浄化槽の底とほぼ同じ。ここに溜まった雨水を流入側の升に接続できる訳がない。