問題31〜40

 
問題 31以下の4枚の写真は、嫌気ろ床と担体流動及び生物ろ過を組み合わせた方式の各単位装置に充填されているろ材や担体を撮影したものである。単位装置とろ材あるいは担体の組み合わせとして、最も適当なものは次のうちどれか。
 
   嫌気ろ床槽    嫌気ろ床槽    担体流動部   生物ろ過部
  第1室のろ材  第2室のろ材    の担体     の担体
(1)写真1   ―  写真3   ―   写真2   ―  写真4
(2)写真1   ―  写真2   ―   写真4   ―  写真3
(3)写真2   ―  写真1   ―   写真3   ―  写真4
(4)写真2   ―  写真3   ―   写真4   ―  写真1
(5)写真3   ―  写真4   ―   写真2   ―  写真1

正答 ➠   
 まずは写真1と2が嫌気ろ床用で、3と4が生物処理用だと判断する。すると答えは2か3だ。写真1と2のろ材の大きさをみると、写真1はφ165と大きいのでこれは第1室用だ。これで答えは2。
 

 
問題 32構造基準(建設省告示第1292号、最終改正平成18年1月国土交通省告示 第154号に定める構造方法)に定める嫌気ろ床槽に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)有効容量は、処理対象人員から求める。
(2)2室に区分する場合、有効容量は第2室より第1室を大きくする。
(3)2室に区分する場合、ろ材充填率は第2室より第1室を大きくする。
(4)ろ床の汚泥捕捉性の強弱によって、ろ材の充填位置を変える必要がある。
(5)一般にろ床洗浄装置(逆洗装置)は設けられていない。

正答 ➠   
 2室に区分する場合のろ材充填率は第2室より第1室を小さくし、流入汚泥をより多く貯められるようにする。
 

 
問題 33
浄化槽における金属の腐食に関する①〜③の説明について、正誤の組み合わせが正しいものは次のうちどれか。 
浄化槽で腐食しやすい部分は、水に接したり、発生するガスに触れたりする部分がすべて該当する。
汚泥貯留部で有機物質の嫌気性分解に伴って発生するメタンガスは腐食性の強いガスである。
消毒装置から発生する塩素ガスは腐食性の強いガスである。
 
   ①  ②  ③
(1)正  正  正
(2)正  誤  誤
(3)正  誤  正
(4)誤  正  正
(5)誤  誤  正

正答 ➠   
 単純に間違い探しの問題と捉えよう。メタンガスはCH4というシンプルなガスで腐食性はない。①③は正だから、答え3
 

 
問題 34接触ばっ気槽において、ばっ気撹拌によって汚水と生物膜を効果的に接触させるため考慮すべき項目として、最も不適当なものは次のうちどれか。
 
(1)接触材受け面から槽底部までの距離
(2)接触材のピッチ
(3)水かぶり
(4)散気装置の位置
(5)接触材の比重

正答 ➠   
 接触材自体の比重は関係ないね。ピッチや比表面積が大事だ。
 

 
問題 35構造基準(建設省告示第1292号、最終改正平成18年1月国土交通省告示 第154号に定める構造方法)に定める告示第1第三号(脱窒ろ床接触ばっ気方式)の処理対象人員31〜50人のフローシートとして、正しいものは次のうちどれか。
 

正答 ➠   
 31人以上なので沈殿槽の有効容量が1.5㎥を超え、汚泥を自動的に引き抜いて脱窒ろ床槽に移送する、とあるから1と2は消える。5の循環位置もおかしい。また、接触ばっ気槽の生物膜を強制はく離するので4になる。
 

 
問題 36以下の3枚の写真は、嫌気ろ床と生物ろ過を組み合わせた方式の浄化槽の各マンホールから槽内を撮影したものである。流入側から放流側に向かって順に並べた場合、最も適当な組み合わせは次のうちどれか。
 
  流入側──────→放流側
(1)写真1  写真2  写真3
(2)写真1  写真3  写真2
(3)写真2  写真1  写真3
(4)写真2  写真3  写真1
(5)写真3  写真2  写真1

正答 ➠   
 写真3は消毒槽部分が写っているので放流側だ。写真2には後の槽からの移送パイプが写っているので、これが流入部。
 

 
問題 37小型浄化槽における薬剤筒に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)薬剤筒の容量は、点検頻度に見合った期間、消毒剤が保持できる大きさとする。
(2)薬剤の保持期間に、薬剤筒上部の消毒剤が順次下部に送られる形状とする。
(3)スリット状の開口部は、消毒剤が流出しない程度まで、できるだけ広くする。
(4)薬剤筒の支持は、薬剤筒を垂直にしっかり固定するとともに、薬剤筒の脱着が容易かつ確実にできる方法及び設置位置とする。
(5)薬剤筒の材質は、耐食性、耐久性の優れたものとする。

正答 ➠   
 薬を入れる筒についてであるから、3にしちゃうと消毒剤が早く溶けて無くなっちゃう。「スリット状の開口部」という説明が分かりにくいかなぁ。
 

 
問題 38浄化槽の設計上の指標とその算出方法に関する組み合わせとして、最も適当なものは次のうちどれか。
 

正答 ➠   
 この5つの指標は覚えなければいけない。4以外はすべて分母分子が逆だ。
 

 
問題 39構造基準(建設省告示第1292号、最終改正平成18年1月国土交通省告示 第154 号に定める構造方法)に定める小型浄化槽の接触ばっ気槽(告示第1第一号、第二号)の有効容量と室区分に関する次の記述において、[ア]〜[オ]に入る数字の組み合わせとして、最も適当なものはどれか。
 
    5≦n≦10     V=1.0+0.2(n-5)
    11≦n≦[ア]    V=[イ]+0.16(n-10)
 ただし、5.2㎥([ウ]人槽)を超える場合[エ]室に区分し、第1室の容量は全容量のおおむね[オ]とする。
    n:処理対象人員(人) V:有効容量(㎥)
 
    ア  イ  ウ  エ  オ
(1)  50  2.0  20  2  3/5
(2)100  3.0  30  3  1/2
(3)  50  2.0  30  2  3/5
(4)  50  3.0  30  3  3/5
(5)100  2.0  20  2  1/2

正答 ➠   
 ここまで覚えるは大変だ。でも覚えたほうが勝だ。アは50人で、イは2.0㎥、ウは30人、エは2室、オは3/5
 

 
問題 40宿泊施設関係の処理対象入員算定基準に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 
(1)観光地やスキー場における宿泊施設は流量が大きく変動するため、調整機能について十分な検討を行う必要がある。
(2)ビジネスホテルは、主として宿泊が中心であるため、一般に厨房排水量が少なく、流入BOD濃度は高い。
(3)民宿等で浴場が共用の場合は、汚水量が低減する傾向があるので、実態に合わせて汚水量を減じることができる。
(4)汚水量のなかには温泉排水を含めない。したがって、浴槽の温泉排水は浄化槽流入管きょとは別に排除しなければならない。
(5)処理対象人員は、あらかじめ従業員数も含めて算定している。

正答 ➠   
 これは単純に、厨房排水が少なければ流入BOD濃度は低くなる。